ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • ホーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • シンボルマークについて
  • RSSについて
技術士CPD

技術士CPD(継続研鑚) Q&A

技術士CPDについて

Q:技術士のCPDとは何ですか?

A:平成12年4月26日の技術士法一部改正、平成13年4月1日の技術士法施行に基づいて、技術士が職業倫理を備えることを求めると同時に、技術士資質の一層の向上を図るため、資格取得後の研鑚が責務とされ、平成13年4月1日より技術士CPD(Continuing Professional Development)がスタートしました。技術士法第47条の2に「技術士は、常に、その業務に関して有する知識及び技能の水準を向上させ、その他その資質の向上を図るよう努めなければならない。」とあり、全ての技術士に「資質向上の責務」が課せられています。

Q:CPD単位時間及び目標時間について教えて下さい。

A:CPD単位時間は,CPDに実質的に費やした時間に対し,実施難度や効果を勘案した「時間重み係数」を乗じて換算した時間です。目標として、年平均50単位時間,3年間に150単位時間(APECエンジニアは更新申請前の過去5年度に250単位時間)のCPDの実施が望まれます。

Q:技術士CPDと技術士会の関係について教えて下さい。

A:日本技術士会の会員であるなしを問わず、技術士会が技術士のCPDに係わる事務を行うことが、技術士法第54条に記述されています。

CPD記録の登録方法

Q:CPD記録の登録方法について教えて下さい。

A:CPD記録の登録は,「WEB登録」と「文書登録」の2通りの方法で受付けていますが、随時登録が可能で、管理運用が容易な「WEB登録」をお奨めします。(「文書登録」の場合、CPD登録証明書を発行することができません。
※ 本人確認及びセキュリティ等の観点から、E-mail、FAXでの登録申請は受理できません。

WEB登録の場合
 いつでもCPD記録の登録が可能です。また、入力したCPD記録の表示期間の指定や年度の自動集計を行うことができます。

文書登録の場合
 CPD記録を下記CPD担当あて郵送して下さい。その際、必ず「技術士CPD登録依頼書」を添付して下さい。年に何度もご提出されますと、シートの管理が複雑になりますので、年度(4月から翌年3月)毎にまとめ、原則年1回の提出をお願い致します。管理運用面から電子情報が望ましいことから、可能な方は、 WEBで入力する方式への切り替えをお奨めします。切り替え時にはお手数ですが、過去に提出いただいたハードコピー対応のWEB入力もお願いします。

Q:技術士CPD制度の内容、CPDの記録・登録の方法などについて紹介した資料はありますか?

A:「技術士CPD(継続研鑚)ガイドライン」 を参考にして下さい。

APECエンジニアとの関連

Q:APECエンジニアのCPD250時間/5年度の取り扱いについてはどうなりますか?

A:APECエンジニアの場合、更新申請時から過去5年度のCPDが問われることに留意し、記録の登録をお願い致します。

Q:CPD記録の登録とAPECエンジニア対応の登録について、区別の必要はありますか?

A:区別の必要は、ありません。

APECエンジニア審査申請書『様式5:技術士CPD記録』の記入については、下記関連ページの〔 APECエンジニア申請に関するQ&A 〕をご参照下さい。

お問い合わせ先
公益社団法人日本技術士会 事業部 CPD担当
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館
Tel:03-3459-1331 Fax:03-3459-1338

このページのお問い合わせ先:事業部
電話:03-3459-1331

ページトップへ