一般CPD行事案内 2018/11/16 20:55

以下の行事は、公益社団法人日本技術士会の会員以外の方もご参加いただけます。 「申込」ボタンの付いている行事は、「WEB参加申込」をして下さい。
なお、この申込メニューは会員以外の方専用ですので、当会会員の方は「会員コーナー」の 「会合・CPD行事予定(パスワードの取得が必要)」からお申し込み下さい。
 
               行事検索    
 主催者:
 キーワード1:
 キーワード2:
 (*)が検索対象(AND条件)
2018年11月16日以降の行事を表示しています。 11月 12月 1月 2月 3月 4月 

「WEB参加申込」の説明       
*行事名が下線付きになっているものは、クリックして戴くと詳細情報を表示します。

WEB
申込
開催日 曜日 会合・行事名(*) 場所(*) 時間 内容/連絡先(*)
11月16日 海外活動支援委員会(海外企業業務推進(ベトナム・インドネシア)セミナー) 機械振興会館B3F 研修1 18:30

20:40
1.日時:2018年11月16日(金)受付開始 18:10
2.主催:公益社団法人日本技術士会 海外活動支援委員会
3.場所:機械振興会館会議室地下3階研修−1号室
4.参加費:1,000円(正会員)、2,000円(非会員)
5.定員100名。
6.プログラム (1) 18:30--18:35開会挨拶、(2)18:35--18:55講演「ベトナムの風土と歴史」講師:森山浩光氏 技術士(農業)、(3)19:00〜20:40(100分)講演「海外で暮らす、働く、そして貢献する為に。-ベトナム・インドネシア編-」講師:東京都中小企業振興公社事業戦略部国際事業課プランマネージャー 鎌田慶昭氏、(4)20:30〜20:35閉会挨拶
7.その他追加情報は適宜 海外活動支援委員会「最新情報」に掲載します。https://www.engineer.or.jp/c_cmt/overseas/news/index.html
11月16日 原子力・放射線部会(第62回技術士の夕べ) 機械振興会館6-67号室 18:00

20:00
演題:「中間貯蔵等のオフサイトに係る課題と対応状況(仮題)」、講師:大迫政浩氏(国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センター長)
講演概要(詳細は部会HP) 2011年3月に福島第一原子力発電所の事故に伴い福島県を中心とする東北エリアの環境が汚染された。 この除染と廃棄物の処理および環境再生が国等の関係機関により進められている。本講演では事故以降、国等が実施してきた法整備および除染と廃棄物処理等の取組状況の概要を紹介して頂く。 また、今後進捗が期待されている中間貯蔵と土壌の再生利用等について解説して頂く。
会費:会員500円 会員外1000円
問合せwada.ryutaro@kobelco.com
11月16日 生体・環境、保全交流会(30年11月例会) 機械振興会館会議室 18:00

21:00
演題:「オンライン研究・教育」がもたらす技術開発・研究・教育の大変革 講師:静岡大学工学部教授情報基盤センター長博士井上春樹先生
詳細http://www.fws2015.sakura.ne.jp
申し込み行事予定左欄の「申込」ボタンからまたはmail:fwshirose@leaf.ocn.ne.jp T/F 03-3399-3993 参加費:2.000円
11月16日 中国本部(岡山県支部11月例会・現地見学会/中国本部建設部会共催) 岡山環状南道路、倉敷立体 12:15

17:00
12:15JR岡山駅西口集合、13:00〜14:00現地見学(岡山環状南道路工事現場)、15:00〜16:00(倉敷立体工事現場)、17:00JR岡山駅西口着解散
定員:30名、会費:会員1,000円、非会員2,000円
問合せ:086-254-2422 okayama@ipej-chugoku.jp岡山県支部
11月17日 化学部会(講演会) 機械振興会館6F 6D-4号室 13:30

17:00
化学部会土曜例会テーマ「リスクコミュニケーションを体験するワークショップ(仮)」講師:(独)製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター 調査官 竹田宜人氏
参加費:会員・準会員・関連学協会会員1,000円、会員外2,000円、定員:40名
問い合わせ:佐藤理英(kechapee.satokun@gmail.com
11月17日 環境マネジメントセンター 京橋区民館(1号室洋室) 東京都中央区京橋2丁目6番7号 10:00

12:00
例会(情報交換)、ミニ講演:「レンコンが食べられなくなる日 ―ミシシッピアカミミガメの調査と駆除―」、講師:大木久光 氏、申込は行事予定から。
会場:http://chuo7kuminkan.com/about/kyobashi.html
  11月17日 九州本部(北九州地区支部CPD・KIGS共催イベント) 北九州市八幡東区:北九州イノベーションギャラリー(KIGS) 13:00

17:00
KGS調査研究報告会「嗅覚センサーと匂い応用研究の歴史と発展」林健司教授(九州大学)、北九州地区支部技術報告「無線設備の維持・管理について」河野公志氏(情報)
問合:小柳TEL:093-612-0191
11月17日 神奈川県支部(技術士セミナーあなたも「プロのエンジニア」を目指しませんか) 東京都市大学世田谷キャンパス新6号館1階61A教室 東急大井町線「尾山台」下車、徒歩12分 13:30

17:30
◆技術者の国家資格「技術士」〜あなたも「プロのエンジニア」を目指しませんか〜
◆技術者の国家資格として、「技術士」があります。 グローバル化の進展に伴い、各国で技術者資格の相互認証への動きも進み、「技術士」は国境を越えて活動できる資格になりつつあります。そこで、本セミナーでは、この「技術士」の資格についての説明と技術士の活動事例について紹介します。
◆1.セミナーの目的、技術士制度に関する説明 日本技術士会 神奈川県支部 修習技術者支援小委員会委員、2.活躍事例の紹介 (1)事例1 講師:小原丈二氏((株)小田急エンジニアリング)、(2)事例2 講師:原眞一氏((株)巡る技 代表取締役社長)
◆受付開始:13:00
◆参加費:学生・院生無料、社会人・技術士2千円
◆申込み;左欄の「申込ボタン」、FAX045-210-0338、E-mail:kanagawa@engineer.or.jp
◆定員:60名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
★問合せ;支部事務局 TEL045-210-0337
11月17日 神奈川県支部(第73回CPD講座) 波止場会館4階大会議室(横浜市中区海岸通1−1) 13:30

16:40
■グリーン・インフラ(安全・安心な都市環境の創造へ)
地球温暖化をはじめとした気候変動は、私たちの生活環境を脅かす存在として顕在化しています。今夏を見ても、局地的豪雨やこれまでにない挙動の台風、極端に短い梅雨、猛暑日の連続など経験のない事態となっています。これらに対して、生命や財産を守る手立てを少しでも講じなければならない状況です。治水や地下水涵養に対してコンクリートなど人工の構造物だけではなく、緑や自然公園などを活用するグリーン・インフラが注目されています。本企画では、都市部で始まった取組について、地域ぐるみの挑戦や実践例をわかりやすく話題提供いただき、今後のまちづくりの課題を共有することを目的に開催いたします。
講演1.「グリーン・インフラ、地域での取組」 講師:景観アドバイザー、法政大学兼任講師、一級建築士 神谷博氏、講演2.「横浜市のグリーン・インフラへの取組」 講師:横浜市環境創造局下水道事業マネジメント課長 富永裕之氏
参加費:正会員2千円、準会員千円、未入会技術士3千円
申込:本部HP行事案内、FAX045-210-0338、問合:県支部事務局045-210-0337
11月17日 水産部会(研究発表会・定例会・講演会) 機械振興会館 11:00

19:30
講演会:「水産物流通の、過去・現在・未来」(株)ティーアールアイ代表取締役 田坂行男氏,研究発表会4題:部会員,定例会,懇親会,参加費:会員1,000円,会員外2,000円,懇親会費4,000円,申込みは行事予定から
問合せ:網田 amita-k@muse.ocn.ne.jp
11月17日 青年技術士交流委員会(ディベートで学ぶ、話し合いの技術!) 機械振興会館 6D-2 13:30

