一般CPD行事案内 2017/09/26 01:49

以下の行事は、公益社団法人日本技術士会の会員以外の方もご参加いただけます。 「申込」ボタンの付いている行事は、「WEB参加申込」をして下さい。
なお、この申込メニューは会員以外の方専用ですので、当会会員の方は「会員コーナー」の 「会合・CPD行事予定(パスワードの取得が必要)」からお申し込み下さい。
 
               行事検索    
 主催者:
 キーワード1:
 キーワード2:
 (*)が検索対象(AND条件)
2017年09月26日以降の行事を表示しています。 9月 10月 11月 12月 1月 2月 

「WEB参加申込」の説明       
*行事名が下線付きになっているものは、クリックして戴くと詳細情報を表示します。

WEB
申込
開催日 曜日 会合・行事名(*) 場所(*) 時間 内容/連絡先(*)
9月28日 化学部会(講演会) 葺手第二ビル 13:30

17:00
1) 「新しい機能の発現を目指したガラス素材の開発」赤井智子氏(産業技術総合研究所無機機能材料研究部門 高機能ガラスグループ長)
2) 「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)「革新的構造材料」〜航空機用構造材料開発の概要」宮井清一氏 技術士(化学) (JST技術主幹)
参加費:会員・関連学協会会員1,000円、会員外2,000円。
申込:左欄の「申込」ボタン、または「沢木」まで。TEL/FAX 03-6433-9696、問合せ:cycle.sawaki@nifty.com
9月28日 環境部会(H29年度9月講演会) 葺手第二ビル 18:30

20:40
演題:「需要予測で経営力を強化する-電力・食品の需要予測事例-」、講師:中塚 誠次 氏【技術士(環境部門)、(一財)日本気象協会】
会費:会員1,000円、非会員2,000円
※詳細は、部会ホームページ(下記)でご案内いたします。http://www.engineer.or.jp/c_dpt/kankyo/
9月28日 東北本部(ふくしま未来委員会・講演会) (株)ユアテック本社 13:30

16:30
初回講演会『ふくしまの未来に向かって』、講演1「きづなのちから」国立大学法人福島大学 共生システム理工学類・上石 美咲氏(第53代・第54代 ミスピーチキャンペーンクルー)、講演2「水力発電が日本を救う」元国土交通省 河川局長・竹村公太郎氏(日本水フォーラム事務局長)
参加費:無料、募集人員:150名(申込み先着順)、問合せ・参加申込先 :日本技術士会東北本部事務局 TEL:022-723-3755 FAX:022-723-3812  E-mail:tohokugijutushi@nifty.com
9月29日 上下水道部会2(9月度講演会) 葺手第二ビル 18:30

21:00
演題:(仮)「下水道におけるストックマネジメント事例(管路・土木・設備)〜東京、大阪、横浜など」、講師:黒住光浩氏(公益社団法人 日本下水道協会 常務理事)
会費:講演会 1,000円(会員以外2,000円)、懇親会2,000円、詳細は部会HP参照、申込は行事予定から、20:00からの懇親会参加の有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp担当松山
  9月29日 北陸本部(青年技術士交流委員会平成29年度見学会) 高速道路管制センター(新潟市)、NSコンピューターサービス(長岡市) 13:00

17:40
青年技術士交流委員会の企画による“地域の活力・底力”をメインテーマにした見学会。今回は「情報システムと危機管理対策」と題して、東日本高速道路(株)新潟支社様が管理する高速道路管制センターおよびNSコンピュータサービス(株)様のデータセンターへの見学を企画。新潟駅南口の集合解散、終了後交流会有り。
詳細申込:北陸本部HP:http://gijyutsu.whitesnow.Jp/、北陸本部事務局TEL:025-281-2009
  9月30日 機械部会(土曜例会) 葺手第二ビル 14:00

18:30
【募集中止】(定員に達しましたので、応募受付を中止します)
◇「伝わる×魅せる=人や組織を動かす!”プレゼンの構造研修”」市川真樹氏(プレゼンテーション・デザイナー)、講演後懇親会、会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp渋谷
  9月30日 四国本部(第52回CPDセミナー・公開講座) 阿波観光ホテル(徳島県徳島市) 13:30

20:30
第52回CPDセミナー・公開講座,終了後懇親会
CPDセミナー:「人工知能による技術革新〜基本概念と応用事例〜(仮題)」阿南高専創造技術工学科 教授 中村雄一氏
公開講座:「古事記の時代から続く神社についての話と神社とお寺の関係・相違点及び現代の状況(仮題)」日枝神社 宮司 福成 照夫氏
会費:会員1,000円,非会員2,000円,一般・学生無料,懇親会費は別途5,000円
申込は行事予定から,連絡先:(公社)日本技術士会四国本部事務局 TEL:087-887-5557 FAX.087-887-5558,ipej-shikoku@me.pikara.ne.jp
9月30日 神奈川県支部(第59回CPD講座) 技能文化会館(JR関内駅から徒歩5分)https://gibun.jp/ 13:30

16:30
◆海外建設プロジェクトの新たな展開◆
講演1「海外建設プロジェクトとコンサルティングエンジニア」(講師:建設技術研究所国際部顧問・伊藤一正氏),講演2「30年間の海外道路BOT事業の経験と今後の維持管理運営事業の展開」(講師:熊谷組執行役員 経営企画本部副本部長大島邦彦氏),詳細:本部・支部HP参照
◆受付開始:13:00
◆会費:正会員 2千円、準会員 1千円、非会員 3千円、定員:90名
◆申込み:左欄の「申込ボタン」、FAX045-210-0337、E-mail:kanagawa@engineer.or.jpより
◆期限:9月27日★問合せ:支部事務局 TEL:045-210-0337★無断欠席された場合は費用を後日請求させていただきます。
9月30日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(連絡会・講演会) 葺手第二ビル 13:30

17:00
13:30-14:10 部会連絡会
14:20-17:00 講演会:「零戦の振動」講師: 安藤 隆幸氏 (株式会社エアロメカ)
会費:1,000円(資料代)、終了後懇親会:会費:3,000円前後、会場:神谷町駅近く。
申込は行事予定から、問合せ先:kanda@chofu.jaxa.jp神田
9月30日 中国本部(岡山県支部9月例会合同見学会/中国本部建設部会・応用理学部会共催) 福山市神辺町・堂々川砂留群・御領古墳群 11:45

17:30
11:45JR岡山駅西口集合。13:30〜16:00現地見学(堂々川砂留群、御領古墳群)。17:30JR岡山駅西口着解散。
定員:20名(岡山県支部)、会費:会員1,000円、非会員2,000円
問合せ:岡山県支部事務局Tel 086-254-2422、E-mail:okayama@ipej-chugoku.jp
9月30日 中国本部(建設部会・応用理学部会共催/岡山県支部合同見学会) 福山市神辺町・堂々川砂留群・御領古墳群 10:30

18:00
10:30JR広島駅新幹線口集合。13:00JR福山駅。13:30〜16:00現地見学(堂々川砂留群、御領古墳群)。18:00JR広島駅新幹線口着解散。
定員:40名(中国本部)、会費:会員3,000円、非会員4,000円
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
9月30日 中国本部(事業委員会/修習技術者試験委員会 第3回技術者研鑽セミナー) 第3ウエノヤビル 6F 13:30

19:30
13:30から19:30 セミナー「申請書の書き方〜ものづくり補助金を例として」正井慎悟氏(経営工学部門)、「平成28年度合格体験談」谷本浩一氏(化学部門)、小林強志氏(機械部門)、終了後懇親会修習技術者(会員)
・学生無料、技術士(会員)500円、非会員1000円、懇親会1000円
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
  9月30日 日中技術交流センター(中国語勉強会) 築地社会教育会館第2洋室 13:00

17:00
*中国語発音(基本的発音から中国人が聞いてわかる発音まで)、*簡単会話について聞く力と話す力、*テキストも1部使用。
講師:松岡(ハオジン)先生、初級:13:00〜15:00 中級:15:10〜17:00、場所:葺き出ビル技術士会会議室又は築地社教他(場所の変動に留意ください)、頻度:月2回程度土曜日、費用:25000円(6カ月)
連絡先:河内山勝晴(kochiyama@opal.ocn.ne.jp)授業参観等気楽に立ち寄り下さい。
10月4日 経営工学部会(10月例会) 葺手第二ビル 18:00

21:00
第1部:部会報告。
第2部:講演会(技術士業績発表)「ISO 9001:2015のサービス関連企業への展開と企業倫理」講師志澤達司氏、「ISO9001:2015に基づいて初めてのQMS構築に取り組んだ製造業の事例」講師熊田成人氏。
第3部ワンドリンク交流会。
参加費:会員1000円、非会員2000円。詳細は部会HP参照。申込はHP行事予定から。
問合せ:satake@wta.att.ne.jp担当:佐竹
10月5日 埼玉県支部(CPD特別講演会) 浦和コミュニティセンター 10階 第14集会室(浦和駅前パルコ10階) 18:15

