一般行事案内

2024/03/01 06:59
公益社団法人日本技術士会の会員以外の方もご参加いただける行事をご案内します。

2024年03月01日以降の行事を表示しています。 3月 4月 5月 
*行事名が下線付きになっているものは、クリックして戴くと詳細情報を表示します。

開催日 曜日 会合・行事名 場所 時間 内容/連絡先
3月1日 四国本部 第52回修習技術者支援セミナー 愛媛大学工学部2号館421室(松山市文京町3) 14:00

16:40
修習技術者支援セミナー  14:00 〜 16:40 
1. 技術士試験と修習のあり方について
2. 技術士第二次試験合格体験談
3. 修習技術者による発表
(1)対象:修習技術者(技術士第一次試験合格者及びJABEE認定課程終了者)並びに若手技術士
(2)参加費:学生・一般市民 無料
 技術士(日本技術士会会員) 1,000円
 技術士(日本技術士会会員以外) 2,000円
 上記以外のCPD行事参加票を必要とする方 2,000円
※当日、会場にて徴収させていただきます。
(3)CPD:参加者には日本技術士会からCPD:2.5時間の参加票を発行いたします。
申込締切:令和6年2月23日(金) 
申し込みは四国本部HPからお願いします。
四国本部事務局
087-887-5557
ipej-shikoku@me.pikara.ne.jp
3月1日 IT21の会(例会) オンライン(Zoom) 19:00

21:00
(講演1)「(仮題)BCGセンサとデータサイエンス(AI)を用いた睡眠解析とストレス評価 〜生体ビッグデータから病気検出の可能性〜」鐘ケ江 正巳 氏(ヘルスセンシング株式会社 代表取締役)、(講演2)「(仮題)環境アセスメント〜影響と効果の評価〜」犬飼 博信 氏(東北緑化環境保全株式会社)、
参加費:IT21の会会員(無料)、その他1000円(年会費1000円につき入会を推奨) 終了後オンライン懇親会予定、
申込詳細はコチラから
3月2日 新規開業技術士支援研究会 北トピア803、Web会議併用 13:30

15:30
内容:事例の紹介と討議
講師:袴谷達氏(電気電子、上下水道、総合技術監理)、米森重明氏(化学)
参加費:技術士協同組合ネット会員は無料、その他は1000円、詳細はHPから
問合せ:cea@cea.jp

3月2日 神奈川県支部 MIX技術士交流会 第11回CPD講座【講演会・討論会】 波止場会館 1F多目的ホール小 14:00

16:50
(1)講演会: 講演「人工知能に関する倫理とガバナンス」
講師 池田紀子氏
    紀梢技術士事務所  技術士(応用理学・総合技術監理部門)
    応用理学部会副部会長
(2)討論会: 「AIで消える職業をどう考える」
    ワークショップによる討論
(3) 申込方法:2月22日(木)までにお申し込みください。
  −正/準会員 日本技術士会HP「行事予定」から
  −未入会技術士/一般 神奈川県支部へE-mailにて
    氏名、勤務先、技術部門、参加区分(未入会/一般)、連絡先(TEL,e-mail)を明記してください。
(4) 定員: 25名(先着順)
詳細はコチラをご参照ください
参加費:会員 2000円 未入会 3000円 学生・教職員 1000円
申込:会員の方はコチラからお申込みください。
問合せ:神奈川県支部事務局 045-210-0337 kanagawa@engineer.or.jp
3月4日 技術士包装物流グループ 東京本部 3月度研究会 TEAMSによるWEB配信 18:00

19:30
演題:「デジタル印刷機を活用した新たな軟包装システム」、講師:藤井純二 氏<当会会員;セイコーエプソン株式会社 P事業戦略推進部>
内容;デジタル印刷技術により社会的課題解決に取り組む流通の課題とは、食品メーカーは、販売の機会損失を避けるため大量生産することへ集中していることである。また消費者ニーズの課題とは、消費者の情報をダイレクトに早く入手できていないことである。そのため売れ残り、返品・廃棄、食品ロスとなる。そこで、デジタル印刷を活用することにより、消費者ニーズの早期把握、過剰生産や印刷改版への対応、包材のリードタイム短縮、包材の共通化・最適化など商品開発の効率化に貢献する。
参加費:同グループ会員以外の方2,000円/名、
申込方法:2月26日までにコチラよりお申し込みください。
3月8日 台湾産業最新事情及び日台産業連携に関する講演会(海外活動支援委員会) 機械振興会館 6-67会議室(6階) 18:00