20:00
論理的思考力、表現力が苦手という人が多いなか、職種を問わずそれらの重要性は高まりつつあります。そこで、青年技術士交流委員会では毎年恒例となりつつあるディベート企画を今年も11月に開催いたします。ディベートは単なる討論ではなく「論理的に思考し、表現する技術」をみがくもので、術者としてもぜひとも備えておきたい技術の一つです。多くの皆さんとディベートを通じて、論理的思考力、表現力を身にけるられるよう学んでみたいと思っていますので、ご参加いただきますようお願いいたします。
■受付13:15
■ディベートテーマ「日本は高度プロフェッショナル制度を導入すべきである」13:30〜17:30意見交換会18:00〜20:00
■締切11月5日
■申込は行事予定から。通信欄に意見交換会の参加/不参加を記載してください。
■詳細は青年技術士交流委員会のブログ(https://peyec.jp)をご覧ください。
11月17日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(連絡会・話題提供・講演会) 機械振興会館 会議室6-67 14:00

17:00
14:00-14:40部会連絡会
14:50-15:20話題提供:「金属部門 若手技術者の会 YES-Metals!の活動紹介」講師:松下 滋氏(金属部会/YES-Metals!幹事)
15:30-17:00講演会:「民間航空機の開発について」講師:山中 清氏(ダイヤモンドオフィスサービス株式会社)
会費(資料代):会員1,000円、非会員2,000円、終了後懇親会:会費:3,500円前後、会場:神谷町駅近く。
申込は行事予定から、問合せ先:kanda@chofu.jaxa.jp神田
11月17日 長野県支部(東信ブロックCPD講演会) 長野大学 4-302教室(4号館3F) 13:00

15:00
「音声認識システムを活用した聴覚障害学生支援の取組」−聴覚に障害(難聴も含む)のある学生に対する情報保障技術(「情報弱者」にならないために健常者と同じように、見・聞きを保障する技術)の実践事例の報告です。スマートフォン等の情報サービスを活用し、情報システム(音声認識)によって聴覚障害者(学生)を支援する取組みです。−講師:伊藤英一氏 (長野大学社会福祉学部教授)
会費:会員500円、一般1,000円、学生・高校生無料。
会場:長野大学4号館(上田市下之郷658-1、上田電鉄別所線「大学前」駅下車 徒歩 10分)
問合せ:penagano@penagano.org、fax:0263-48-0009
11月19日 技術士包装物流グループ(11月度研究会) 日本マテリアルフロー研究センター会議室 18:00

20:00
講演:食品鮮度保持関連技術の動向について
講師:三井化学株式会社 吉田存方氏 技術士(当会会員)
内容:近年、フードロスが重要な社会課題の一つとなっており、国連が定めた「持続的な開発目標(SDGs)」においてもその削減がターゲットとして明確化されています。フードロス削減に対して包装技術が果たす役割は大きいと考えられ、他の貯蔵技術と併せ、様々な開発がなされています。本講演では、食品、特に青果物を中心に鮮度保持関連技術の動向について解説するとともに、三井化学グループで事業化、開発を進めている鮮度保持包材製品についても御紹介頂きます。
会費:2,000円(当会会員以外の方)
申込:坂巻千尋chihiro.sakamaki@toppan.co.jp
11月19日 近畿本部(環境研究会・講演) 大阪市中央区アーバネックス備後町ビル3階ホール 18:45

20:30
「水を汲むだけの環境調査〜環境DNA技術の紹介」神戸大学大学院人間発達環境学研究科源利文准教授による講演、終了後懇親会、会費等詳細は部会HP、申込は行事予定を参照。
問合せ:m.fujihashi@niftyu.com藤橋。
11月20日 科学技術鑑定センター(11月例鑑定事例研究会) 機会振興会館B3-9 18:00

19:15
鑑定事例講演「立体駐車場における泡消火装置の作動不具合について」 演者:吉田龍生会員 ■会員外参加希望者は事前連絡要。
■連絡先:メール:pon-4s@za3.so-net.ne.jp総務幹事 柴田格 
  11月20日 技術者倫理研究会 機械振興会館6階64号室 18:30

20:30
「事例から教わったことー努力すれば報われる」西岡朝明氏・技術士(化学)、会費1,000円、申込は橋本(yhashimoto@r9.dion.ne.jp)まで
  11月20日 食品技術士センター(2.講演会) 東京海洋大学 楽水会館(JR品川駅港南口徒歩10分) 14:00

16:50
講演1「築地市場から豊洲市場へ」岡野利之氏(技術士水産部門)、講演2「食品に関わる技術士と学生の意見交換会」司会 濱田奈保子(東京海洋大学教授)、参加費:会員千円、会員外2千円(申込不要)
11月21日 建設部会・埼玉県支部共催(講演会) 大宮ソニックシティ 905会議室(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル) 18:00

19:30
「(仮題)土木・建築構造物補修補強工事における炭素繊維の活用」講演会、講師:東レACE(株)環境資材部複合材料課 奈良達也氏
会費:会員1,000円、一般2,000円、定員60名、申込は行事予定の左欄「申込ボタン」から、先着受付順 申込〆切 11月14日
  11月21日 第470回情報化研究会 電気技術開発(株)会議室 千代田区神田駿河台4-2-5 トライエッジお茶の水 9F 18:00

20:00
[講演会] 「ディープラーニングの仕組みと最新活用例」
概要 http://jyohouka.skr.jp/IPplan.htm  講師:増倉孝一氏 [(株)ブライトビジョン]、会費:メンバ外 1,000円
申込み,問い合わせ:後藤 agotoh0806Σgmail.com Σを半角@に替えて使用下さい。申込締切:前日 懇談会:会後近くで予定。2000円程度。申込時参加可否通知下さい。
11月21日 中国本部(青年技術士交流会・11月例会) 中国本部事務局会議室 18:30

20:00
例会(情報交換)、勉強会、会費:無料
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
11月22日 化学部会(講演会) 機械振興会館 13:30

17:00
1)「フレキシブルデバイスの創製に資する力学解析法と分子配向法の開発」宍戸厚氏(東京工業大学生命科学研究所教授)、2)「プラントライフサイクルを通じた化学プロセスの設計と運転の技術管理〜蒸留塔のリパンプを事例として」山田明氏(技術士(化学)、横河電気(株))
参加費:会員・関連学協会会員1,000円、会員外2,000円。
申込:左欄の「申込」ボタン、または「沢木」まで。TEL/FAX 03-6433-9696、問合せ:cycle.sawaki@nifty.com
11月22日 上下水道部会2(11月度講演会) 機械振興会館2F技術士会会議室 18:30

20:00
「(仮称)放射能を含む汚泥処理事業への日本下水道事業団の取り組み」高村和典氏(JS日本下水道事業団福島再生プロジェクト推進室長)、会費:講演会1,000円(会員以外2,000円)、終了後同室で懇親会、懇親会費2,000円、詳細は部会HP、申込は行事予定から、懇親会の参加の有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp 担当松山
  11月22日 北陸本部 ホテル日航新潟4F朱鷺の間(新潟市中央区) 14:00

17:45
テーマ:「日本海国土軸 北陸からの発信」、14:00〜15:30「講演:日本海国土軸と北陸地域づくり」、国土交通省北陸地方整備局 企画部長 内藤 正彦 氏、15:45〜17:45「パネルディスカッション 日本海国土軸 北陸からの発信」、パネリスト 大花 博重 氏(新潟県土木部都市局都市整備課長)、酒井 信次 氏(大日本コンサルタント(株)北陸支社主幹)、高本 充浩 氏(石川県加賀市建設部都市計画課長)、池田 保裕 氏((株)ワカサコンサル福井支店長)、コメンテーター 内藤 正彦 氏、コーディネーター 埒 正浩 氏((株)日本海コンサルタント 専務取締役)、講演会費無料、交流会費5,000円
詳細・申込:北陸本部HP、http://gijyutsu.whitesnow.jp/、北陸本部事務局TEL:025-281-2009/FAX:025-281-2029
11月23日 中国本部(建設部会定期講演会) サテライトキャンパス広島5階大講義室 14:50

18:10
本年7月、西日本で激甚な豪雨災害が発生した。本講演会は、近年激甚化する災害について、災害の被災を予測・軽減方策等について理解を深める。
問合せ:Tel082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(担当:勝田)
  11月24日 TQM経営支援研究会(11月例会) 未定 10:00

12:00
農業におけるTQM事例、その他 会費:1,000円
問合せ:hidekisiraisi@yahoo.co.jp
11月24日 経営管理チーム(11月例会) 機械振興会館B3-2会議室 14:00