20:00
◆女性活躍推進セミナー:「女性活躍社会は実現するか?女性男性とわけない社会に向けた日本の発展のキーはボーダレス」女性経営者から見た課題や解決策等体験を通じて講演
◆講師:日本電鍍工業(株)代表取締役社長 伊藤麻美氏
◆埼玉県共催、会費:無料、詳細は支部HP参照、申込は行事予定から、問合せ:saitama@engineer.or.jp
  10月6日 IT21の会(例会) 葺手第二ビル 18:30

20:30
10月例会
講演:気象情報の定量的利用による航空機運航の安全性/効率性向上に向けて、講師: 又吉直樹氏(JAXA航空技術部門 主幹研究開発員)
会費: 無料、終了後懇親会あり(会費別途)
詳細・申し込みは9月4日以降http://it21.info/
  10月6日 四国本部(第37回地域産学官と技術士との合同セミナー) 高知会館(高知県高知市) 13:30

19:25
第37回 地域産学官と技術士との合同セミナー『生産性の向上に向けて』,終了後懇親会
基調講演:「産学官の連携による新たな防災工学の実践」高知大学 理工学部 地球環境防災学科 教授 原 忠氏
パネルディスカッション:「生産性の向上に向けて」 ・高知大学 教授 原 忠氏,・(株)技研製作所 東京本社 圧入工法推進事業担当 執行役員 安岡 博之氏,・福留開発(株) 常務取締役 大場 将史氏,・高知工業高等専門学校 ソーシャルデザイン工学科 准教授 秦 隆志氏,・国土交通省四国地方整備局 企画部 総括技術検査官 門田 隆志氏,・高知県 中央東土木事務所 所長 竹崎 幸博氏,・日本技術士会 河野 一郎氏
会費:セミナー参加費:無料,懇親会費は別途5,000円
申込は行事予定から,連絡先:(公社)日本技術士会四国本部事務局 TEL:087-887-5557 FAX.087-887-5558,ipej-shikoku@me.pikara.ne.jp
  10月6日 北陸本部(新潟県建設関連産業若手マンパワーアップ小委員会研修会) 新潟日報メディアシップ20Fそらの広場(新潟市中央区万代) 15:30

17:00
テーマ:女性・若手で考える建設関連産業の未来の集い、講演:「僕らが描く建設産業の未来像」、講師:大竹雄氏(新潟大学工学部社会基盤工学プログラム准教授)、発表:「建設関連産業について〜それぞれの視点から」、1.新潟大学学生、2.瀬戸民江氏(新潟県土木部)、3.小林龍平((株)水倉組)、4.市橋泰子氏((株)興和)、パネルディスカッション:「建設関連産業での女性・若手が活躍するためのロードマップ」、コーディネーター:大竹雄氏
詳細・申込:北陸本部HP:http://gijyutsu.whitesnow.Jp/、北陸本部事務局TEL:025-281-2009
  10月7日 CP&RMセンター(月例会) 葺手第二ビル 13:00

17:00
【議題】安全保障貿易管理に関する1.Expert試験対策セミナー、2.該非判定、3.外為法関連、4.米国法EAR、5.トピックス、6.HP:【参加費】メンバー以外 1千円:
【問合せ先】kytechno@nifty.com
10月7日 四国本部(第31回 修習技術者支援セミナー) こうち男女共同参画センター「ソーレ」3階研修室2 13:30

16:40
修習技術者支援セミナー:「修習ガイドブック第3版」修習技術者支援委員会、「試験合格者による体験談発表」合格者2名
会費:学生・一般市民無料、会員1,000円、会員以外の方2,000円、上記以外のIPD(CPD)行事参加証明書を必要とされる方2,000円
申込は左欄の「申込」ボタンから。問合せ:(公社)日本技術士会四国本部事務局TEL:087-887-5557,FAX:087-887-5558,E-mail:ipej-shikoku@me.pikara.ne.jp 、申込締め切り:10月2日(月)
10月7日 新規開業技術士支援研究会 北トピア803会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:平田一成氏(金属)、新井田有慶氏(金属)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
10月7日 神奈川県支部1(2017年度サイエンスカフェ) 横浜市中区山下町 シルクセンターB1F中会議室 10:00

12:00
■演題:「カミキリムシの多様性講座」
■講師:新里達也 氏(株式会社環境指標生物 代表取締役、農学博士、技術士(建設、農業、森林、環境、総合技術管理))
■内容: カミキリムシは植物食で、幼虫は主に死んだ材組織を食べて成長する。多くは私たち人間に害益を及ぼさないただの生物多様性の賑わいの一員である。 講師はこのカミキリムシの魅力に惹かれ、それを材料にして分類学を中心に30年余研究を続けてきた。本サイエンスカフェでは、カミキリ学の基礎に始まり、その形態の多様性や風変わりな生活史などを紹介するとともに、新種発見談やフィールド調査の醍醐味、そうした研究にまつわる四方山話をご披露することで、参加者と“あまり役に立たない知”の共有をはかりたい。
■会費: 会員500円、一般無料
■申込先: 左欄の「申込」ボタンから または氏名、部門、所属、連絡先住所、E-Mailを記入の上、神奈川県支部事務局にEメール(kanagawa@engineer.or.jp)又はFAX(045-210-0338)で申込。申込締切り: 9月29日(金)
問合せ:支部事務局(TEL:045-210-0337)
  10月7日 中部本部(愛知県支部ワークショップ) 名古屋学院大学日比野学舎301号室 13:00

17:00
テーマ「エネルギー・環境・技術動向と企業活動」、研究会での話題や議論の報告
会費:会員千円/非会員二千円/学生五百円、懇親会有(3500円)、申込は中部本部(g-chubu@asahi-net.email.ne.jp)へ
  10月7日 中部本部(中部航空部会10月例会) 岐阜大学サテライトキャンパス多目的講義室(中) 10:00

12:00
講演「ラムジェット推進について」、講師:堀内和男会員(機械部門)
連絡先:堀内kazuo_horiuchi@tohmei.com
  10月7日 長野県支部(中信地区CPD研修会) 木曽郡上松町ひのきの里総合文化センター 10:00

17:00
★定員に達しましたので募集を締め切ります
講演「木曽の水力開発の歴史」、現地見学:三浦ダム、長野県西部地震の王滝川せき止め湖
参加費2,000円、詳細は案内文書をご覧ください。
※本見学場所は、入林規制があり一般者の通行はできません。是非、この機会に見学ください。
問い合わせ先:長野県支部事務局penagano@penagano.org
10月10日 資源工学部会(講演会) 葺手第二ビル 18:00

20:00
「海底鉱物資源開発に伴う環境影響評価について(仮)」国立研究開発法人海洋研究開発機構  海底資源研究開発センター 調査役福島 朋彦 氏、会費:1000円 申込はHP行事予定から
問合せ:m-mizuno@violet.plala.or.jp
  10月11日 近畿本部(第1回近畿本部建設部会見学会) 安威川ダム建設事務所管内 13:30

16:00
大阪府安威川ダム建設事務所管内「安威川ダム本体工事」
現地見学会、詳細は後日、近畿本部ホームページに掲載します。
担当:amari@daiichi-skc.co.jp
10月12日 衛生工学部会(部会・講演会) 葺手第二ビル 18:00

20:00
部会:18:00〜18:30。講演会:18:30〜20:00。
テーマ:「ゼロエネルギー建築と居住域空調方式の可能性(仮)」。講師:秋元 孝之氏(芝浦工業大学 工学部建築工学科教授)。
参加費:会員1,000円,非会員2,000円、H28年度合格者無料。終了後神谷町駅周辺にてにて懇親会を開催(懇親会の参加・不参加を明記、参加費別途)。
連絡先(広瀬主典):hirose-k04@kandenko.co.jp
  10月13日 企業内技術士交流会(シンポジウム2017) 芝浦工業大学豊洲キャンパス 13:30

17:30
テーマ:「AIは地球を救う!? 〜AI(人工知能)でくらしやビジネスがどう変わるか〜 」、講師は人工知能学会長山田誠二氏他、申込みは交流会HPからhttp://www.ipej-kigyonai.jp/
10月13日 機械部会(例会) 葺手第二ビル 18:30

20:30
「再生エネルギーの利活用と小規模分散発電システム」(最近の再生可能エネルギー利活用の状況を紹介すると伴に、同エネルギーや化石燃料を熱源とする小規模分散発電システムの開発動向〈主にスターリングエンジン〉について概説する。)関谷弘志氏(早稲田大学大学院、環境・エネルギー研究科、教授)
会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp渋谷
  10月13日 東北本部(応用理学部会第3回技術サロン) 日立システムズホールズ(仙台青年文化センター)研修室3 18:00