20:10
講演1.「(仮称)台湾の産業最新事情と日台産業連携戦略」
※台湾経済成長状況、中小企業発展動向とそれに関連する産業・技術政策および日台産業連携戦略
講師:台湾・中華経済研究院(第三研究所・台湾経済研究所)副研究員(博士)魏聰哲氏

講演2.「関電工における台湾機関・企業との連携取組み,特に再生可能エネルギー分野・スマート医療分野について」
※海外活動支援委員会におけるこれまでの台湾関連機関との取組みの紹介,関電工における上記取組み事例紹介
講師:(株)関電工 戦略技術開発本部 技術開発ユニット長 酒井重嘉氏(前海外活動支援委員会委員)

定員:会場参加 先着50名、オンライン参加(技術士会会員のみ) 先着100名
会費:会員1,000円、非会員2,000円
申込方法:会員の方はコチラから、非会員の方はこの画面左の申込ボタンをクリック(押下)してしてお申込みください。
申込締切日:3月6日まで。
連絡先:海外活動支援委員会 jckaig@engineer.or.jp
3月9日 2023年度第6回水産部会定例会・研究発表会 機械振興会館6F 会議室6−65 Web配信併用 13:00

17:00
1.定例会 13:00〜14:00
 1)会務報告
 2)協議事項
 3)その他

2.講演会 14:30〜16:30
 講演会: 『おさかな四方山話』 〜グローバルとローカルの水産業に携わった経験から次世代に伝えたいこと〜
 石巻市水産振興協議会 会長 須能 邦雄氏(石巻魚市場株式会社 前代表取締役社長)
3.情報交換会 16:30〜17:00

【講演の趣旨】
 北洋漁業、北米駐在、ロシア駐在時代の経験や東日本大震災により被災した石巻の水産業における復興の取組み等から次世代の水産業に関わる者への期待と自然災害に対する考え方等について、お話しをさせていただく。また、聴講者の皆様と自由な意見交換を行ない、水産業の将来をどのように繋いでいくか語り合いたい。

担当:岡野利之
kaiyosuisan@gmail.com
3月9日 神奈川県支部(第35回テクノセミナー) 波止場会館 5階 多目的ホール 13:00

16:30
【持続可能な食糧生産を支える新技術〜新技術による食糧生産上の課題解決と新たな食糧生産の取組み〜】
〇食品ロスの現状と隠れ食品ロスを防ぐ空間噴霧技術
講師:株式会社ピーズガード技術顧問 野々村和英氏
〇新たな食料生産の扉を開く「アクアポニックス農法」とは
講師:株式会社プラントフォーム代表取締役CEO 山本祐二氏
〇野菜の高速育種技術の現状と可能性
講師:株式会社リーフ・ラボ代表取締役 丸尾達氏 
SDGs目標2 「飢餓をゼロに」は、2030年までに飢餓と栄養不良に終止符を打ち、持続可能な食糧生産の達成を目指しています。本講演では農業と水産業に着目し、低減困難だった柑橘類の出荷前ロスの低減対策、魚と植物を同時に育てる循環式農法アクアポニックスの今、植物工場に適した専用品種の高速育種技術について講演を致します。
詳細は神奈川県支部HPをご参照ください
参加費:会員 2000円 会員以外 3000円
申込:会員の方はコチラからお申込みください。
3月12日 資源工学部会3月CPD講演会 TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前 カンファレンスルーム5J
Teamsを使ったWeb配信併用
18:00

19:30
現在、日本の電力供給の30%は石炭火発で、その炭量は約1億t/年、ほぼ全量が輸入です。その中で、北海道では露天炭50万t、坑内炭30万tを生産してますが、2年後には露天炭鉱の存続が危ぶまれています。一方、北海道には未利用石炭資源が約100億t以上埋蔵されていることをご存知でしょうか。この量は日本の発電用石炭消費の100年分になります。石炭由来のCO2削減と、この自前の石炭による発電は本道にとって有益です。この現状を紹介すると共に、低環境負荷な石炭地下ガス化(UCG)及びCO2の地下固定技術を解説し、安全な地産地消型のエネルギ・システムを提案します。

演題:カーボンニュートラルな石炭資源活用について
講師:室蘭工業大学 板倉賢一特任教授・名誉教授
参加費:会員500円、非会員500円
定員:会場50名、Web200名
申込締切:2024年3月5日