17:00
講演題目:「日本企業にイノベーションは起こせるのか?」
講師:川中 雅史 氏 (川中技術経営研究所・代表、技術士(電気電子部門、総合技術監理部門) )
講演要旨:「約3/4のビジネスパーソンが勤務先でイノベーションを起こせていない」との調査結果が明らかとなっています。本講演にてまず技術経営(MOT)の観点からの全体像や考え方を紹介し、次に参加者全員にて「イノベーションを起こす本質に関して議論する」場を設けたいと考えております。皆様の積極的なご発言を期待しております。」
講演後ワンドリンク意見交換会、その後例会を実施。
会費:KKT会員千円、KKT会員外:2千円。(KKT=経営管理チーム)
問合せ・申し込み:技術士会ホームページから。又はrxi00246@eastcom.ne.jp 熊田 まで
11月29日 環境部会(2018年度11月講演会) 機械振興会館 18:30

20:40
演題:「第五次環境基本計画の概要〜地域循環共生圏の創出による持続可能な地域づくり〜」、講師:環境省 大臣官房 環境計画課 課長補佐 村松哲行様
会費:会員1,000円(入会1年未満は免除)、非会員2,000円
※詳細は部会HPでご案内します。
  11月30日 近畿本部(兵庫県支部主催第16回CPD講座プレフラ・アカデミーVol.6) 神戸市勤労会館4F406会議室 18:30

20:00
神戸大学工学部・阪上教授をお招きし、「赤外線計測による目視を超えた長大橋梁の非破壊検査・維持管理技術」についてお聞きします。申込受付は10月以降、開始します。会員1000円、会員外2000円、、講演終了後、懇親会を開催します。(別途、有料)
問合・申込先cpd@ipejk-hyogo.net(CPD委員会)
11月30日 情報工学部会(若手世代グループ企画講演会) 機械振興会館 6D-4会議室 18:30

21:00
◆講演:電子契約の技術の動向(仮)
◆講師:宮内宏弁護士(宮内・水町IT法律事務所)
◆プログラム:18:30〜18:45 部会からの連絡事項等、18:45〜19:50 講演会、20:00〜21:00 懇親会
◆内容:民間や政府機関を中心に導入が進む電子契約を題材に、暗号技術やセキュリティ技術を中心とした技術面と法律面の両面から、最新の動向や政府の取組を解説する。
◆参加費:会員500円、非会員:1,000円(懇親会は無料)。当日、受付にて徴収します。2017年度情報工学部門新合格者(1次・2次)は、講演会についても無料となります。
◆定員:60名
◆申込先:左欄の「申込」ボタンよりお申込みください。その際、懇親会の出欠を連絡事項欄に必ずご記入願います。
◆申込締切:平成30年11月26日(月)
◆詳細は、部会HP(http://www.ipej.net/)をご覧ください。
◆連絡先:(正)佐藤、(副)夏目 IPEJ16@googlegroups.com (部会幹事ML)
11月30日 森林部会(講演会・林産部会) 日林協会館5F中会議室 15:00

17:00
演題:我が国のこれからの林業と林産の連携を考える
講師:秋田県立大学名誉教授 飯島泰男
参加費無料、申込HPから
  問合shin-gi@forest-pro.jp
  12月1日 CP&RMセンター(月例会) 船堀タワーホール 第403室 14:00

16:30
【議題】安全保障貿易管理に関する 1.Expert試験対策セミナーの開催について (セミナーの詳細はhttps://www.cp-rm.jp/archives/2035を参照)、2.該非判定業務の受託、3.外為法について、4.米国EAR法について、5.時事問題:【参加費】メンバー以外 1千円:【問合せ先】kytechno@nifty.com
12月1日 技術士フォーラム2018 機械振興会館 B2 ホール 13:00

17:00
■テーマ : 「 ICT・IoTで農業農村はこう変わる! 」
◆講演1 「 スマート農業の推進と農業データ活用について 」 松本賢英 氏 〔農林水産省大臣官房政策課〕
◆講演2 「 ドローン、センサー、 AI(人工知能)を活用したスマート農業への取り組み事例 」 休坂健志 氏 〔株式会社オプティム〕
◆講演3 「 農業を支援するクボタのIoTソリューションシステム KSIS 」 末吉康則 氏 〔株式会社クボタ〕
◆講演4 「 通信インフラ整備による農業農村の多面的機能の活用 」 溝口勝 氏 〔東京大学大学院農学生命科学研究科〕
■参加費 : 正会員 2,000円、準会員 1,000円、非会員 4,000円
■定員 : 先着 200名 (定員になり次第締)
■主催 : CPD支援委員会
12月1日 埼玉県支部(地域活性化委員会北部地域小委員会CPD講演会(環境管理・土壌汚染)) 熊谷市立コミュニティセンター2階第1集会室(JR高崎線熊谷駅北口徒歩15分) 14:00

16:30
地質、環境に関するテーマで、2人の技術士が「路面沈下現象の究明と土壌汚染状況調査」、「環境・化学物質管理の動向」について講演、定員:30名、会費:会員1,000円、非会員2,000円
申込:左のHP行事申込ボタンより、詳細は支部HPより、問合せ先:saitama@engineer.or.jp
12月1日 新規開業技術士支援研究会 一般社団法人日本技術者連盟5階会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:増田和雄氏(フェロー)、福本和佐男氏(機械)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
12月1日 神奈川県支部(第74回CPD講座・第35回情報交流の会) 波止場会館4階大会議室(横浜市中区海岸通1−1) 13:30

16:30
【第1部】CPD講座「技術士制度改革(中間報告その2)と第二次試験制度改正について」
◆講演1「技術士制度改革について」 講師:公益社団法人日本技術士会副会長(技術士制度検討委員会委員長)中川裕康氏 <概要>日本技術士会では前期に引き続き「技術士制度検討委員会」を継続設置し技術士制度改革について検討を進め中間報告をまとめています。その内容をもとに4つの課題(1)更新制度の導入(2)技術士補の在り方(3)国際通用性の確保(4)資格の活用などについてご講演いただきます。
◆講演2「第二次試験改正について」 講師:公益社団法人日本技術士会神奈川県支部幹事 小原丈二氏
【第2部】神奈川県支部情報交流の会
◆ミニ講演2件(講師・演題未定)
○参加費:正会員・準会員千円、未入会技術士2千円、○期限:2018年11月26日、○申込み:左の申込ボタン、FAX045-210-0338
※問合せ:県支部事務局045-210-0337
12月1日 中国本部(山口例会) 山口県県政資料館 13:00

16:30
講演会:「明治維新150年記念萩往還講演会」講師:萩往還語り部の会会員3名
12月1日 中国本部(青年技術士交流会・12月特別例会) 中国本部事務局6F会議室M+ 13:00

17:00
特別例会(チーム活動or全体話)、忘年会、会費:特別例会は無料、忘年会は要確認
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
12月1日 中部本部(冬季講演会・倫理シンポジウム) 名古屋都市センター11階ホール(金山) 13:20

17:00
講演1「グローバル化時代の人権問題―民族・女性・LGBT―」愛知教育大学社会科教育講座 准教授 真島聖子氏、講演2「技術者に身近な人権問題〜組織内外の問題を中心に」弁護士 庄司俊哉氏、パネルディスカッション「人権と人権問題への理解を深める」
会費:会員千円/未会員二千円/学生無料/交流会4千円、申込は会員コーナーからまたは中部本部g-chubu@asahi-net.email.ne.jp(部門、フルネーム、交流会参加不参加を必ずお知らせください)へ、詳細は中部本部HPに掲載(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/)
12月2日 中国本部(第3回技術士研究・業績発表大会) ホテル常盤 9:30

16:20
基調講演 講師:Tun Ahmad Gazali博士(山口大学創生科学研究科学術研究員)、演題:「A STUDY ON BIOELECTRICITY GENERATION IN MICROBIAL FUEL CELLAND HOW TO EAST JAVA (business opportunity in coffee, fruit and vegetable)」(仮題)、一般講演:8名の会員から研究発表
12月2日 労働安全衛生コンサルタントグループ(安全セミナー) 足立区勤労福祉会館第3洋室(足立区綾瀬1-34-7) 13:30