20:50
1「古い時代のテフラを識別する〜アパタイト微量元素をもちいたテフラの対比」、桑原 里氏(東北大学大学院博士後期課程。2「ベトナム地すべりツアー報告」、今野 隆彦氏、((有)ジオプランニング)、意見交換会1.000円。
申し込み問い合わせは東北本部事務局または、応用理学部会代表幹事今野までtell022-348-6923 FAX022-348-6965まで
10月13日 農業部会(現地見学会) 千葉県下房総半島方面 8:30

18:30
房総方面農業関係施設見学、8:30JR品川駅集合、バスで移動、見学施設:鋸南町役場(鳥獣害対策等)、須藤牧場(酪農)、千葉県畜産総合研究センター嶺岡乳牛研究所及び千葉県酪農のさと、18:30頃JR川崎駅解散
定員(40名)になり次第締切、申込は行事予定から、会員3,000円、非会員4,000円(事前振込制)
問合せ:gyukaw0@kaiyodai.ac.jp湯川
10月14日 技術士ライフプラン研究会(講演会) 学びピア21研修室2(足立区生涯学習センター、足立区千住5-13-5) 13:30

17:00
講演1「竹内技術士事務所 栄光の架け橋」竹内利一氏(機械)、講演2「65歳からの独立開業、1年間の振り返り〜安藤流技術士ライフプラン〜」安藤克己氏(機械・金属・総監)、終了後懇親会あり
会費:一律1000円、懇親会3000円、10moaki.nakai1@jcom.home.ne.jp中井
  10月14日 九州本部(北九州地区CPD 施設見学会) 北九州市戸畑区銀座二丁目6−27(ニッスイパイオニア館) 13:30

17:00
見学会「施設見学」「ニッスイパイオニア館概要説明(ビデオ鑑賞等)」 藤平氏(館副館長)、九州本部・北九州地区支部からの講演「未 定」松原 千恵(建設・水産部門)「施設見学」
問合せ:小柳TEL:093-612-0191
10月14日 情報工学部会(ワークショップ) 機械振興会館6D-4 13:30

17:30
◆テーマ:システム開発におけるトラブルの模擬裁判
◆講師:尾城 亮輔弁護士(桃尾・松尾・難波法律事務所)
◆プログラム:13:30〜17:30 講演・寸劇・ワークショップ、17:35〜19:00 懇親会
◆参加費:会員2,000 円(非会員4,000 円)、懇親会費:2,000円程度。当日、受付にて徴収します。
◆申込方法:左欄の「申込」ボタンよりお申込みください。その際に、懇親会の出欠を連絡事項欄にご記入願います。詳細は、http://www.ipej.net/まで。
◆定員:40名(申込順、定員になり次第締切ます)
◆申込締切:平成29年10月6日(金)
◆連絡先:(正)岡田、(副)加納IPEJ16@googlegroups.com(部会幹事ML)
  10月14日 千葉県支部(第53回CPD科学技術講演会・見学会) 千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス 8F教室 14:00

17:30
★定員に達しましたので、お申し込みは締め切りました
1.講演「AI・ロボット技術の動向」先川原 正浩氏 千葉工業大学未来ロボット技術研究センター室長
2.映画((宇宙138億年の旅)
3.ロボット展示室ほか見学
会費:会員1,500円、申込は行事予定から、定員80名、定員になり次第締め切り
問合せ:日本技術士会千葉県支部企画委員会
10月14日 平成29年10月度修習技術者研修会/修習技術者発表研究会 葺手第二ビル 13:00

18:00
■修習技術者研修会 : 「業務遂行能力」 コミュニケーション研修会3
◆レゴ®シリアスプレイ®(LEGO®SERIOUS PLAY®)を活用したワークショップ 〜新しい価値の創造〜
 講師 : 城下りえ 氏 〔Certified Facilitator of LEGO® SERIOUS PLAY®method and materials〕
■修習技術者発表研究会 : 1名発表予定
■参加費 : 準会員・平成28年度一次試験合格者・JABEE 認定課程修了者・学生、大学院生 1,000 円/正会員 2,000円/上記以外(非会員) 3,000 円
※ 18:00〜情報交流会に参加する場合は 1,000円追加
■定員 : 先着30名(定員になり次第締切)
■主催 : 修習技術者支援委員会
10月15日 中部本部(中部倫理委員会10月セミナー) 名古屋学院大学日比野学舎301号教室 13:00

17:00
行事の名称:シリーズセミナー「時の課題等の解決を模索する」、第2回「企業不祥事はなぜ繰り返されるのか、東洋ゴム工業のデータ改竄」
開催日、時間:平成29年10月15日(日)13:00〜16:00、会場:名古屋学院大学日比野学舎3階301号室(名古屋市熱田区大宝三丁目1番17号、地下鉄名港線日比野駅5番出口すぐ)
講演内容 春田要一:「東洋ゴム工業のデータ改竄はなぜ繰り返されるのか〜背景にある構造的・体質的問題点等を考える〜」、グループワーク「1.何度も再発防止策を発表しているが何故不正がなくならないのか?、2.是正措置としての再発防止策として何が不足しているのか?、上記課題をミクロ(個人)、メソ(組織)、マクロ(政治)の観点で考えてみよう!!」
詳細は中部本部HPへ(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/index.html)、会費:日本技術士会会員:1,000円・会員外:2,000 円、学生:無料(懇親会:無)、申込み先:10月セミナー申込フォームからhttps://goo.gl/forms/kKMPB6e1k2Z3pGtH3
申込み期日:10月11日(水)まで、連絡先(氏名とメールアドレス):中部本部倫理委員会 鈴木 朗:akira-suzuki@abelia.ocn.ne.jp
10月18日 科学技術鑑定センター(月例会) 葺手第二ビル 18:00

19:30
鑑定事例講演演題「エネルギープラントの劣化事故鑑定」 演者:会員=川中 勉(川中技術士事務所)
■会員外参加希望者は事前連絡要。
■連絡先:総務幹事 掛川昌俊 (メール:kkgw@yk2.so-net.ne.jp
  10月18日 環境部会(H29年度10月見学会) 東京外かく環状道路(JR新宿駅西口付近集合) 12:00

18:30
内容:1)東京外かく環状道路の概要、2)道路構造、3)みどりの保全に関する見学
定員:27名(定員となり次第、申込み締切)
会費:会員1,000円、非会員2,000円
申込み方法:Eメール(宛先ipej_env@yahoo.co.jp)、件名を「環境部会10月見学会」とし、お名前、ご所属、連絡先を明記
※詳細は、部会ホームページ(下記、申込み者には別途連絡)
http://www.engineer.or.jp/c_dpt/kankyo/
10月18日 建設部会(講演会) 日本工営(株) 本社九段オフィス 中庭棟 4F 会議室 18:00

19:30
演題:「交通ビッグデータ等の新技術を活用した都市のコンパクト化に向けた取り組みの考え方」
講師:新階寛恭氏 国土交通省国土技術政策総合研究所都市研究部都市施設研究室長
会費:会員、準会員1,000円、一般2,000円、定員40名
申込は行事予定の左欄「申込ボタン」から、先着受付順、申込〆切 10月11日
10月18日 中国本部(青年技術士交流会・10月例会)) 中国本部事務局会議室 18:30

20:00
例会(情報交換)、山口全国大会に関する討議、会費:無料
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
  10月18日 中部本部(中部建設部会秋季講演会) ヤマザキマザックアートプラザ4階貸会議室 13:15

17:00
【公共建設の現状と方向そして水防災解析の最前線】
講演1「愛知県における社会資本整備の羅針盤〜建設部方針2020〜」愛知県建設部長河野修平氏、講演2「都市の水防災に関する数値解析技術の構築と活用」中部大学教授武田誠氏
会費(正会員)千円/(準会員・学生)五百円/(一般)二千円、申込は参加申込所に記載の上、中部本部へメール(g-chubu@asahi-net.email.ne.jp)またはFAXにて。
詳細ならびに申込用紙は中部本部HPに掲載(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/
10月20日 衛生工学部会(見学会) 防府市クリーンセンター 14:00

16:00
集合:JR山陽本線 防府駅改札口 13:30。JR防府駅から防府クリーンセンター(防府市大字神殿364番地)までタクシーで移動(約15分)。施設の特徴:可燃ごみから選別された厨芥類を、下水・し尿汚泥とともにバイオガス化し高温乾式メタン醗酵処理を施し、回収メタンガスを蒸気加熱に利用して発電(3,600Kw)するごみ処理複合施設。ごみ選別施設(破砕機、磁選機)、バイオガス化施設(高効率原燃料回収施設:25.75t/日×2槽)、ごみ焼却施設(ストーカ式並行流炉 75t/日×2基)、リサイクル施設(23t/5h)を組み合わせ。焼却灰、飛灰は、セメント原料として利用。
全国大会(山口)湯田温泉菜香亭で開催のウエルカムパーティーに間に合います。
参加費:会員 1,000円 非会員2,000円。
連絡先:加藤y.kato@yksj.co.jp(申込みは行事予定より。当日の連絡携帯電話番号も記載ください)。
10月20日 応用理学部会(特別講演会) 山口市彩香亭会議室 14:00

