ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • ホーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • シンボルマークについて
  • RSSについて
技術士CPD

技術士CPD活動実績の管理及び活用制度の開始

2021年4月26日に発出された大臣通知および9月8日の文部科学省省令改正に基づき、新らたに技術士CPD活動実績の管理及び活用制度が始まりました。新制度の概要は次のとおりです。

1.技術士CPD活動実績時間の技術士登録簿への記載

 このたびの文部科学省省令改正により、技術士登録簿に「資質向上の取り組み状況」欄が新たに設けられました。このことにより、技術士登録簿に技術士CPD活動実績の記載を希望する技術士の方は、申請(登録事項変更届出書等の提出)により、過去5年度までの実績時間が記載できるようになりました。

2.技術士CPD活動実績名簿の作成及び公表

 技術士CPD活動実績の記載申請時に、本会ホームページにおいて氏名等の掲載を希望される場合は、一定以上の研さんを重ねている(*1)技術士として氏名等をホームページに掲載します。
*1:前年度における技術士CPD活動実績の登録時間が、20CPD時間以上50CPD時間未満の方は「基準CPD時間達成者」のページに、また50CPD時間以上の方は、「推奨CPD時間達成者」のページに掲載されます。当面、名簿の更新は、登録された翌月の月初になります。

3.「技術士(CPD認定)」の認定

 技術士の社会的な信用度を高め活用を促進するため、長期間連続して一定以上のCPD実績が認められる(*2、3)技術士の方は、申請により認定を行います。認定が認められた方には、「技術士(CPD認定)」の認定証を発行すると共に、希望により認定が認められた方の氏名等を本会ホームページに掲載します。(当面、当月申請の対象者は翌月月初に掲載されます。)また、名刺等への標記を認めます。「技術士(CPD認定)」の有効期間は認定日から5年間です。
詳細は下部関連ページ「技術士(CPD認定)の申請」をご参照ください。
*2:申請前の過去5年度間の実績登録において、[1] 合計250 CPD時間の実績、かつ[2] そのうち5CPD時間以上の技術者倫理の実績、かつ[3] 各年度が少なくとも20 CPD時間の実績があること。
*3:当面の経過措置として、2024年3月末までの申請については、直近の過去2年度間連続して推奨CPD時間(50CPD時間以上)を達成している実績により同様の措置を講じます。また、2021年度以前の実績登録においては、技術者倫理に関する実績を要件としません。

4.技術士CPD活動実績証明書の発行

 CPD活動の実績の活用に資するため、技術士登録簿に記載された技術士CPD活動実績を証明する、「技術士CPD活動実績証明書」を申請に従い発行します。

5.申請手続き

 現在、上記の手続きについては、本会のホームページを通して容易に行って頂けるよう利便性の高いオンラインシステムを開発中です。完成後に改めてご案内致しますので、このシステムを利用した申請をお勧めします。なお、申請を急がれる技術士の方は、以下の関連ページに記載されている方法に従って、文書による申請をお願い致します。

このページのお問い合わせ先:総務部
電話:03-3459-1331

ページトップへ