*技術士会会員の方は、コチラからお申し込みください。
*連絡事項欄に「会場参加」 または 「Web参加」の別を記載してください。

問合せ:akihiro.h0507@gmail.com(堀昭博)、ohuchi3911@outlook.jp(大内武巳)
3月12日 技術者倫理研究会 第110回例会 ハイブリッド講演会[機械振興会館 6-64 (会場) および オンライン(Web)の併用] 18:30

20:30
1. 話題:well-beingの技術者倫理教育への取組みと課題
2. 講師:武安 真児氏(情報工学、総合技術監理)
3. 場所:機械振興会館6-64(定員15名)、Web中継、各地域本部等
4. 申込方法:コチラからお申し込み下さい。 
申込期限:3月11日(月)正午
5. 参加費:会員(正会員、会友)…無料、グループ加入会員…無料、 その他…1,000円(グループ加入会員であるかどうかはグループ加入団体にご確認下さい)
3月16日 環境マネジメントセンター オンライン開催(Zoom) 10:00

12:00
Zoomによるオンライン開催です。先着5名を招待いたします。参加希望者は「主催者への連絡事項」欄に必ずメールアドレスを記入してください(記入なしの場合は参加できません)。また、Zoomへの招待は当日の朝9時までに通知しますので、ご承知ください。

講演:「洋上風力発電の進展―浮体式こそ救世主ー」/講師:荒野 てつ也 氏 /例会(情報交換)/申込は行事予定から。
3月16日 2024年3月度修習技術者研修会 機械振興会館6-66会議室、 オンライン(Teams) 13:00

17:15
■実施概要(予定)
◆高専生インフラテクコン 技術士会賞受賞チームによるプレゼンテーション
■定員
 会場:20名、オンライン200名
■参加費:無料
会員の方は新システムから、非会員は左ボタンからお申込みください。
非会員で会場参加希望の方は、連絡事項欄に「会場参加希望」と明記してください。
3月16日 技術コンサルタントとして本気で稼ぎ活躍できるスキルを開放しようー第6回  川崎市産業振興会館 第4会議室(10階)
神奈川県川崎市幸区堀川町66-20
13:00

17:00
技術士活躍の場創出センター主催

・目的
独立して稼いでいる先輩技術者のケーススタディから参加者自らがポテンシャル能力を解放する気付きを得ること。
・対象者
コンサルタントを志望しスキル獲得に本気度の高い方
・参加費:10,000円(振込)、20名限定
・プログラム
13:00~14:00 秋元英郎氏(秋元技術士事務所)
『会社の看板が無いと不安?自分の看板で勝負できるんです。』
困っている人があなたを見つけやすい仕組み(マーケティング)があれば皆さんが磨いてきた独自の技術で多くの人を助けることができます。この情報発信について語ります。
14:00~15:00 福原政則氏(株式会社福原イノベーション研究所)
『コンサルティング企業の顧客創造と利益創造』
起業前準備として、自分が何者であるか、どのようなサービスが提供できるか、どうやってスキルの習得するか、実際の業務内容は、などをご紹介します。
15:00~15:20 植村直人氏(株式会社ウエプロジェクト)
コンサルティング現場に寄り添うコミュニティに登録しませんか
15:30〜17:00 質疑応答、名刺交換会
終了後、場所を変えて懇親会
・連絡先:前田慶之 info@mgijyutsu.jp
3月16日 男女共同参画推進委員会(第61回技術サロン) 機械振興会館2階211会議室 13:00

16:00
「技術士」資格に関する説明及び懇話会
対象:技術者及び技術士を目指す女子学生・女性社会人
※技術士の方はご遠慮ください
定員10名程度、参加費:無料

参加申込はこちら

・数日前までに返信専用メールアドレス【wpetfsalon@gmail.com】より、ご連絡いたします

申込締め切り:3月11日(月)もしくは定員に達した場合
問合せ:wpetf@engineer.or.jp 平塚
3月16日 埼玉県支部技術士制度(資格取得)説明会 武蔵浦和コミュニティセンター第6集会室(JR武蔵浦和駅より徒歩数分、サウスピア内) 13:30