17:00
1.講演会3題:最近の多発する自然災害と地盤リスク(環境地質株式会社 稲垣秀輝氏)、水・空気浄化と電解オゾン(山口東京理科大学 金田和博教授)、電波で見る宇宙の姿(山口大学時間学研究所 所長 藤澤健太教授)
2.CPD:3.0
3.参加費:無料
4.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338
10月20日 金属部会(見学会、共催部会未定) (株)超高温材料研究センター(山口県宇部市) 14:00

16:30
技術士全国大会(山口)に合わせて開催。JR新山口駅、山口宇部空港から貸切りバス。
詳細は別途。参加費2000円、締切8月31日、yamazaki@seishin-ip.com山崎宛
10月20日 群馬県支部(工場見学会) サンデンホールディングス(株) サンデンフォレスト・赤城山事業所 13:00

16:00
サンデンホールディングス株式会社 サンデンフォレスト・赤城山事業所 工場見学、集合時間・場所:13:15 サンデンフォレスト・赤城山事業所に現地集合、参加費:無料、申込は「申込ボタン」から10月10日(火)までに。「会合・行事名」から行事概要を参照。
問合せ:gunma@engineer.or.jp
10月20日 生体・環境、保全交流会(29年10月例会) 山梨県リニア見学センター 13:30

16:00
施設見学会:山梨県リニア見学センター、場所:山梨県都留市小形山2381(JR大月駅からバス15分)
会費:1.000円(含 入館料)懇親会:別途希望者 詳細:HP 申し込み行事予定から 問い合わせ:kmhirose@trad.ocn.ne.jp
10月21日 茨城県支部(第7回修習技術者交流会) ひたちなか市市民交流センター ひたちなか・ま(勝田駅東側口となり)win-winビル2階 多目的室 13:30

16:00
1.スケジュール(1)挨拶(13:30〜13:35)、(2)参加者自己紹介 (13:35〜13:55)、(3)『時間管理』について(技術士2名の体験談) (13:55〜15:15)、(4)交流会(どうしたら時間管理をうまくできるか) (15:15〜15:45)、(5)今後の案内(15:45〜15:50)
2.参加費:修習技術者 200円
3.詳細内容:支部HPアドレス (http://www.engineer.or.jp/c_shibu/ibaraki/)
4.問合せ先:担当:小林、E-Mail:ibaraki@engineer.or.jp, FAX:029-265-5558
10月21日 環境マネジメントセンター(EMC)1.講演会(第18回) 機械振興会館(B3−6会議室) 13:00

16:30
テーマ:中小企業の環境問題と技術士の役目
講演:(1)中小企業の生物多様性対策−ISO14001:2015の意図と期待−[小塚 浩志] (2)中小企業の地球温暖化対策−省エネプラットフォーム等への期待−[塚原 忠一] (3)新しい手法による小規模工場の省エネルギー対策事例−エクセルギー活用法のエッセンスとともに−[武田 彰夫] (4)中小企業の現状及び環境対応(森林認証)[太田 芳雄] (5)我が国のエアコン業界の技術開発史の編纂−モノづくり技術遺産の調査と遺産登録事業(国立科学博物館)に参加して−[荒野 てつや]
受付:12時30分から/懇親会は16時40から18時10分を予定、費用:講演会1,000円、懇親会2,000円、定員:40名、先着順、申込締切:10月13日(金)
問合せ・申し込先:ookih@k7.dion.ne.jp大木
申込は行事予定から可能です。懇親会参加の方は、以下の懇親会申込みもお願いいたします。
10月21日 環境マネジメントセンター(EMC)2.講演会(第18回)懇親会 機械振興会館(B3−お食事処「うすい」) 16:40

18:10
環境マネジメントセンター(EMC)講演会(第18回)懇親会
講演会終了後、機械振興会館 B3 お食事処「うすい」にて開催を予定しています。ご希望の方は必ず行事予定からの申込みをお願いいたします。費用:懇親会2,000円
10月21日 経営管理チーム(10月例会) 葺手第二ビル 14:00

17:00
講演題目:「若き技術者のJICAを通じた海外展開」
講師:山下 直樹 氏 「新大橋総合研究所 所長、技術士(建設)、博士(工学)」
講演要旨:「独立行政法人国際協力機構(Japan International Cooperation Agency: JICA)は、日本の政府開発援助(ODA)を一元的に行う実施機関として、「すべての人々が恩恵を受けるダイナミックな開発」というビジョンを掲げ、開発途上国が抱える課題解決を支援している。講師は、一般社団法人の会員としてJICAが実施する技術協力案件に従事している。本講演では、個人コンサルタントがJICA案件で活躍する意義、方法、今後の方向性を論じる。」
講演後ワンドリンク意見交換会、その後例会を実施。
会費:KKT会員千円、KKT会員外:2千円。(KKT=経営管理チーム)
問合せ・申し込み:rxi00246@eastcom.ne.jp熊田 又は技術士会ホームページから
10月21日 神奈川県支部(第60回CPD講演会) 万国橋会議センター 401.402号室 13:30

16:30
◆第60回神奈川県支部CPD講座「これからの時代の技術者倫理を考える」
◆講演:講演1「ポスト3.11とエンジニアの倫理」講師:東京都市大学工学研究科長・工学部都市工学科教授 皆川勝氏、講演2「技術者倫理2.0−人と社会のwell-being(よく生きること)のための倫理−」講師:東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授 札野順氏
◆受付開始:13:00
◆会費:正会員2,000円、準会員1,000円、会員外3,000円
◆申込み:左欄の「申込ボタン」、FAX045-210-0337、E-mail:kanagawa@engineer.or.jpより
◆申込期限:10月18日(水) ★問合せ:神奈川県支部事務局 TEL045-210-0337
  10月24日 知財コンサルティングセンター(PCIP) 第三回勉強会 葺手第二ビル 18:30

20:00
【テーマ】〜技術士個人のブランドを創る〜
【講師】(一社)技術知財経営支援センター  福井 寛 氏
【申込先】佐藤(satou.kazuhiko@nifty.com
【参加費】 無料
【講演概要】コンサルタントもいわば商品の一種である。「売るモノ」が悪い場合は論外だが、「売るモノ」が良くても「売り方」が悪くては売れない。演者は化粧品業界にいたので、「売れる技術士」は売れ筋化粧品に学べば良いと思っている。1.誰にも負けない強み、2.その商品の意義、役割、3.売る相手は誰(ポジショニング)、4.世の中変わっている(リニューアル)、そして宣伝なども含めた全体のブランド育成についてお話します。
  10月25日 九州本部(平成29年度みどり部会講習会) 独立行政法人水資源機構両筑平野用水事業所及び独立行政法人水資源機構朝倉総合事業所 11:00

16:00
「両筑平野用水事業について」島田晃成氏(独立行政法人水資源機構両筑平野用水事業所長)、「小石原川ダムの概要及びダム建設現地見学」濱崎隆洋氏(独立行政法人水資源機構工務課長)
会費1,000円、申し込みは近く公開の九州本部HPから、問合せ:090-8403-2151(渡辺)
10月26日 化学部会(見学会) (公財)塩事業センター海水総合研究所(小田原市) 13:30

16:00
(公財)塩事業センター海水総合研究所見学会(小田原市酒匂4-13-20)、集合時間:13:15、集合場所:研究所正門、アクセス:小田原駅 東口箱根登山バス(国府津駅行き)約15分バス停「酒匂小学校」下車、歩道橋を渡り、正面
見学会(13:30〜16:00)、内容:(1)構内見学(2)講演2件(Li回収と塩関連)
参加費:会員・関連学協会会員1,000円、会員外2,000円。
申込:左欄の「申込」ボタン、または「林」まで。TEL/FAX 03-6314-7979、問合せ:sei884@jcom.home.ne.jp
  10月26日 食品技術士センター(施設見学会) 名鉄東岡崎駅中央改札口12:40集合 13:00

17:00
要申込(締切9月30日):跡部masahiko.atobe@nifty.com、費用:各自交通費
1自然科学研究機構生理学研究所(摂食行動と疾病)
2(株)カクキュー八丁味噌(天然醸造二夏二冬)
10月26日 第136回技術士包装グループ関西支部研究会 大阪府門真市 パナソニック企業年金基金「松心会館」 18:00

21:00
講演会:「食品メーカーの容器開発とその背景について」、講師:太田進氏、(株)明治 研究企画部 参与
会費:技術士会員2,000円、研究会会員3,000円
申込:前田一也kazumaeda@hi-ho.ne.jp
10月27日 埼玉県支部(産学官連携CPDセミナー) 浦和コミュニティセンター第7集会室(さいたま市浦和区東高砂町11−1、JR浦和駅より2分浦和パルコ10F) 18:15

