ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • ホーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • シンボルマークについて
  • RSSについて
試験・登録情報

技術士第二次試験の科目 

技術士第二次試験は、筆記及び口頭の方法により行われます。〔施行規則第8条第1項〕
口頭試験は、筆記試験の合格者に対してのみ行われます。〔施行規則第8条第2項〕

筆記試験の内容

筆記試験は、21技術部門の中から、あらかじめ選択する1技術部門に対応する「必須科目」と、各技術部門に設定された「選択科目」の中から、あらかじめ選択する「選択科目」についての試験が行われます。(下記添付資料【技術士第二次試験の科目表】参照)

A 機械部門から原子力・放射線部門までの20技術部門

必須科目I 〔択一式;試験時間/1時間30分〕当該「技術部門」全般にわたる専門知識
選択科目II 〔記述式;試験時間/2時間〕当該「選択科目」に関する専門知識及び応用能力
選択科目III 〔記述式;試験時間/2時間〕当該「選択科目」に関する課題解決能力

B 総合技術監理部門

必須科目I 〔択一式;試験時間/2時間 及び 記述式;試験時間/3時間30分〕

「総合技術監理部門」に関する課題解決能力及び応用能力⇒ 必須科目の内容は、次の[1]〜[5]の事項について問う問題です。
[1] 安全管理
[2] 社会環境との調和
[3] 経済性(品質、コスト及び生産性)
[4] 情報管理
[5] 人的資源管理
具体的には、技術士としての実務経験のような高度かつ十分な実務経験を通じ、修得される照査能力等に加え、業務全体を俯瞰し、業務の効率性、安全確保、リスク低減、品質確保、外部環境への影響管理、組織管理等に関する総合的な分析、評価を行い、これに基づく最適な企画、計画、設計、実施、進捗管理、維持管理等を行う能力とともに、万一の事故等が発生した場合に拡大防止、迅速な処理に係る能力を確認する問題を出題します。

選択科目II
上記Aと同一内容

口頭試験の内容

口頭試験は、筆記試験の合格者に対してのみ行われます。技術士としての適格性を判定することに主眼をおき、筆記試験における答案(総合技術監理部門を除く技術部門については、課題解決能力を問うもの)及び業務経歴を踏まえ実施します。

このページのお問い合わせ先:試験・登録部
電話:03-3461-8827

ページトップへ