16:30
【☆技術士会員の方はコチラから参加申込するようお願いいたします。】
技術士の活動は、益々産業界で期待されてきています。資格を目指す方、奮って参加ください。
プログラム1.”技術士制度の重点事項の説明”伏見隆夫氏(経営工学、総合技術監理)2.”諸注意事項について” 村山肇氏(金属)3.”技術士資格取得に当たって(受験体験談)” 若林和義氏(建設)。
会費:1500円(一般、修習技術者)、
定員:20名、参加に際し注意事項あり、詳細は支部HPに掲載、
申込は左ボタンから、問合せ:saitama@engineer.or.jp CPD委員会
3月16日 神奈川県支部 技術者の国家資格「技術士」への道ガイダンス 会場参加:波止場会館4階 大会議室
Web参加 :ZoomによるWeb配信
13:30

16:50
技術士を目指す方の技術士試験に関する悩みや疑問に、神奈川県内合格者の体験談を中心にお答えします。
詳細は神奈川県支部HPをご覧ください。
参加費:正会員 2000円 準会員 無料 未入会 3000円 受験希望 2000円 学生・教職員 無料
申込:会員の方はコチラからお申込みください。
問合せ:日本技術士会神奈川県支部
045-210-0337
kanagawa@engineer.or.jp
3月16日 食品技術士センター3月度講演会 機械振興会館およびWeb(Zoom) 13:40

16:50
講演1「海外展開にあたり、食品技術者として把握しておきたいこと」三栄源エフ・エフ・アイ(株) 海外事業部 伊藤 隆氏 (技術士(農業部門)、当会会員))
講演2「新潟県農業総合研究所食品研究センターによる食品産業への技術支援について」新潟県農業総合研究所食品研究センター 小林和也氏 (技術士(生物工学部門))
会費:当センター会員 1.000 円、非会員 3,000 円
申込:コチラよりお申込ください。
3月16日 安心できる安全社会を目指すリスクマネジメント研究会(3月例会) 北とぴあ802A会議室、オンライン(Zoom)併用 15:30

17:00
講演:「「化学工場における原材料の移送と貯蔵におけるリスク管理」遠藤功氏(化学)
【参加対象者】本研究会に入会を希望し、日本技術士会の会員あるいは入会資格のある方
【参加申し込み方法】 こちらのページの 「2.月例会の参加申込方法の(3)」、および、「3.月例会の参加方法」 をご参照の上、3/8(金)までにお申し込みください。
【問合せ先】 山本哲 yamamoto@cea.jp
3月20日 神奈川県支部(第131回CPD講座) 波止場会館・5階多目的ホール(神奈川県横浜市中区海岸通1-1) (Web配信あり) 13:30

16:50
エネルギーを考える(6)
〜洋上風力発電と大規模蓄電システム〜
■講演1.洋上風力発電について
講師:古谷茂也氏(Van Oord Japan株式会社 Business Development Manager)
■講演2.産業用リチウム電池の最新動向と大規模蓄電池のシステム構築技術
講師:木村卓美氏(株式会社GSユアサ産業電池電源事業部エネルギーシステム販売本部SE部部長)

本講演会では洋上風力発電とそのエネルギーの有効活用のために必要な大規模蓄電システムを取り上げます。
講演1では、洋上風力発電の課題と解決について、欧州で50件以上の洋上風力発電プロジェクトを完工したVan Oord社の日本法人の古谷氏に解説いただきます。
講演2では、大型化が進んだ産業用リチウムイオン電池の技術動向・活用事例と、それによる大規模蓄電システムの安全性向上技術について、株式会社GSユアサの木村氏に紹介いただきます。
参加費:会員 2000円 会員以外 3000円
申込:会員の方はコチラからお申込みください。
問合せ: 045-210-0337 kanagawa@engineer.or.jp
3月21日 衛生工学部会 3月講演会 機械振興会館 B3階 研修1室 18:30

19:30
このページは合格者および非会員の方向けのものです。
令和4年度衛生工学部門二次試験合格者および一次試験合格者を無料招待します。
非会員の方は会場参加のみで、WEB参加はできません。
合格者の方は、会場参加/WEB参加の区別を必ず記載ください。
なお、会員の方はこちらから申し込みください。

講演者
(一社)日本環境衛生施設工業会
技術委員会委員長  横山 唯史 様
講演概要
一般廃棄物処理分野における2050年カーボンニュートラル実現に向けて、プラントメーカが貢献すべきと考える領域や方向性、ならびに脱炭素に資する技術開発の動向を海外での先行事例も交えて紹介する。