20:00
■演題:「産学官地域連携による埼玉の食と農の産業振興方策」
■講師:真鍋伸次氏(公益社団法人埼玉りそな産業経済振興財団 産学官連携推進室長)
■内容:埼玉は野菜の産出額が大きいのに、地域の食品産業にほとんど供給されていないというミスマッチ状況の解決のため、 (1)農業者や企業と行政・研究機関との連携やネットワーク化にかかる取組状況、(2)「埼玉フードシステム研究会」やオーダーメイド型産地づくりの推進状況、(3)「農業ロボット」開発、「ローカルブランド企業」育成や「カット野菜」技術開発などの具体的な取組事例や今後の展望、課題などについて講演を行う。
■会費:会員1000円、会員外2000円、詳細は支部HP参照、申込は行事予定から、問合せ: saitama@engineer.or.jp
  10月27日 東北本部(第13回環境対応セミナーを開催する) 仙台市市民活動サポートセンター 15:00

16:30
演 題:仙台城址界隈のご案内
講 師:松山正將氏(東北工業大学名誉教授)
詳細及び申込方法は本部HPまたは支部HP参照
問合せ:022-723-3755 東北本部
  10月28日 TQM経営支援研究会(10月例会) 未定 10:00

12:00
インドネシア新製品開発支援事例、農業におけるTQM事例、その他、会費:1,000円
問合せ:hidekisiraisi@yahoo.co.jp(白石)
10月28日 茨城県支部 (第34回技術士CPD講座) 「ワークプラザ勝田 2F 研修室 3」ひたちなか市東石川1279 (Tel 029-275-8000) 13:00

15:00
1.講演会(1)演題:『実践農業について(仮題)』、(2)講師:常陸測工株式会社 技術部・部長 技術士(農業、総合技術監理) 鈴木信之氏
2.講演趣旨:私の水稲栽培は化学除草剤や化学肥料を使用しないで行っている。抑草は「代掻き2回」、「大豆・米ぬか発酵ペレット散布」、「深水管理」で行い、病虫害対策は、健康な苗作り(種モミ比重1.15塩水選、温湯消毒60度7分浸け、プール育苗で5.5葉の成苗をプール育苗)で対応している。この栽培を始めから3年目に、コナギ・ヒエ・ホタルイが多く繁茂し、水管理で水田に行くことがためらわれたが、その後抑草効果が現れつつある。 一方有機無農薬栽培を始めて8年が経過した水田には、多くの絶滅危惧の動物がみられるようになった。講演では、この栽培過程と収穫した、お米の「食味検査、分析方法や分析結果」、さらに「土壌微生物多様性・活性値の測定」を示す。
3.会費:技術士会:会員・一般500円、非会員1,000円
4.詳細内容:茨城県支部のHP参照
5.問合せ:E-Mail:E-Mail: ibaraki@engineer.or.jp, FAX:029-265-5558
  10月28日 九州本部(第3回CPD) 福岡商工会議所 10:00

17:00
九州工大:奥山圭一氏「超小型深宇宙探査機」他、九州経産局:横田之俊氏による知財活用、公)IGES:赤木純子氏による地球温暖化防止関連、技術士:清田由美氏による温泉の化学の講演4題
会費:会員2000円、詳細は後日九州本部HPに掲載
10月28日 神奈川県支部(29年度技術士開業及び業務開拓のための研修会〜入門コース) 横浜市中区山下町 シルクセンターB1F大会議室 13:30

18:00
神奈川県支部における業務紹介の仕組み等を説明します。次に当日配付する手引書を基に、開業や業務開拓さらには発生する課題解決の方法について説明し、先輩技術士からは経験談を話して戴きます。最後に業務を進める上での課題について参加者からの質問を中心にしてパネル形式で討論します。
パネル討論用の質問を希望される方はCPD行事参加申し込みの時に、主催者への連絡事項の欄に記載してください。研修会の後、簡単な懇談の場を設けます。
研修会:(1)業務紹介と開業等の方法(60分) (2)経験談(60分) (3)開業、開拓のパネル討議(90分)
会費 : 研修会: 正会員・準会員 2,000円、 非会員 3,000円、 懇談会: 参加者1,000円、手引書500円(予価)
申込先 : 左欄の「申込」ボタンから または氏名、部門、所属、連絡先住所、E-Mailを記入の上、神奈川県支部事務局にEメール(kanagawa@engineer.or.jp)又はFAX(045-210-0338)で申込。
申込締切り: 10月14日(土)、定員:40名
問合せ:支部事務局(TEL:045-210-0337)
  10月29日

11月4日


近畿本部(近畿本部主催2017訪中団) 宜昌(三峡ダム)・武漢・南京・上海   近畿本部日中科学技術交流小委員会は、6泊7日の訪中団派遣を6月29日に決定。三峡ダム視察、武漢市視察、南京市江蘇省工程師学会シンポジウム、上海市老年在宅介護シンポジウムへ参加。最小募集人員10名。費用は、上海までの往復航空券は参加者が準備(関西空港発着JAL便手配の近畿本部訪中団フル参加可能)、中国国内旅費(3食付き)16万円。集合場所は10月29日午後関西空港、同夕刻上海浦東空港。途中参加・離団は可能。第1次締切7月31日。最終締切9月19日。
詳細は近畿本部中国研究会HP参照。申込先は中国研究会掛田 kakeyan.ken@gmai.com
11月4日 新規開業技術士支援研究会 北トピア808会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:平田俊明氏(情報工学)、高橋義徳氏(衛生工学)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
  11月6日 東北本部(宮城県支部技術委員会・講演会) 株式会社 復建技術コンサルタント4F会議室 15:00

17:00
■東京財団研究員 吉原祥子氏(「人口減少時代の土地問題」中公新書、2017年の著者)による講演
★日本の私有地の約20%で所有者がわからない―持ち主の住居や生死が判明しない土地の「所有者不明化」の問題が起きており、農村から都市に広がっている。 空き家、耕作放棄地問題の本質であり、人口増が前提であった日本の土地制度の矛盾の露呈である。過疎化、面倒な手続き、地価の下落による相続放棄、国・自治体の受取拒否などで急増している。その実情から、相続・登記など問題の根源、行政の解決断念の実態を説明し、今後の方向性を提案する。
★復興事業及びその他公共工事の現場でかなりの頻度で遭遇する日本の土地制度の問題―吉原祥子氏は、以前よりこの問題を研究してきた数少ない専門家です。直接ご講演が聞ける非常に貴重な機会ですので、是非ご参加ください。会場の都合で参加制限をする場合もありますので、お早めに申込みください。
★終了後懇親会を開催する予定です。参加のご希望を有無を記入してください。詳細は当日連絡します。
問合せ先;技術委員会柳沢、TEL:090-2377-0623、Mail:shinichi.yanagisawa@gmail.com
11月7日 経営工学部会(見学会) 1.カネパッケージ株式会社(入間市)、2.航空発祥記念館(所沢市) 9:00

17:30
1.カネパッケージ株式会社
創業以来、「包む」を科学する集団として緩衝材開発に取り組んでおり、機能やコストはもちろん、高まるエコロジーニーズにも対応している企業です。独自のネットワークを展開し、梱包から配送までをフォローするトータル物流体制も構築しています。その他、CSR活動も積極的に展開しています。(H28年7月社会貢献者賞を受賞)。今回の見学会では、2017年7月28日竣工した新社屋を見学し、包装設計、試験技術とともに、企業経営マネジメントなどの知見を得ます。
2.航空発祥記念館
日本の航空発祥の地“所沢”に創設された記念館です。、航空機の原理や航空技術、歴史などの展示を見学し、技術者として知見を広めます。
*定員30名程度、参加費3,000円(非会員4,000円)。東京駅丸の内口集合・9時バス出発。詳細は部会HP参照。申込は行事予定から。
11月7日 埼玉県支部(北部地域小委員会CPD見学会) 太平洋セメント株式会社熊谷工場(埼玉県熊谷市三ケ尻5310) 12:40

16:30
●エネルギー・資源多消費型産業であるセメント工場の省エネルギー・省資源技術の最新状況を見学する。
●見学施設:焼成施設、管理室、焼却灰水洗施設、廃棄物受入施設、出荷施設等。
●定員:40名(申込先着順)。セメント競合企業関係者の応募、女性のスカート・パンプス着用及び自家用車での現地集合は不可。
●集合場所・時間:JR高崎線熊谷駅南口ロータリー12:40分集合、13:00バス発、熊谷工場へ移動。見学終了後熊谷駅へバスで移動解散。
●参加費:会員1,000円、非会員2,000円。
●申込期限:10月31日。
●申込は行事予定から。詳細は支部HP参照・問合せ:saitama@engineer.or.jp
11月10日 機械部会(例会) 葺手第二ビル 18:30