16:50
「これからの安全管理・教育に必要なこと」桑江良明氏(電気電子・原子力放射線)、「IoT、ビッグデータを活用し、QC7つ道具、なぜなぜ分析による安全衛生活動」沼畑和喜氏(電気電子)、「熱源機器の現場での隠れた危険について」齊藤賢二氏(機械)、グループ会員1000円、非会員2000円、終了後懇親会あり(4000円当日徴収)
問合せ:y-ishi1749@nifty.com石田
12月4日 上下水道部会(12月度見学会) 東京都下水道局森ケ崎浄化センター 15:00

16:30
東京都下水道局森ケ崎浄化センター再生エネルギー施設見学、14:45モノレール昭和島東口集合、終了後浜松町付近で忘年会、忘年会費5,000円、詳細は部会HP、申込は行事予定から、懇親会の参加の有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp 担当松山
  12月7日 IT21の会(例会) 東京ウイメンズプラザ 会議室 18:30

20:30
【1】「ドローン対策の現状と今後 ? 大規模警備の視点から」澤田雅之氏(電気電子)、概要:ドローンは、無線技術の進歩発展に支えられて、様々な産業分野への活用が進んでいます。大型で高速なドローンが、重要警戒エリアの遥か彼方から精密に無線誘導され、夜の闇に紛れて要所・要人目掛けて突入してくるテロ攻撃は、既に現実の脅威となっています。このため、このような脅威への対処手段も、進歩発展する無線技術を用いて高度化しつつあるところです。そこで、講演では、ドローンによるテロ攻撃の脅威の増大と、そのような脅威への対処方策について、わかりやすくご説明したいと思います。
【2】「ドローン利活用最前線 〜建築・土木、産業、農業での活用事例を交えて〜」日立システムズ 金融事業グループ 本部主管 曽谷英司氏
【申込概要】例会会費:無料、 懇親会:例会終了後に実施(別途会費)
詳細はhttp://it21.info/
12月7日 経営工学部会(仲間を増やそう交流会) 機械振興会館6階会議室6-65 18:15

20:15
12月恒例の経営工学部会忘年懇親会「仲間を増やそう交流会」を、今年度は機械振興会館にて開催致します。
会費:会員、非会員とも5,000円(飲食費含む)。
場所:機械振興会館 6階(東京都港区芝公園3−5−8)
東京メトロ日比谷線神谷町駅より無料送迎バスがご利用になれます http://www.jspmi.or.jp/material/file/office/bus/bus.pdf
12月8日 12月度修習技術者研修会/修習技術者発表研究会 機械振興会館 6階 6-65会議室 13:00

18:00
■修習技術者研修会 : 「専門技術能力」 資質向上講座3
◆講演 「海の謎を探る技術開発―とくにプランクトン計測技術に焦点を当てて―」
 講師 : 高橋一生 氏 〔東京大学大学院 農学生命科学研究院 准教授〕
◆グループワーク
◆講評
※詳細決まり次第HPに掲載します。
■修習技術者発表研究会 : 2名発表予定
■参加費(つり銭無きようお願いします。)
 準会員、一次試験平成29年度合格者、JABEE認定課程平成29年度修了者、学生 1,000 円/正会員 2,000円/上記以外(非会員) 3,000 円
※ 18:10〜情報交流会に参加する場合は 1,000円追加
■定員 : 先着40名(定員になり次第締切)
■主催 : 修習技術者支援委員会
12月8日 中国本部(岡山県支部12月例会・講演会) ゆうあいセンタ― 13:30

17:00
例会、6名の会員による技術発表会、定員:40名、会費:会員500円 非会員1,000円
問合せ:086-254-2422 okayama@ipej-chugoku.jp岡山県支部
12月8日 農業部会(2.講演会) 機械振興会館 13:50

17:00
「日本ワインの魅力と今後の方向性」講師:恩田匠氏(山梨県産業技術センターワイン技術部長)、「日本の農林水産物・食品・食文化を海外へ 〜2019年輸出額1兆円への取組〜」講師:西経子氏(農林水産省食料産業局食文化・市場開拓課長)、申込みは行事予定から、情報交換会への参加不参加を明記
問合せ:JAG03266@nifty.com担当:湯川
12月11日 神奈川県支部(第21回テクノセミナー) 横浜市青少年育成センター 13:30

16:40
◆IoTで何ができるのか 業務改善に向けたIoTの活用
◆講演1:「IEの基礎(伝統的な現場改善の手法)」、北村 浩一氏(技術士(経営工学))
◆講演2:「業務改善・製品付加価値向上に向けたIoT活用事例」、あべ木 順一氏: 中小企業診断士
◆中小・中堅企業でのIoTの活用を念頭に置き、その内容や導入事例を解説いたします。合わせて、活用に当たって有用な、IEによる伝統的な改善技法も解説致します。
◆参加費:正会員2000円、準会員・学生1000円、未入会技術士3000円
◆申込み;左欄の「申込ボタン」、FAX045-210-0338、E-mail:kanagawa@engineer.or.jp
◆受付開始13:15 〜。その他詳細は県支部HP参照
◆問合せ;支部事務局 TEL045-210-0337
  12月11日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(第3回WEATHER-Eyeオープンフォーラム) 東京大学武田先端知ビル5F 13:00

17:05
特殊気象の影響による航空機事故ゼロを目指し、特殊気象状況が発生した場合の現状対策と対応技術に関して、国としての方針などの基調講演、最新の研究開発状況の講演に加え、開発中のセンサーの展示を行います。
13:00-13:05開会挨拶、13:05-14:50基調講演3件、14:50-15:20CofeeBreakパネル等展示、15:20-17:00一般講演5件、17:00-17:05閉会挨拶
参加費無料、要申込。先着300名まで。
詳細・申込は、下記HPから。https://www.weather-eye.jp/Open_forum/detail/8
12月12日 12月度技術士CPDミニ講座 機械振興会館 B3 研修2 18:00

20:00
■『地上につくる小さな太陽:持続可能なエネルギーの探求』2
■講演1 『 東芝における「地上の太陽」を実現する核融合技術への取組 』
大勢持光一 氏〔株式会社東芝ESS 原子力先端システム設計部 先端システム設計第二担当 参事〕
■講演2 『 JASTECにおける核融合分野への取組み 』
宮武孝之 氏〔ジャパンスーパーコンダクタテクノロジー株式会社(JASTEC)代表取締役社長〕
■参加費(つり銭無きようお願いします。)
正会員 1,500円、準会員 1,000円、非会員 3,000円
■定員 : 先着 80名 (定員になり次第締)
■主催 : CPD支援委員会
12月12日 建設部会(講演会) 日本教育会館9F(喜山倶楽部)東京都千代田区一ツ橋2-6-2 16:30

18:00
「東京駅の変遷」 講師:次期土木学会会長 林康雄氏(鉄建建設株式会社代表取締役会長)
大正3年の開業から、戦後の復旧、新幹線開業、丸の内駅舎の復元まで、日本近代の歴史とともに歩んできた東京駅の100年間の変遷について講演します。
講演会会費:会員1,000円、一般2,000円、定員:80名(先着受付順)、懇親会会費:5,000円:参加希望者は備考欄に参加希望と明記
申込は行事予定の左欄「申込ボタン」から(申込〆切 12月5日(水))
12月12日 第143回技術士包装物流グループ関西支部研究会 大阪府門真市 パナソニック企業年金基金「松心会館」 18:00

21:00
講演会:「輸送包装設計のための振動衝撃計測の最新動向」講師:川口和晃氏(神栄テストマシナリー(株)事業開発部長 工学博士)、会費:技術士会会員及び研究会会員5,000円、申込:森川亮morikawaryou@fujikikai.co.jp
12月14日 機械部会(例会) 機械振興会館、6ー67会議室 18:30

20:30
1「CAEの高精度化に求められる材料物性実験技術の進化(中部本部よりのWeb講演)」(2年計画で実施中の愛知県の科学技術交流財団の研究会では、実験技術の共有や、複雑な応力状態の材料モデルや簡便法の提案について議論しており、その研究活動の一部を紹介する)西田政弘氏(工学博士.名工大 電気・機械工学専攻機械分野 教授)。
2「産業機械のIE導入による工程改善」(半導体製造装置などの産業機械はカスタム対応が多く、自動車や家電商品と比べて工短やコストダウン効果があまり期待できない。このような状況下でIEに着目して取り組んだ工程改善を紹介する)高橋正人氏(工学博士.株式会社ニコン 半導体装置事業部 主幹研究員)。
会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp加藤
  12月14日 近畿本部(農林水産部会・環境研究会CPO合同講演会) アーバネックス備後町ビル3階ホール 18:30

