ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • ホーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • シンボルマークについて
  • RSSについて
日本技術士会のご案内

日本技術士会とは

概要

 公益社団法人日本技術士会は、技術士制度の普及、啓発を図ることを目的とし、技術士法により明示された我が国で唯一の技術士による公益法人として、昭和26年(1951年)に設立され、平成28年(2016年)には創立65周年を迎えました。

公益社団法人日本技術士会
設 立 昭和26年10月認可,平成23年4月公益社団法人へ移行
目 的 本会は、全国の技術士の品位の保持、資質の向上及び業務の進歩改善を図るため、技術士の研修並びに会員の指導及び連絡に関する事務等の業務を全国的に行い、もって科学技術の向上及び国民経済の発展並びに国際交流の推進に寄与し、更には広く社会に貢献することを目的とする。(公益社団法人日本技術士会定款第3条)。
所在地 〒105-0001 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館
事務局 TEL.03-3459-1331(代) / FAX.03-3459-1338

沿革

1951年06月:日本技術士会設立
1951年10月:社団法人日本技術士会設立認可(通商産業大臣)
1957年05月:技術士法(法124号)公布
1958年07月:第1回技術士試験実施
1959年03月:技術士法に基づき社団法人日本技術士会設立認可(科学技術庁所管)
1983年04月:技術士法全面改正(法25号)
1984年02月:技術士試験機関、技術士登録機関の指定を受ける
1985年01月:第1回技術士第一次試験実施
2000年04月:技術士法改正
2000年11月:APECエンジニア申請受付開始
2004年06月:「技術士ビジョン21」を発表
2007年01月:「技術士プロフェッション宣言」を発表
2008年03月:EMF(現IPEA)国際エンジニア申請受付開始
2011年03月:技術士倫理要綱を改定し、新たに技術士倫理綱領を制定
2011年04月:公益社団法人日本技術士会へ移行

このページのお問い合わせ先:総務部
電話:03-3459-1331

ページトップへ