20:30
「技術士の役割と生き甲斐」(近年、日本を取り巻く社会環境の大きな変化をリスクと捉え、「国・地方・法人・個人」のそれぞれが、変化への適切な対応が望まれる。そんな背景の中「技術士の役割、何が出来るか?」について「自分の想い」を紹介する。)松井武久氏(技術経営研究センター所長)
会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp渋谷
  11月10日 食品技術士センター(講演会) 東京海洋大学品川キャンパス楽水会館(JR品川駅港南口,徒歩10分) 14:00

17:00
参加費:会員外2千円申込不要、直接来場下さい
講演1「酒類の官能評価とフレーバホイール」宇都宮仁氏:東京国税局課税第二部鑑定官室長、2「HACCPをめぐる国際規格の最新動向」湯川剛一郎授教授:東京海洋大学
  11月11日 近畿本部(H29年度第2回近畿本部建設部会講演会「作業アシストスーツ体験セミナ) 日刊工業新聞社ビル10F(大阪市中央区北浜東2-16) 13:30

16:30
少子高齢化対策・生産性向上に。3社の作業アシストスーツについてご説明いただき、参加者の皆様に体験していただけるセミナーです。申込みは近畿本部ホームページをご覧ください。
担当:kouno@hisamotogumi.co.jp
11月11日 水産部会(定例会・講演会・研究発表会) 東京海洋大学 楽水会館 12:30

17:20
講演会:「演題未定」東京海洋大学教授馬場治氏,「演題未定」西潟正人氏、研究発表・話題提供「演題未定・2題」部会員,定例会,懇親会(定員制有),会場:東京海洋大学
申込は行事予定から,問合せ:網田amita-k@muse.ocn.ne.jpまで
  11月11日 成功・失敗体験教育研究会(ワークショップセミナー) 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター東京 5階501室 10:00

17:00
第19回リーダーを目指す技術者倫理セミナー「どこまで安全を求めるか:安全社会と安心社会の選択」中村昌允氏(東京工業大学特任教授、技術士(化学部門))他、詳細:https://www.jsme.or.jp/tsd/kouen/2017/No17-133.pdf
会費:会員3000円、会員外5000円、10月25日までに,お申し込み下さい。事前に(11月2日ごろ)E-mailで資料を送信いたします。定員に余裕がある場合、当日受付いたします。資料配布後のキャンセルはできません。
申込・問合せ:日本機械学会 技術と社会部門(担当職員 片岡)/E-mail mail :kataoka@jsme.or.jp/FAX(03)5360-3508
11月11日 労働安全衛生コンサルタントグループ(講演会) 学びピア21研修室4(足立区生涯学習センター、足立区千住5-13-5) 13:30

17:00
「機械の本質安全の原則を具体的に考える」竹内春樹(機械)、「建設現場における私の安全管理 レジリエンス・エンジニアリングの紹介」北澤良平(建設・総監)、「現場の安全を守るために、発注者として実行すべきこと」今井朋男(建設、総監)
会費G会員:1000円、非G会員:2000円、終了後懇親会(3500円、当日徴収)
問合せ:y-ishi1749@nifty.com石田
  11月12日 中部本部(中部青年技術士交流委員会11月例会・見学会) 関西電力大飯発電所(原子力発電) 9:00

19:40
参加資格:青年技術士交流委員会会員及びご家族・友人等、参加費:一家族500円
申込方法、スケジュール等詳細:http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/
連絡先:harusaya0527@nifty.com(担当:高瀬)
11月13日 科学技術鑑定センター(月例会) 葺手第二ビル 18:00

19:30
鑑定事例講演演題「交通事故対応における法曹界の実情と課題」 演者:会員=國島 旭
■会員外参加希望者は事前連絡要。
■連絡先:総務幹事 掛川昌俊 (メール:kkgw@yk2.so-net.ne.jp
11月15日 金属部会 葺手第二ビル 18:00

20:30
「未定」田代裕仁氏(会員、(株)富士テクニカ宮津 生産管理部)
会費2000円夕食付、食事無1000円、締切11月8日、申込みは会HP行事案内から
問合せ:yamazaki@seishin-ip.com山崎宛
11月15日 経営管理チーム(11月例会) 葺手第二ビル 14:00

17:00
講演題目:「名著「失敗の本質」に学べ」
講師:太田 伸一郎 氏 「ACTIVE BUSINESS 代表取締役社長」
講演要旨:「近年、我国に於いては、政官財界等を始め、各方面に於いて、不祥事等を始め問題等が、多発している。これに関し、名著「失敗の本質」を通し、「人間及び組織の本質」を考察する。   内容は、日本軍の軍事的な戦略及び戦術論に重点を置かず、その本質を、日本軍更には、日本国及び日本人の組織的問題と捉え、現在の我国に於ける、問題の本質が、「人間及び組織」にあるとし、議論する。」
講演後ワンドリンク意見交換会、その後例会を実施。
会費:KKT会員千円、KKT会員外:2千円。(KKT=経営管理チーム)
問合せ・申し込み:rxi00246@eastcom.ne.jp熊田 又は技術士会ホームページから
11月15日 建設部会(講演会) パシフィックコンサルタンツ(株)16階会議室(千代田区神田錦町3−22) 18:00

19:30
「(仮)CIMのガイドラインについて」講師:影山輝彰氏(一財)日本建設情報総合センター建設情報研究所研究開発部主任研究員
会費:会員1,000円、非会員2,000円、定員40名
申込は行事予定の左欄「申込ボタン」から、先着受付順 申込〆切 11月9日(木)
  11月15日 第464回情報化研究会 電気技術開発(株)会議室 千代田区神田駿河台4-2-5 トライエッジお茶の水 9F 18:00

20:00
[講演会] 「ゲーム業界の技術動向」
概要 http://jyohouka.skr.jp/IPplan.htm
講師:三部幸治氏[電気電子 (株)タイトー]
会費:メンバ外 1,000円、申込み,問い合わせ:後藤 agotoh0806Σgmail.com Σを半角@ に替えて使用下さい。申込締切:前日
懇談会:会後近くで予定。2000円程度。申込時参加可否通知下さい。
11月16日 衛生工学部会(部会・講演会) 葺手第二ビル 18:00

20:30
部会:18:00〜18:30。講演会:18:30〜20:00。
テーマ:最近の廃棄物・リサイクル行政の動向について(仮)。講師:瀬川 恵子氏(環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部 廃棄物対策課長)。
参加費:会員1,000円,非会員2,000円,H28年度合格者無料。終了後神谷町駅周辺にてにて懇親会を開催(懇親会の参加・不参加を明記,参加費別途)。
連絡先(石田佳子):y.ishida@kankyogiken.co.jp
11月16日 化学部会(講演会) 葺手第二ビル 13:30

17:00
1)「飾り物ではない糖鎖の実力〜血液型から抗体医薬開発まで〜」天野純子氏(野口研究所糖鎖生物学研究室室長)、2)「ゴム製Oリングについて〜使用方法とトラブル事例〜」山田徹氏(森清化工)
参加費:会員・関連学協会会員1,000円、会員外2,000円。
申込:左欄の「申込」ボタン、または「沢木」まで。TEL/FAX 03-6433-9696、問合せ:cycle.sawaki@nifty.com
11月16日 環境部会(H29年度11月講演会) 機械振興会館 18:30

20:40
演題:「神社の自然・文化資源の保全の機能:宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界遺産登録」
講師:葦津敬之様(宗像大社 宮司)
会費:会員1,000円、非会員2,000円
※詳細は、部会ホームページ(下記)でご案内いたします。
http://www.engineer.or.jp/c_dpt/kankyo/
  11月17日 九州本部(みどり部会・講習会) 全労災ソレイユ 7階 アイリス〒870-0035 大分県大分市中央町4丁目2番5号 TEL 097-533-1121 12:50

17:00
1.知っておきたい木の知識−いいね!と言われる木材利用をめざして− 13:00〜13:50 講師:大分県農林水産研究指導センター 林業研究部部長 城井 秀幸氏
2.治山施設、林道施設における長寿命化対策について  13:55〜14:55 講師:九州森林管理局 総務企画部長 両角 実氏
3.森林調査を取巻くICT/IOTの状況と展望 15:05〜16:05 講師:中部大学国際GISセンター 准教授 竹島 喜芳氏
4.佐伯型循環林業の目指すもの 16:10〜17:00 講師:佐伯広域森林組合代表理事組合長 戸高 壽生氏
申込み先; 技術士会九州本部 TEL 092-432-4441  FAX 092-432-4443
九州本部申し込みフォームhttps://web.gogo.jp/pekyushu/form/form5
11月17日 原子力・放射線部会(第57回技術士の夕べ) 葺手第二ビル 18:00