20:00
講演;「新・緑の革命:ゲノム情報解析に基づく気候変動に強いスーパーコシヒカリの開発」《講師》静岡大学グリーン科学技術研究所 グリーンバイオ研究部門育種生物工学G 富田因則教授(兼)静岡大学大学院総合科学技術研究科/農学部応用生命科学科 遺伝ゲノム工学研究室
詳細は、近畿本部農林水産部会、環境研究会HP
参加費:農林水産部会;1,500円 環境研究会会員;無料(年会費で徴収済)一般;2,000円 懇親会3500円
  12月14日 九州本部(建設部会・技術講演会) リファレンス キャナルシティー博多 貸会議室 CA2 13:00

16:30
「都市のグリーンインフラの意義・みどりは都市を冷やせるか」九州大学大学院総合理工学研究院 教授 萩島 理
「歴史的環境を活かした観光」久留米工業大学工学部建築・設備工学科 教授 大森洋子
参加費 1000円
  12月14日 東北本部(応用理学部会第4回技術サロン) 日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室1 18:00

20:30
1.「最近の切土のり面安定に関する知見〜流れ盤に起因する不安定化など〜」、押見和義氏(復建技術コンサルタント).2.「お米の品種開発最前線-玄米食用品種(金のいぶき)を中心に-」、永野邦明氏(宮城県古川農業試験場 場長.
会費:1,000円。詳細と参加申し込みは東北本部HPから、問合わせは応用理学部会代表幹事 今野まで TEL 022-348-6923 FAX022-348-6965
12月15日 応用理学部会(資源工学部会と合同開催) 機械振興会館 地下3階研修1号室 15:00

19:00
1.講演会:鉱業の歴史と事業の多角化(仮)(資源経済戦略研究所 澤田賢治氏)
2.CPD:2.0
3.参加費:会員1,000円、非会員2,000円、忘年会は別途2,000円(予定)
4.講演会終了後、17時頃より機会振興会館内で忘年会を開催
5.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338
(お願い)忘年会参加希望の場合、WEB申込「主催者への連絡事項」の欄に「忘年会参加」とご記入ください。
12月15日 環境マネジメントセンター 京橋区民館(1号室洋室) 東京都中央区京橋2丁目6番7号 10:00

12:00
例会(情報交換)、ミニ講演:「家庭の省エネ」、講師:太田芳雄 氏、申込は行事予定から。
会場:http://chuo7kuminkan.com/about/kyobashi.html
  12月15日 九州本部(青年技術士交流委員会・公開講演会) 九州産業大学12号館1階12107番教室(福岡市東区松香台2-3-1) 13:30

17:00
講師及び内容:1)稲永健太郎様(九州産業大学准教授)、【地域公共交通への情報通信技術(ICT)支援の取組み】、2)岡治様(ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社)、【イメージセンサの開発と物理化学】
CPD参加費(資料代):日本技術士会会員・準会員:500 円、非会員:1,000円、(当日徴収いたします)学生:無料、参加申込は九州本部HP(11月中旬掲載予定)から
問合せ:TEL092-432-4441、pekyushu@nifty.com担当:永岩
  12月15日 九州本部(北九州地区支部CPD公開シンポジュウム) 北九州市八幡東区:北九州イノベーションギャラリー(KIGS) 13:00

17:00
基調講演「北九州発海外環境ビジネス展開の成功事例」伊藤洋:北九州市立大学教授。パネルデスカッション佐倉克彦(化学)、松尾康志社長、上江洲教授、村田健司(上下水道)、村上恵美子(環境)等。
問合:小柳:093-612-0191
12月15日 資源工学部会(応用理学部会との合同例会・講演会、懇親会) 機械振興会館(地下3階研修1号室) 15:00

19:00
「日本の資源問題」 資源経済戦略研究所 代表澤田賢治氏
会費:講演会のみ千円、懇親会とも3千円 申込はHP行事予定から。
問合せ:m-mizuno@violet.plala.or.jp
  12月15日 情報工学部会(CPDコラボワークショップ) 機械振興会館 6-67 13:00

17:00
定員になりましたので申込を締め切ります。
◆講演・ワークショップ:ロボットへのAIの適用について
◆講師::慶応義塾大学理工学部教授 山口高平氏、専任講師 森田武史氏
◆プログラム:講義、グループ討議、まとめ、発表・講評(終了後、懇親会)
◆参加費:会員2,000円(技術士会会員、情報処理学会会員)、非会員:3,000円(懇親会参加者は2,000円)。当日、受付にて徴収します。
◆申込先:定員になりましたので申込を締め切ります。
◆定員:定員になりましたので申込を締め切ります。
◆申込締切:定員になりましたので申込を締め切ります。
◆連絡先:(正)黒澤、(副)平田IPEJ16@googlegroups.com(部会幹事ML)
  12月15日 食品技術士センター(2.講演会) 機械振興会館B3会議室6 14:00

16:50
講演1「霧化分離法の食品加工における利用」松浦一雄氏(ナノミストテクノロジー(株)) 講演2「食品または微生物検査における遺伝子検査」中筋 愛氏(タカラバイオ(株)) 参加費:会員千円、会員外2千円(申込不要)
12月15日 神奈川県支部(第75回CPD講座) かながわ県民センター304会議室(横浜市神奈川区鶴屋町2−24−2) 13:30

16:40
講演会「有害性や難分解性化学物質を含有する廃水処理について」
◆有害性や難分解性化学物質を含有する廃水処理の講演 想定外の災害で発生したセシウム含有廃棄物あるいはアンモニアや1,4−ジオキサン等を含有した廃水・分解処理は、従来の廃水処理プロセスで処理することが難しく、更なる高度処理の研究開発が必要です。本講座では、上記の内容に関する最近の研究開発動向を紹介し、共有化するとともに、エンジニアの立場から、将来の水環境をいかに保護していくかということを皆様と考えるために開催いたします。
◆講演1.セシウム等の放射性物質の新処理システム 講師 京都大学原子炉実験所 原子力基礎工学研究部門 藤川 陽子 准教授
◆講演2.アナモックス菌と1,4−ジオキサン分解菌の研究 講師 東洋大学理工学部応用化学科 井坂 和一 准教授
◆参加費:正会員2千円、準会員千円、未入会技術士3千円
◆期限:2018年12月13日迄
◆申込:本部HP行事案内、FAX045-210-0338 ※問合せ:県支部事務局045-210-0337
12月15日 男女共同参画推進委員会(第40回技術サロン) 機械振興会館2階211会議室 13:00

16:00
「技術士」資格に関する説明及び懇話会、対象:技術者及び技術士を目指す女子学生・女性、※技術士の方はご遠慮ください.
定員15名、参加費:無料
申込・問合せ:wpetf@engineer.or.jp平塚
12月18日 科学技術鑑定センター(公開研修会) 機会振興会館B3-3 18:00

21:00
科学技術鑑定センターの活動を紹介します。非会員技術士の方の参加、お待ちしています。
1会長挨拶 2当会の紹介、鑑定業務の流れ 3入会案内 4鑑定事例発表 5質疑応答 6懇親会(非会員の方は無料)
連絡先:総務幹事 柴田pon-4s@za3.so-net.ne.jp 
12月20日 化学部会(講演会) 機械振興会館 13:30

17:00
1)「車載用リチウムイオン電池の動き」吉野彰氏(旭化成(株)名誉フェロー)、2)「カテーテル治療と押出成形」金子隆氏(技術士(化学)、テルモ(株)生産技術センター)
参加費:会員・関連学協会会員1,000円、会員外2,000円。
申込:左欄の「申込」ボタン、または「沢木」まで。TEL/FAX 03-6433-9696、問合せ:cycle.sawaki@nifty.com
12月20日 環境部会(2018年度忘年会) 機械振興会館 18:30

20:40
会費:会員1,000円、非会員2,000円
※詳細は部会HPでご案内いたします。
12月21日 経営管理チーム(12月例会) 江戸川区立タワーホール船堀401会議室(http://www.towerhall.jp/4access/access.html) 14:00