参加費:合格者:無料 非会員:2,000円(会場参加のみ)
連絡先:井上 護 inomaru@car.ocn.ne.jp
3月23日 情報工学部会3月度CPDコラボ 機械振興会館6D-4会議室 13:00

17:00
◆テーマ: 生成系AIの出現とAIガバナンスについて
◆講師: 学習院大 教授 小塚 荘一郎氏
◆要旨:AI事業者ガイドライン案を参照しながら、AIの利用に関して必要になるガバナンスとはどのようなものかについて考察する。生成系AIはガバナンスに対しどんな問題を提起しているのか。技術士としてどのような点を助言・確認すべきか。これらをワークショップではディスカション(自律型AI,シンギュラリティなど)する。
◆期日:3月23日(土)13:00〜17:00
◆場所:機械振興会館6D-4会議室
◆定員:30名 定員になり次第、締切ます。
◆参加費:会員2,000、非会員3,000
◆申込み:左ボタンから
◆問い合わせ先:幹事 黒澤 ipej16@googlegroups.com
3月23日 労働安全衛生コンサルタントグループ(安全セミナー) ムーブ町屋4階会議室(千代田線町屋駅直結センターまちや4階) 13:30

16:40
令和5年度3月の安全セミナーを「石綿(アスベスト)の危険性と対策」廣瀬清英氏(上下水道、土木安全)「溶接ヒュームのリスクアセスメント」中井知章氏(機械・総監、機械安全、労働衛生工学)と題して開催いたします。
グループ会員1000円、グループ非会員(当会グルーブ会員でない方)2000円、当日徴収します。終了後懇親会別途案内あり
申込期限3月15日、先着40名で締め切ります。
問合せ: 10moaki.nakai1@jcom.home.ne.jp 中井
3月23日 労働安全衛生コンサルタントグループ(懇親会) ムーブ町屋4階会議室(千代田線町屋駅直結センター町屋4階) 16:40

19:00
会費:4000円 当日会議室で受付し徴収します。懇親会場は会議室から近くの居酒屋へ移動します。
申込期限3月15日、前日午後以降のキャンセルの場合、キャンセル料が発生しますのでご承知おきください。
問合せ: 10moaki.nakai1@jcom.home.ne.jp ,TEL:090-1841-6396中井
3月24日 愛知県支部 2023年度「業績発表会」 ツドイコ名駅東カンファレンスセンター Room C およびオンライン配信 13:30

16:15
講演1「豊田合成(株)が何故青色LEDを開発したか?青色LED中心の新商品開発、SDGs関連について」エム・ティ・シー(株)代表取締役 真部勝英氏他、講演2「静電吹付塗装の収益改善活動〜原価低減と価格転嫁交渉の成果発表〜」藤塗装工業(株)営業部 部長 伊藤太祐氏
会費:会員1,000円/会員外2,000円、懇親会有(会費4,000円)
申し込みはPassMarketから
申込期限3月20日(水)
3月24日 技術士包装物流グループ 包装・物流を専門とする技術士による「技術士受験説明会」 会場(機械振興会館(東京都港区))並びに リモート(Zoom)同時開催 14:00

17:00
・プログラム:開会挨拶、基調講演(青木会長)、新試験制度合格者による受験生へのアドバイス(技術士試験準備のポイント、技術士試験に合格するコツ、勉強方法など)、グループ別ディスカッション(参加者を小グループに分け、さらなる情報展開を行うなど)、全体での質疑応答、閉会挨拶、
・参加費:3,000円、
・お申込み方法:コチラ にて 3 月 15 日(金)までお申し込みください。
お問合せ先:担当 橋本香奈 宛 k-hashimoto@kangiken.net
3月26日 第496回情報化研究会 オンライン開催/申込者にURL(Skype)送付 18:00

20:00
[オンライン講演会]全国から参加可(Skype使用)。
タイトル:ネットワークコンピュータのセキュリティ
講師:田吹隆明氏(技術士(情報工学))、田吹技術士事務所代表
概要: 今日、情報化に際して重要な要素であるコンピュータとネットワークにはセキュリティ面において様々な脅威が存在しており、安全性と信頼性を確保するために技術的、組織的そして人的対策が必要とされている。対策を重ねても万全と言える状況にはならないが、セキュリティ対策に必要な概念や要素について重要と思われる事項、アクセス制御、識別と認証、そして暗号の利用等と、それらに関する問題点について述べる。
詳細:コチラから
会費:研究会会員は無料,非会員:1,000円(送金先:上記リンク)
申込締切:前日まで(申込者に参加URLを送付)
申込/問合せ:後藤 agotoh0806Σgmail.com Σを半角@ に替えて使用下さい。Skype使用,ブラウザEdge/Chromeでも参加できます。
4月5日 IT21の会(例会) オンライン(Zoom) 19:00