20:00
「原子力施設の廃止措置の現状と課題‐諸外国の実施状況と反映‐」
【講師】林道寛氏(エネルギー総合工学研究所特任参事)
【講演の概要】通常に停止した原子力施設の廃止措置は、福島第一原子力発電所のような、事故を起こした原子炉の廃炉と大きく異なり、国内外の実績に基づけば既存の技術で実施することが可能であり、限られた時間と費用で効率的に実施するためのプロジェクトをマネジメントが課題である。また、長期に渡るプロジェクトの人材育成や知識の継承といった課題もある。 一方で、施設内にある使用済燃料の輸送先の問題、解体廃棄物の処分場の立地の問題等があり、これらの最終状態を確定しないと、効率的な廃止措置ができず、費用が無駄になりかねない。さらに、全ての廃止措置が途中で止まり大きな社会問題になることが懸念される。 このような国内の廃止措置についての現状と課題を考慮して諸外国の実施状況について講演をいただく。
会費: 会員500円、会員外1000円
問い合わせ:iguchi.yukihiroΣjaea.go.jp (メール送信時はΣを@に変更ねがいます。)
  11月17日

11月18日


四国本部(第23回西日本技術士研究・業績発表年次大会) にぎたつ会館他(愛媛県松山市)   第23回西日本技術士研究・業績発表年次大会in松山『地域の文化とまちづくり〜技術士の役割』
【11月17日(金)】
・テクニカルツアー:道後温泉他(13:00〜16:00)参加費2,000円、・歓迎レセプション:大和屋本店(18:00〜20:00)参加費6,000円
【11月18日(土)】
・記念式典(9:00〜9:45),・基調講演(9:45〜11:00):「道後温泉の歴史と松山のまちづくり」坂の上の雲ミュージアム 館長 松本 啓治氏,・第一分科会(11:10〜16:20):「地域の文化とまちづくり〜技術士の役割」(一般・青年),・第二分科会(11:10〜16:00):「女性がつなぐ技術と社会」(女性),・大会公表・次回開催案内(16:20〜16:40),参加費:会員3,000円,非会員:4,000円,弁当:1,000円
申込は行事予定から,連絡先:(公社)日本技術士会四国本部事務局 TEL:087-887-5557 FAX.087-887-5558,ipej-shikoku@me.pikara.ne.jp
11月17日 生体・環境、保全交流会(11月例会) 葺手第二ビル 17:30

20:30
テーマ:「これからの社会資本整備について」〜社会資本整備重点計画、ストック効果最大化、インフラ老朽化対策〜 講師:国土交通省総合政策局政策課参事官付 社会資本整備調整係長小杉正憲先生
詳細:http://www.fws2015.sakura.ne.jp/
申し込み:行事予定左欄の「申込」ボタンからまたはmail:kmhirose@trad.ocn.ne.jpT/F 03-3399-3993 参加費:2.000円
11月18日 化学部会(講演会) 葺手第二ビル 13:30

17:00
化学部会土曜例会テーマ「特許実務の基礎知識と特許分析」
1)「出願・権利化の際に知財部・弁理士とのコミュニケーションを円滑にするための基礎知識」奥井 隆雄氏(セントラル硝子株式会社知的財産部、技術士(化学))
2)「特許文書からの化学物質情報の抽出と知識化」池田 紀子氏(株式会社富士通研究所R&Dマネジメント本部企画部、技術士(応用理学/総合技術監理))
参加費 : 会員・準会員・関連学協会会員1,000円、会員外2,000円、定員 : 40名、問い合わせ:takao.okui@cgco.co.jp
11月18日 環境マネジメントセンター 未定 10:00

12:00
例会(情報交換)、ミニ講演:未定 講師:未定 /申込は行事予定から。
  11月18日 九州本部(北九州地区CPD・見学会) 北九州市八幡東区:北九州イノベーションギャラリー(KIGS) 13:00

17:00
「溶接技術の変遷(仮)」安西敏夫(金属・博士)、「未定」防衛大学渡邊副学長、「海底資源としてのメタンハイドレート採取の地盤工学的研究」兵頭正幸(山口大学・博士)
問合せ:小柳TEL:093-612-0191
11月18日 神奈川県支部(〜あなたも「プロのエンジニア」を目指しませんか〜) 関東学院大学KGU関内メディアセンターM803講義室(JR・横浜市営地下鉄関内駅徒歩5分みなとみらい線馬車道駅徒歩3分) 13:30

17:30
◆技術者の国家資格「技術士」をご存知ですか?
グローバル化の進展に伴い、各国で技術者資格の相互認証への動きも進み、「技術士」は国境を越えて活動できる資格になりつつあります。そこで、本セミナーでは、この「技術士」の資格についての説明と技術士の活動事例を紹介します。
◆1.技術士資格に関する説明 日本技術士会 神奈川県支部 修習技術者支援小委員会委員、2.活躍事例の紹介(1)事例1 講師:稲垣秀輝氏(株式会社 環境地質)、2)事例2 講師:岡田克彦氏(日本電気株式会社)
◆受付開始:13:00
◆参加費:学生・院生・教職員:無料、社会人・技術士:2,000円
◆申込み:左欄の「申込ボタン」、FAX045-210-0337、E-mail:kanagawa@engineer.or.jpより
◆定員;60名、定員になり次第締切
★問合せ;支部事務局 TEL045-210-0337
11月18日 中国本部(岡山県支部11月例会 現地見学会) 百間川河口水門等 12:15

17:00
12:15JR岡山駅西口集合。13:30〜14:30現地見学(百間川河口水門耐震補強工事現場)。15:00〜16:00現地見学(百間川分流部工事現場)。17:00JR岡山駅西口着解散。
定員:30名、会費:会員1,000円、非会員2,000円
問合せ:岡山県支部事務局Tel 086-254-2422、E-mail:okayama@ipej-chugoku.jp
11月18日 栃木県支部(秋の科学技術講演会) 公益社団法人 栃木県国際交流協会 大会議室(予定) 14:00

16:00
「IoTにものづくり中小企業はどう立ち向かうかー先駆研究事例に学ぶIoT利活用のヒントー」(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 名誉リサーチャー・工博 森和男氏),会費:1,000円,非会員2,000円、協賛団体無料
申込:メール(hirono-miyashita@ace.ocn.ne.jp)又はFax028-666-5148栃木県支部まで,問合せ:090-5546-9809,担当者:宮下
11月21日 応用理学部会(講演会) 葺手第二ビル 18:30

21:00
1.講演会:将来世代のための山道創り(仮題)(MTS雪氷研究所 松田益義氏)
2.CPD:2.0
3.参加費:会員1,500円(交流会参加の場合)または1,000円(講演会のみ)、非会員2,000円
4.20時30分頃より交流会
5.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338
(お願い)交流会参加希望の場合、WEB申込「主催者への連絡事項」の欄に「交流会参加」とご記入ください。
11月22日 技術士包装物流グループ研究会 葺手第二ビル 18:00

20:00
講演:スーパードライヒットの時を今、振り返る
講師:アサヒビールホールディングス株式会社 技術情報室 島田道夫氏
内容:1986年に首都圏でテスト販売されたアサヒスーパードライは、1987年に全国発売、その後他社のドライビール発売による追随を許さずメガブランドへと成長を果たした。そのヒットは当時の世相と味の嗜好の変化等に支えられたお蔭である一方、生産面その他で多くの改革改善をもたらした。時代の変化が激しい今、改めて当時を振り返り、何を次代へ伝えていかなければならないかを考える。
参加費:当グループ会員以外の方は、2,000円
申込先:研究会担当 住本、sumi1901@jcom.home.ne.jp
  11月22日 近畿本部(H29年度第3回近畿本部建設部会講演会「まちづくりにおける無電柱化の) 日本技術士会近畿本部会議室 18:30

19:30
昨年末に国会で成立した「無電柱化推進法案」。電線・電 柱を無くそうという動きが具体化するなか、無電柱化の現状、整備計画、最新の取組状況、今後の課題等についてお話しいただく。講師:中野雅弘氏(元大阪産業大学教授)。申込みは近畿本部ホームページをご覧ください。。
担当:kouno@hisamotogumi.co.jp
  11月22日 近畿本部(第2回近畿本部建設部会講演会) 近畿本部会議室 18:30

20:00
テーマ:まちづくりにおける無電柱化の最新動向
詳細は後日、近畿本部ホームページに掲載します。
担当:hi_ishikawa_pe@yahoo.co.jp
  11月22日 繊維部会(H29年11月度月例会(見学会)(共催JTCC)) 防衛装備庁「艦艇装備研究所」東京都目黒区中目黒2-2-1 TEL03-5721-7005 15:00