17:00
講演題目:「発展途上国の企業従業員に対する日本が得意とする管理技術の伝承」、講師:片桐圭司氏(片桐技術士事務所・代表、技術士(経営工学)、中小企業診断士、MBA)
講演要旨:「発展途上国の企業は、戦後日本が得意とする管理技術を憧れをもって見ています。これは、海外技術者を指導した経験から感じたことです。これらの企業は、製品を製造するための固有技術を学び操業しています。しかし、固有技術を活かし安定した製品を作るための「管理技術」の習得は未だ十分ではないのではないか。これらの企業に、日本が得意とする管理技術の何が必要とされているのか。この様な問題意識から、東南アジア6か国の企業を訪問して日本が得意とする管理技術のニーズ、理解度、使われ方等を調べたので報告します。」
会費:KKT会員千円、KKT会員外:2千円。(KKT=経営管理チーム) 講演後ワンドリンク交換会
問合せ・申し込み:技術士会ホームページ行事予定から。又はrxi00246@eastcom.ne.jp 熊田 まで
12月21日 生体・環境、保全交流会(30年12月例会) 機械振興会館会議室 18:00

21:00
演題:「コンパクト・プラス・ネットワークと新たな都市交通調査の展開」講師:国土交通省都市局都市計画課都市計画調査室都市交通係長大塚賢太先生
詳細http://www.fws2015.sakura.ne.jp
申し込み行事予定左欄の「申込」ボタンからまたはmail:fwshirose@leaf.ocn.ne.jp T/F 03-3399-3993 参加費:2.000円
12月22日 茨城県支部(1.いばらきオープンテクノフォーラム2018(講演会)) ワークプラザ勝田 大会議室 13:30

16:50
第1部:講演会「IoTによるシステムイノベーションの実践」
(1)基調講演  「IoT による製造ビジネス変革と必要なシステム・アプローチ」ロボット革命イニシアティブ協議会 水上潔氏
(2)特別講演 「Amazon Web ServicesによるAIの民主化」アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 益子直樹氏
(3)事例講演 「IoTを使った経営革新事例 強み尖がり経営の薦め」 経営改善研究所 細野祐一氏
(4)活動紹介「中小企業IoT活用・導入の取り組み事例」
(5)定員 100名 参加費 無料
(6)詳細:茨城県支部HP http://www.engineer.or.jp/c_shibu/ibaraki/ (7)問合せ: e-mail ibaraki@engineer.or.jp担当 大脇
12月22日 茨城県支部(2.いばらきオープンテクノフォーラム2018(情報交換・技術交流)) ワークプラザ勝田 研修室(2) 17:00

18:30
いばらきオープンテクノフォーラム2018 第2部として、第1部講演者・参加者による情報交換・技術交流会を行います。
機関・団体・地域専門家による簡単IoT・AIのプロト展示を含む、多様な技術者同士の技術交流による協創の場とします。
定員 100名 参加費:1,000円
詳細:茨城県支部HP http://www.engineer.or.jp/c_shibu/ibaraki/
問合せ: e-mail ibaraki@engineer.or.jp 担当 大脇
  12月22日 近畿本部(化学部会例会) 近畿本部大会議室 15:00

17:00
演題1:安田 稔 技術士(安田技術士事務所)「化学プラントの安全―暴走反応と粉じん爆発事故事例に学ぶ」近年、化学工場における火災爆発事故は増加傾向にある。事故の原因は安全管理がしっかりしていれば防ぐことができたものが大半である。US-CSBが作成した事故のアニメーションビデオを紹介し、事故防止対策を考える;演題2:南原 聡 技術士(化学)(石原ケミカル株式会社)「光焼成プロセスに適応した導電性銅ナノインクと印刷法による回路形成」印刷法を用いて回路形成するプリンテッドエレクトロニクスが注目されている。本講演では、原料が安価でEM(エレクトロマイグレーション) 耐性のあるCuナノインクを用いて、印刷法により回路パターンを形成し、フラッシュランプを用いて、大気下、短時間でCu回路を形成する方法(フォトシンタリング)を紹介する
参加費:講演会:日本技術士会会員; 1,000円、その他; 2,000円 懇親会:17時半−19時半;4,000円
申込み先:講演会/懇親会への参加・不参加明記、久保田正博技術士(E-mail:mskubota2001@yahoo.co.jp)宛申込み
12月22日 千葉県支部(第67回CPD 開業ノウハウ講演会) 千葉市生涯学習センター大研修室(http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html) 14:00

17:00
講演題目:「PCが乗っ取られ、ホームページも表示されない。どうして?」、講師:中野 昇 氏 (中野技術士事務所・所長)
講演要旨:「多くの事業において、コンピュータテクノロジーが崩壊するとすべての業務が停止する危険に直面する。  筆者の技術士事務所においては、度々のPCハッキングとホームページのハッキングにさらされてきた。受講者のPCも完全にクリーンであることはないと思われる。今までに何回となくハッキングされ、結果破壊された経験から、PCのハッキングのされ方についてお話する。 また、事務所のホームページも激しくハッキングにさらされており、正しく表示されない状況になっている。これも、実は多くのホームページでも、通常気にならない程度に、ハッキングされている場合がほとんどである。これらの経験と、実際に対応して得てきた対策をお話しする。」
場所:千葉市生涯学習センター 大研修室
会費:会員:1500円、非会員:2500円。
問合せ・申し込み:技術士会ホームページから。
12月22日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(特別講演会) 機械振興会館 会議室6-66(中部本部および中国本部にWEB中継) 13:30

17:00
13:30-13:35ご挨拶
13:40-15:10講演「国産航空機の開発について」、講師:久保 正幸氏(元川崎重工業)
15:30-17:00講演「宇宙のゴミ(スペース・デブリ)」、講師:加藤 明氏(元JAXA、加藤技術士事務所)
会費(資料代):会員1,000円、非会員2,000円、終了後懇親会:会費:3,500円前後、会場:神谷町駅近く。
申込は行事予定から、問合せ先:kanda@chofu.jaxa.jp神田
  1月5日 CP&RMセンター(月例会) 船堀タワーホール 第302室 14:00

16:30
【議題】安全保障貿易管理に関する 1.Expert試験対策セミナーの開催について (セミナーの詳細はhttps://www.cp-rm.jp/archives/2035を参照)、2.該非判定業務の受託、3.外為法について、4.米国EAR法について、5.時事問題:【参加費】メンバー以外 1千円:【問合せ先】kytechno@nifty.com
1月5日 新規開業技術士支援研究会 北トピア806会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:佐々木久美氏(化学)他、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
1月9日 平成31年 新春記念講演会 学士会館 202号室 16:00

17:30
■講演「 世界の動き、日本の課題;技術者の課題は何か? 」
講師 :黒川 清 氏
〔東京大学・政策研究大学院大学 名誉教授、医学博士(東京大学)〕
■参加費 : 1,000円
■定員 : 先着 150名 (定員になり次第締)
■主催 : CPD支援委員会
  1月11日 IT21の会(例会) 東京ウイメンズプラザ 第二会議室 18:30

20:30
【1】「ヘルスケア分野におけるAIの活用や医療ICTの取組み」、NTTデータ経営研究所 岸本純子マネージャー
【2】「放射線治療の最前線+総合技術監理の視点からの人財育成の取組み」、株式会社日立製作所 主管技師 富田和雄氏
【申込概要】例会会費:無料、懇親会:例会終了後にに実施(別途会費)
詳細はhttp://it21.info/
1月11日 機械部会(例会) 機械振興会館、B2-1会議室 18:00

20:30
1新春講演会「ものづくり日本大賞内閣総理大臣賞受賞報告」(第7回ものづくり日本大賞の製品・技術開発部門において内閣総理大臣賞を史上初めて技術士事務所が受賞。首相官邸での受賞式の様子、安倍総理や閣僚との技術談義等受賞秘話をご披露します)小松道男氏(小松技術士事務所 所長 ものづくり名人)。
2賀詞交歓・情報交換会「ソプラノ歌手の独唱あり」。
会費:一律2000円、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp加藤
1月12日 埼玉県支部(CPDセミナー/技術士研究・業績発表大会) 新都心ビジネス交流プラザ4F・A会議室 13:00