21:00
(講演1)「(仮題)セキュアな小型衛星の研究開発と宇宙ビジネスマッチング」神薗 雅紀 氏(デロイト トーマツ サイバー 執行役員 CTO)、(講演2)「臨床開発におけるデータサイエンス」林 行和 氏(エイツーヘルスケア株式会社)
参加費:IT21の会会員(無料)、その他1000円(年会費1000円につき入会を推奨) 終了後オンライン懇親会予定
申込詳細はコチラから
4月6日 新規開業技術士支援研究会 北トピア807、Web会議併用 13:30

15:30
内容:事例の紹介と討議
講師:田村雅人氏(機械)、長野 整氏(機械)
参加費:技術士協同組合ネット会員は無料、その他は1000円、詳細はHPから
問合せ:cea@cea.jp

4月6日 農業部会 2024年4月期農業部会講演会 機械振興会館6D-1,2,3 13:50

17:00
(講演1)
演題:電子出版とペーパーバック出版による技術士事務所のアピール(仮)
    −新刊「食品技術士が生涯現役コンサルタントの技術士へ」等の出版−
講師:日本食品技術株式会社 代表取締役社長 江本 三男 氏
時間:13時50分〜15時20分(質疑応答20分含み1時間30分)

(講演2)
演題:農業と環境に関する国際的議論の最前線
講師:農林水産省 輸出・国際局 国際戦略グループ長 米田 立子 氏
時間:15時30分〜17時00分(質疑応答20分含み1時間30分)

参加費用:会員1,000円、非会員2,000円。非会員の方は会場参加のみとなります。非会員の方は、左の申込ボタンからお申込みください。会員の方は、コチラからお申込みください。申込期限は4月1日(月)です。問合せ: harakawa.t@jcity.maeda.co.jp 原川
4月13日 経営管理チーム(4月度例会講演会) ZOOMによるリモート講演 13:30

15:30
連絡事項欄にメールアドレスを記入願います。
各種情報をお送りするために必要です!

題目:「グローバル日本企業の人事制度・人事評価の考察(IT職能を事例として)」
講師:峯尾啓司 氏、峯尾技術士事務所代表 技術士(経営工学部門)
要旨:企業の中で技術者として活動する上で、人事管理は重要な要素です。しかしながら、技術、カイゼン指導において、人事制度や人事評価が課題となることがあります。このような背景から、人事制度の刷新が必要とされます。
過去の経験を踏まえ、特にIT職能を事例として、人事制度の改革についてお話しいたします。その中で、賃金や採用戦略に関する内容も含めて、最新の人的資本経営の動向についても考察します。
講演参加費:経営管理チーム会員外:1000円。
申し込み等:
(1)左のボタンから。4月10日迄
(2)メールアドレスを備考欄に記入願います。
(3)WEB環境を確認願います。環境で通信不具合や、通信費が掛かる事がありますが、自己責任で対応願います。
(4)講演資料をお送りした方には、当日欠席でも会費を頂きます。
連絡先:hitakaha@f4.dion.ne.jp 高橋
4月17日 建設部会(4月講演会) 機械振興会館 6-66会議室(東京都港区芝公園3−5−8) 18:00

19:30
「座標で読み解く今時の測量」
一般財団法人 測量専門教育センター 専務理事 海津 優 氏
参加費:会員・準会員1,000円、非会員2,000円
会場定員40名(申込先着順)
申込締切:4月8日(月)
申込
【会員・準会員】コチラから。会場参加者は「会場支払」ボタンから、Web受講者は「一括支払」ボタンから
【非会員】左欄「申込」ボタンから
※会場では、政府推奨に従って、適切なコロナ感染対策にご協力ください。
問い合わせ先:kensetsu3@engineer.or.jp
4月19日 情報工学部会 一次二次試験合同合格者祝賀会 機械振興会館 6F 6-67会議室 (非会員は会場参加のみ可) 18:30