16:30
定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。
1.講演:研究所の紹介 2.見学:研究成果等の展示室。大水槽、フローノイズシミュレータ、耐圧試験タンク(動的圧力発生装置)、耐衝撃試験装置等の研究施設・装置を3カ所程度。注)研究所の行事等により見学をお断りする場合や急遽キャンセルさせていただく場合があるそうです。3.質疑応答
定員:20名 会費:会員1,000円(非会員2,000円)
申込方法・期限:日本技術士会HPから、またはJTCC関東事務所TEL:03-5643-5112、FAX:03-5614-0103 E-mail:jtcc-kt@nifty.com申込期限は11月15日(水)(定員になり次第締め切ります。)
集合時間・場所:参加申し込みをされた方に、後日メールでご連絡致します。
  11月22日 北陸本部(平成29年度講演会「日本海国土軸北陸からの発信」) 福井県繊協ビル8階(福井市大手3丁目) 14:00

17:45
講演:「福井のネットワークを考える〜道路から水辺まで〜」、中村圭吾氏(国土交通省福井河川国道事務所所長)、4名のパネリスト(小見直樹氏、酒井信次氏、大家弘聡氏、林博氏)によるパネルディスカッション、コメンテーターに中村圭吾氏、コーディネーターは埒正浩氏、終了後交流会
詳細・問い合せ・申し込み:北陸本部 HP:http://gijyutsu.whitesnow.Jp/、北陸本部事務局TEL:025-281-2009
  11月25日 TQM経営支援研究会(11月例会) 未定 10:00

12:00
インドネシア新製品開発支援事例、農業におけるTQM事例、その他、会費:1,000円
問合せ:hidekisiraisi@yahoo.co.jp(白石)
11月25日 神奈川県支部(第18回テクノセミナー) 横浜市技能文化会館大研修室802 13:30

16:30
【第18回神奈川県支部テクノセミナー】
〜やる気を引き出し、「利益」を上げよう〜 「やる気を高めるメニュー・やる気を高める原価改善の取り組み」
◆講演1:社員のやる気(モチベーション)を高めるための取り組み(安慶田弘)
◆講演2:原価のしくみを理解した改善活動が、社員のやる気を高める(島崎浩一 浜テクアート)
◆会費:一般企業無料/正会員2,000円/準会員1,000円(CPD)、技術士(非会員)3,000円
◆申込み:左欄の「申込ボタン」、FAX045-210-0337、E-mail:kanagawa@engineer.or.jpより
◆問合せ:神奈川県支部事務局 045-210-0337
11月25日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(連絡会・講演会) 葺手第二ビル 14:00

17:00
14:00-14:50 部会連絡会
14:50-15:20 話題提供 題目未定 井本 寛之氏 (三菱スペース・ソフトウエア株式会社)
15:30-17:00 講演会:「航空用ガスタービンエンジンの性能試験について」講師: 犬飼 保夫氏 (川重明石エンジニアリング株式会社)
会費:1,000円(資料代)、終了後懇親会:会費:3,000円前後、会場:神谷町駅近く。
申込は行事予定から、問合せ先:kanda@chofu.jaxa.jp神田
12月2日 埼玉県支部(西部地域小委員会CPD講演会) ウェスタ川越3階 研修室 13:20

16:40
「経済産業省のIoT関連施策について」濱田豊氏(関東経済産業局情報政策課長)、「IoT時代のものづくりと産総研の取り組み」澤田浩之氏(国立研究開発法人 産業技術総合研究所製造技術研究部門 機械加工情報研究グループ総括研究主幹(兼)グループ長)
定員:60名(申し込み順)、会費:会員1,000円、非会員1,500円 、申込期限:11月21日、終了後懇親会実施、懇親会会費:3,500円(領収書発行なし)
申し込みはCPD行事予定から、また懇親会の参加、不参加を明記、詳細は埼玉県支部HP参照・問合せ:saitama@engineer.or.jp
12月2日 情報工学部会(情報処理学会CPDコラボ) 機会振興会館6D-4 13:00

17:00
◆テーマ:ICT社会におけるリスク対応技術及び応用
◆講師:野口 和彦氏(横浜国立大学リスク共生社会創造センター センター長 大学院 環境情報研究院 教授)。
◆プログラム:講義、グループ討議、まとめ、発表・講評
◆参加費:会員2,000円(技術士会会員、情報処理学会会員)、非会員:3,000円(懇親会参加者は別途)。当日、受付にて徴収します。
◆申込先:左欄の「申込」ボタンよりお申込みください。その際に、懇親会の出欠を連絡事項欄にご記入願います。詳細は、http://www.ipej.net/まで。
◆定員:40名(申込順、定員になり次第締切ます)
◆申込締切:平成29年11月27日
◆連絡先:(正)黒澤、(副)吉川IPEJ16@googlegroups.com(部会幹事ML)
12月2日 新規開業技術士支援研究会 北トピア803会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:松田晃一氏(生物)、渡部利範氏(電気電子)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
12月2日 農業部会(2.講演会) 葺手第二ビル 14:20

17:30
「種子法廃止が農業へもたらす影響について(仮題)」横田敏恭氏(横田コーポレーション代表)、「国際的な種苗産業に関する動向とデュポン社の戦略(仮題)」笠井美恵子氏(デュポン・プロダクション・アグリサイエンス株式会社)、会員1,000円、会員外2,000円、申込は行事予定から
問合せ:gyukaw0@kaiyodai.ac.jp湯川
12月7日 上下水道部会(見学会) 恵比寿ガーデンプレースタワー 15:00

16:30
恵比寿地区地域冷暖房センター他1か所見学(東京都渋谷区恵比寿4-20-3)、集合場所・時間:現地集合(1Fスタバ前)・14時30分
終了後恵比寿付近で忘年会、会費:五千円、申込は行事予定から、懇親会の参加有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp担当松山
  12月8日 IT21の会(例会) 葺手第二ビル 18:30

20:30
12月例会
講演:鉄道安全対策とリスク分析(仮題)、講師: 押立貴志氏(押立技術士事務所所長)
会費: 無料、終了後懇親会あり(会費別途)
詳細・申し込みは11月8日以降http://it21.info/
12月8日 機械部会(例会) 葺手第二ビル(予定) 18:30

20:30
1「試作した精密機械、半導体装置のトラブル対策」(技術者の評価基準の一つは、トラブル対策であると考えている講演者が、経験したトラブルシューティングをもとにして、担当者が同じような失敗を繰り返さないための事例の紹介をいたします。)金友正文氏(米屋技術士事務所)、2「出版を実現させるためには」(技術成果を残す方法に出版がある。しかし、現実には多くの条件を克服しなければ実現できない。実現のために必要な手続きや、どのように進められるか、どんな準備が必要かを紹介する。)丑丸博樹氏(株式会社秀和システム)
会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp渋谷
12月14日 衛生工学部会(部会・講演会) 葺手第二ビル 18:00

20:30
部会:18:00〜18:30。講演会:18:30〜20:00。
テーマ:小諸市庁舎等および小諸厚生総合病院エネルギーサービス事業と下水熱利用(仮)。講師:鬼塚 隆之氏(株式会社 シーエナジー)。
参加費:会員1,000円,非会員2,000円,H28年度合格者無料。終了後神谷町駅周辺にてにて懇親会を開催(懇親会の参加・不参加を明記,参加費別途)。
連絡先(中島朗):nakashima@saikyu.co.jp
12月16日 応用理学部会(資源工学部会との合同講演会) 機械振興会館 15:00

18:30
1.講演会:地球最後の地磁気逆転を記録した「千葉セクション」の研究とその意義(仮題)(茨城大学理学部 岡田誠教授)
2.CPD:2.0
3.参加費:忘年会まで参加の場合2,000円(会員)〜3,000円(非会員)前後、講演会のみ参加の場合1,000円前後
4.17時頃より機械振興会館内レストランで忘年会
5.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338
(お願い)忘年会参加希望の場合、WEB申込「主催者への連絡事項」の欄に「忘年会参加」とご記入ください。
12月16日 男女共同参画推進委員会(第36回技術サロン) 葺手第二ビル 13:00

16:00
「技術士」資格に関する説明及び懇話会
対象:技術者及び技術士を目指す女子学生・女性
※技術士の方はご遠慮ください.
定員15名、参加費:無料
申込・問合せ:wpetf@engineer.or.jp平塚
1月6日 新規開業技術士支援研究会 北トピア803会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:春山周夏氏(機械)、石川三千雄氏(電気電子)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
2月3日 新規開業技術士支援研究会 北トピア801会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:山添雅彦氏(電気電子)他、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
2月3日 農業部会(2.講演会) 機会振興会館 14:20

17:30
「ブラジル・セラード農業開発の奇跡」村田稔尚氏(農業部会幹事)、「技術士(農業部門)の活動、役割、農業技術について(仮題)」西郷正道氏(前農林水産省農林水産技術会議事務局長)、会員1,000円、会員外2,000円、申込は行事予定から
問合せ:gyukaw0@kaiyodai.ac.jp湯川