17:00
「技術士研究・業績発表大会」、発表数:5件(テーマ募集中、確定次第掲示)、会費:会員1000円、会員外2000円、大会後新年会を別会場(アグリコ北与野店)で17時半より開催、新年会会費:3000円
申込は行事予定から(新年会参加の有無を連絡欄に記入要)、詳細は支部HPに掲載、問合せ:saitama@engineer.or.jp
1月12日 千葉県支部(第68回CPD新春講演会) 千葉市市民会館4階第3・4会議室 14:00

16:30
CPD新春講演会
題目:南海トラフ掘削と最新日本列島論、講師:木村学氏(東京大学名誉教授、東京海洋大学特任教授)
講演要旨:南海トラフでは近い将来巨大地震と津波の発生する可能性が高いとされる。海洋底の岩盤(プレート)がトラフから沈み込むことが原因である。その理論はプレートテクトニクスと呼ばれ,1960年代末に確立した。南海トラフでの地震や日本列島の形成もこの理論の中で説明された。それから半世紀が過ぎた。今や時々刻々の地殻変動、岩盤深くの状態とその変化まで観測できるまで科学は大いに進んだ。それらを俯瞰しつつ、予想される災害への心構えも含めて議論したい。
講演会後、17:00から新年会(場所;会場周辺(別途))。
会費:1,500円(会員)、2,500円(非会員),+新年会4,000円位。
申込は行事予定から。新年会参加有無を明記願います。詳細は千葉県支部ホームページを参照願います。問合せ:日本技術士会千葉県支部企画委員会
1月15日 応用理学部会(講演会) 機械振興会館 6階6-67号室 18:30

21:00
1.講演会:地図の楽しみ方(日本地図センター 客員研究員 今尾惠介氏)
2.CPD:2.0
3.参加費:会員1,500円(交流会も参加)または1,000円(講演会のみ)、非会員2,000円、H30合格者は無料
4.講演会終了後、20時半頃より交流会予定
5.申込・問合せ:左欄の「Web申込」、または(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338
6.交流会参加希望の方は、Web申込「主催者への連絡事項」の欄に「交流会参加」とご記入ください。
1月16日 建設部会(講演会) 機械振興会館 6階6−67会議室 18:00

19:30
「(仮)建設コンサルタント業務の最新の動向と今後の目指すべき方向」、講師:一般社団法人 建設コンサルタンツ協会 会長 村田和夫氏(株式会社建設技術研究所社長)
会費:会員1,000円、一般2,000円、定員55名(先着受付順)、申込はHP左欄の「申込」ボタンから(申込〆切 1月10日(木))
1月18日 原子力・放射線部会(第63回技術士の夕べ) 機械振興会館地下3階研修室-2 18:00

20:00
講演:「原子力プラントの安全性向上対策の動向(仮題)」講師:成宮祥介氏(一般社団法人原子力安全推進協会/JANSI)
新規制基準施行後、一部のプラントでは再稼働を果たし、徐々に再稼働対応から安全性向上対策に移行している。安全性向上対策は対象分野が幅広く、事業者の自主的な取り組みであることから、より多角的な観点での専門家によるレビューが求められる状況にある。本公演会では、安全性向上対策について知見を深め、資質を身につけるための一助とする。
会費:会員500円 会員外1000円 その他詳細は決まり次第部会HPに掲載します。
問合せ:担当/菊池 hirohiko_kikuchiΣmhi.co.jp(送信時にはΣを@に変更願います。)
1月19日 1月度修習技術者研修会/修習技術者発表研究会 機械振興会館 B3階 研修2会議室 13:00

18:00
■修習技術者研修会 : 「業務遂行能力」 コミュニケーション研修会3
◆講師・秋田義一 氏 〔一般社団法人話力総合研究所 理事長〕による講演および演習
※詳細決まり次第HPに掲載します。
■修習技術者発表研究会 : 2名発表予定
■参加費(つり銭無きようお願いします。)
 準会員、一次試験"平成30年度"合格者、JABEE認定課程平成29年度修了者、学生 1,000 円/正会員 2,000円/上記以外(非会員) 3,000 円
※ 18:10〜情報交流会に参加する場合は 1,000円追加
■定員 : 先着40名(定員になり次第締切)
■主催 : 修習技術者支援委員会
1月19日 環境マネジメントセンター 未定 10:00

12:00
例会(情報交換)、ミニ講演:未定、講師:未定、申込は行事予定から。
  1月19日 青年技術士交流委員会(初中級向け 英語例会) 械振興会館 6F 6D-4 13:30

19:30
英語に苦手意識を持つ技術者が多い中、英語の必要性は国際化と共に必須になってきました。企業によっては昇格基準に英語があると聞きます。そこで、青年技術士交流委員会では毎年好評の英語企画を、実践的なSpeakingおよびListeningに焦点を当てて練り直しました。多くの皆さんとゲームやグループトークを通じて、交流し、英語を楽しみながら学びましょう!是非ご参加下さい。 また、本イベントでは2018年11月シンガポールで開催されたCAFEO派遣報告も行います。
※通信欄に【交流会の参加/不参加】を記載してください。
■初中級者対象
■定員制(先着順)
■参加費無料、終了後交流会(実費)
■受付13:15
■テーマ「Let’s talk in English! Let’s interact!!」13:30〜17:10
■交流会17:30〜19:30
■締切1月7日
■申込は行事予定から。
■詳細は青年技術士交流委員会のブログ(https://peyec.jp)をご覧ください。
■問合せ:event01☆peyec.jp(☆を@に変えてご送信ください)
1月24日 環境部会(2018年度1月講演会) 機械振興会館 18:30

20:40
演題:「(仮)遥かな尾瀬の水環境史ー湿原環境モニタリングと将来について」、講師:国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター生態系機能評価研究室長 野原精一様
会費:会員1,000円(入会1年未満は免除)、非会員2,000円
※詳細は部会HPでご案内します。
1月26日 経営管理チーム(1月例会) 機械振興会館B3-1会議室 14:00

17:00
講演題目:「胆振東部地震と近代経営工学」、講師:黒沼精一氏 (黒沼技術コンサルタント)
講演要旨:「胆振東部地震に於いて,北海道全域では48時間におよぶ停電・断水が発生しました。非常電源が作動した住宅物件では,停電・断水は回避できましたが,厳冬期ならどうする?安全な住宅物件への需要が高まりつつ有ります。これらのデータベース構築するために,PDCAデミングサイクルなど近代経営工学を活用し,イギリス産業革命,エジプト国内移動のリスク管理,シルクロード横断バスのマネジメントなど,話題提供いたします。今後発生しうる自然災害で,多くの生命が助かれば幸いです。」
会費:KKT会員千円、KKT会員外:2千円。(KKT=経営管理チーム) 講演後ワンドリンク交換会
問合せ・申し込み:技術士会ホームページ行事予定から。又はrxi00246@eastcom.ne.jp 熊田 まで
1月26日 埼玉県支部(新規開業セミナー) 新都心ビジネス交流プラザ B会議室(JR埼京線北与野駅徒歩2分) 13:30

17:00
3人のベテラン技術士による講演「新規開業の基本事項・事例」増古恒夫氏(増古技術士事務所)、「60歳過ぎてからの技術士挑戦、70歳過ぎてからの開業事例と課題」村山肇氏(村山技術士事務所)、「定年を機に開業した事例と課題」須郷均氏(Office Morino)、定員:20名、会費:会員2,000円、非会員3,000円、申込:左のHP行事申込ボタンより、詳細は支部HPより
問合せ先:saitama@enjineer.or.jp
1月26日 上下水道部会2(1月度講演会及び一次試験合格者歓迎会) 機械振興会館6F 67号室 13:00

17:00
演題:「(仮)水道を取り巻く課題と技術士の役割 」、講師:馬場 未央氏(株式会社 東京設計事務所)、会費:講演会1,000円(会員以外2,000円)、祝賀会2,000円、一次合格者は無料、詳細は部会HP、申込は行事予定から、祝賀会参加の有無を必ず明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp
1月26日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(連絡会・1次試験合格者歓迎会・話題提供・講演会) 機械振興会館 会議室6-65(中国本部にWEB中継) 13:30

17:00
13:30-14:10 部会連絡会
14:10-14:40 1次試験合格者歓迎会
14:50-15:20 話題提供:「海の環境規制概説」,講師:渋谷 高広氏(エントラストエンジニアリング)
15:30-17:00 講演会:「航空エンジン用耐熱材料とプロセスに関する研究開発の現状と課題」,講師:佐藤 彰洋氏(IHI 基盤技術研究所 材料研究部)
会費(資料代):会員1,000円、非会員2,000円、終了後懇親会:会費:3,500円前後、会場:神谷町駅近く。
※今年度の1次試験合格者の方におかれましては、会費および懇親会費は無料です。
申込は行事予定から、問合せ先:kanda@chofu.jaxa.jp(神田)
1月27日 長野県支部(南信ブロックCPD講演会) 信州大学農学部(長野県上伊那郡南箕輪村8304) 13:30

15:00
◆講演:「幹細胞工学による食料生産への活用」
◆講演概要:再生医療で脚光を浴びている幹細胞工学の食料生産への応用について概説と施設見学
◆講師:信州大学農学部 鏡味 裕教授
◆参加費:会員500 円(一般1,000 円)、学生無料
◆会場:信州大学農学部(長野県上伊那郡南箕輪村8304) 12番講義室
◆申込締切:平成31年1月25日(金)
◆問合せ:penagano@penagano.org、fax:0263-48-0009
1月28日 技術士包装物流グループ(1月度研究会) 日本マテリアルフロー研究センター会議室 18:00

20:00
講演:「建設のロジスティクス」、講師:株式会社SK物流技術研究所、中澤喜久雄氏(技術士、当会会員、日本技術士会経営工学部会長)
内容:建設のロジスティクスの合理化、システム化の為の活動を実施。その内容を紹介予定。1.建設資材共同配送による配送合理化(物流センター方式、巡回集貨方式)、2.共同配送のための物流EDIシステム開発、3.現場内でのJIT搬送(揚重・間配り)、4.建設EDI実施事例(鹿児島建築市場)の調査・展開、5.インフィル流通・コンバージョン工事物流、6.リバースロジスティクス(巡回回収)、7.RFID利用による建設資材のトレーサビリティ
会費:2,000円(当会会員以外の方)、申込:坂巻千尋 chihiro.sakamaki@toppan.co.jp
1月29日 神奈川県支部(1.賀詞交歓会特別講演会/第76回CPD講座) 波止場会館4階大会議室(横浜市中区海岸通1−1) 15:00

17:00
「マッハ5で飛行する極超音速旅旅客機の研究開発」
1960年代に開発された超音速旅客機コンコルドが退役して15年、新たな技術を結集した次世代の超音速旅客機を研究開発する機運が世界で高まってきております。日本でも宇宙航空研究開発機構(JAXA)が中心となってマッハ5を目指した旅客機の研究が進んでおります。 マッハ5で飛行する極超音速旅客機が実現すると、日本からアメリカに2時間で飛行でき、大陸間移動における乗客への負担を大きく軽減することができます。 今回の講演では、JAXAで行われている極超音速旅客機に関する研究開発の成果概要と将来構想を、研究開発リーダーの田口秀之氏に紹介して頂きます。
◆講師:田口秀之氏(JAXA推進技術研究ユニット研究計画マネージャ)
◆参加費:正会員・準会員千円、未入会技術士2千円
◆期限:2019年1月21日
◆申込み:左の申込ボタン、FAX045-210-0338
※問合せ:県支部事務局045-210-0337
1月29日 神奈川県支部(2.賀詞交歓会) 波止場会館5階多目的ホール(横浜市中区海岸通1−1) 17:15

19:00
賀詞交歓会
◆参加費:3千円
◆申込み:左の申込ボタン、FAX045-210-0338
◆問合せ:支部事務局045-210-0337
  2月1日 IT21の会(例会) 東京ウイメンズプラザ 会議室 18:30

20:30
「IoTで創る未来」アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ストラテジックアカウントマネージャー 門田 進一郎氏、概要:本格的なIoT実装と成長し続けるAI活用で共創する未来の先進的事例を、Amazon Go(無人コンビニ)やEcho(スマートスピーカー)などでIoT/AI活用の潮流を創り出す世界企業アマゾン。  その企業文化と、AmazonのクラウドサービスAWSがIoT/AI導入で多くの業界に与えるインパクトを事例で紹介します。
【申込概要】例会会費:無料、懇親会:例会終了後にに実施(別途会費))
詳細はhttp://it21.info/
2月2日 新規開業技術士支援研究会 北トピア808会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:加藤秀昭氏(機械)、立石佳津夫氏(機械)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
2月2日 農業部会(2.講演会) 機械振興会館 13:50

17:00
講師選定中、申込みは行事予定から、情報交換会への参加不参加を明記
問合せ:JAG03266@nifty.com担当:湯川
2月5日 資源工学部会(講演会) 機械振興会館(6F会議室6-61) 18:00

20:00
「再生可能エネルギー(地熱・地中熱)及び未利用エネルギー(廃熱)を活用した、融雪システムの開発普及の取り組みについて」(株)アールアンドイー 米田直司氏 技術士(資源工学)
会費:1,000円、申込はHP行事予定から。
問合せ:m-mizuno@violet.plala.or.jp
2月16日 生物工学部会(1.技術士第一次試験新合格者顔合わせ会・東京会場) 機械振興会館 6D-4会議室 14:00

17:00
技術士第一次試験新合格者顔合わせ会(東京会場)を開催。
講演:山本泰徳会員(花王株式会社) 「ティッシュエンジニアリング手法による三次元生体組織の作製」
申込締切は2月9日。 詳細は部会HPまで。
問合せ:kuboceo@gmail.com久保
2月16日 生物工学部会(2.技術士第一次試験新合格者顔合わせ会(東京会場)技術懇話会) 機械振興会館 6D-4会議室 17:00

19:00
講師を交えて、技術懇話会を開催予定。
申込締切は2月9日。 詳細は部会HPまで。
問合せ:kuboceo@gmail.com久保
2月19日 応用理学部会(講演会) 機械振興会館 6階6-67号室 18:30

21:00
1.講演会:準天頂衛星に関する最新の話題提供(仮)(内閣府 宇宙開発戦略推進事務局 技術参与 今給黎哲郎氏)
2.CPD:2.0
3.参加費:会員1,500円(交流会も参加)または1,000円(講演会のみ)、非会員2,000円、H30合格者は無料
4.講演会終了後、20時半頃より交流会予定
5.申込・問合せ:左欄の「Web申込」、または(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338
6.交流会参加希望の方は、Web申込「主催者への連絡事項」の欄に「交流会参加」とご記入ください。
2月20日 金属部会(講演会) 機械振興会館 6階65号室 18:00

20:30
「最近の鉄鋼技術の動向と将来の国内製鉄所のあり方」竹本統氏 竹本技術士事務所、会費2000円夕食付、食事無1000円、申込は会HP行事案内(食事無は備考欄に)
問合せ:yamazaki@seishin-ip.com
2月23日 生物工学部会(1.技術士第一次試験合格者顔合わせ会・大阪会場) 大阪市立西区民センター2F第3会議室 13:00

17:00
技術士第一次試験合格者顔合わせ会(大阪会場)を開催。
講演:井元勇介会員(三和酒類)「(演題未定)」(詳細調整中)、 その後、会場付近にて懇親会を予定。
詳細・問合せは部会HPまで。kuboceo@gmail.com久保
2月23日 生物工学部会(2.技術士第一次試験合格者顔合わせ会(大阪会場)懇親会) 会場未定 17:00

19:00
講師も交えて、懇親会を開催予定。
詳細・問合せは部会HPまで。kuboceo@gmail.com久保
2月28日 環境部会(2018年度2月講演会) 機械振興会館 18:30

20:40
「第5次エネルギー基本計画」をテーマに演題・講師を調整中。
会費:会員1,000円(入会1年未満は免除)、非会員2,000円
※詳細が決まり次第部会HPでご案内します。
3月28日 環境部会(2018年度3月講演会) 機械振興会館 18:30

20:40
「RE100」をテーマに演題・講師を調整中。
会費:会員1,000円(入会1年未満は免除)、非会員2,000円
※詳細が決まり次第部会HPでご案内します。
4月6日 農業部会(2.講演会・合格者歓迎会) 機械振興会館 13:50

17:00
講師選定中、申込みは行事予定から、情報交換会への参加不参加を明記、新規合格者は無料
問合せ:JAG03266@nifty.com担当:湯川