20:00
●講師:東芝インフラシステムズ(株) 川見 篤史 氏
●テーマ:海外EPCプロジェクトのプロジェクトマネジメント
ベトナムでは、南北高速道路と称される全長1,811kmの高速道路の建設計画が進められている。その一区間である約55kmの新設高速道路に対し、ETCや道路情報板等の一連のITS(高度道路交通システム)設備を一括納入した。そのプロジェクトマネジメント経験を紹介する。
●プログラム:
18:30〜18:40連絡事項
18:40〜19:40講演
19:40〜20:00新合格者紹介
20:00〜懇親会(会場のみ)
●定員:会場30名、 Web100名(4/12締切)
●申込
・非会員:2,000円(本ページ左ボタンより申込:会場のみ)
・会員:1,000円(コチラより申込)
・懇親会:1,000円(申込時に参加・不参加を明記)
・情報工学2023年度合格者:無料(コチラより申込,非会員は会場参加のみ可)
●問合先 一川 IPEJ16@googlegroups.com
4月20日 環境マネジメントセンター オンライン開催(Zoom) 10:00

12:00
Zoomによるオンライン開催の予定です。申込受付は、4月上旬から開始いたします。

講演:「国際協力としての地熱関連研修について」/講師:内山 明紀 氏 /例会(情報交換)/申込は行事予定から。
4月20日 神奈川県支部(第132回CPD講座) 波止場会館・5階多目的ホール(神奈川県横浜市中区海岸通1-1) (Web配信あり) 13:30

16:50
土壌汚染及びPFAS等化学物質汚染の実態と今後の動向〜各汚染調査の現状と課題について〜
■講演1.土壌汚染の現状と調査、対策技術の今後
講師:小林剛氏(横浜国立大学大学院環境情報研究院准教授/博士(工学))
■講演2.PFAS等関連化学物質に関する現状の課題と今後の展開
講師:三宅 祐一氏(横浜国立大学大学院環境情報研究院准教授/博士(工学))

化学物質による環境汚染は多様化し、その影響の解明と早期の対策が求められます。今回は多様な化学物質のリスク評価・低減技術について取り上げます。
講演1:リスクが高い物質や発生源に着目して進められている研究の中から、土壌汚染物質の効率的な調査・浄化技術について解説していただきます。
講演2:ストックホルム条約で製造・使用が禁止されている残留性有機汚染物質(POPs)の中で注目され、監視や規制が進んでいる有機フッ素化合物(PFAS)に関する現状の課題と今後の展開をお話しいただきます。
参加費:会員 2000円 会員以外 3000円
申込:会員の方はコチラからお申込みください。
問合せ: 045-210-0337 kanagawa@engineer.or.jp
4月20日 安心できる安全社会を目指すリスクマネジメント研究会(4月例会) 北とぴあ807会議室、オンライン(Zoom)併用 15:30

17:00
講演1:「各社の安全目標について」中村昌允氏(化学)、講演2:「船舶衝突事故回避の安全基準と機関性能」石川憲治氏(機械)
【参加対象者】本研究会に入会を希望し、日本技術士会の会員あるいは入会資格のある方
【参加申し込み方法】 3月下旬に掲載予定。
【問合せ先】 山本哲 yamamoto@cea.jp
5月7日 資源工学部会5月CPD講演会・合格者歓迎会 機械振興会館(6階 6-65会議室)、Teamsを使ったWeb配信併用(web配信は会員のみ) 18:00

19:30
サーキュラーエコノミーとは、製品・素材・資源の価値を可能な限り長く保全・維持しながら廃棄物の発生を最小限化し、付加価値の最大化を目指す社会経済システムです。多岐にわたるサーキュラーエコノミー関連技術において中核となる分離・濃縮技術について早稲田大学の所千晴教授に解説頂きます。貴重な機会でございますので、皆さま奮ってご参加ください。

【演題】サーキュラーエコノミー実現に必要な分離・濃縮技術
【講師】早稲田大学 所千晴教授
【参加費】会員500円、会員以外1000円、新規合格者は無料
【申込締め切り】2024年5月1日(水)
【申込方法】 非会員は左のボタンから、会員はコチラから申し込みください。

講演会終了後、講演会場にて、2023年度技術士試験合格者歓迎会を開催します。新規合格者の皆様は問い合わせ先まで直接お申込み下さい。

連絡先:資源工学部会 林 誠 makoh0576@gmail.com
5月17日 情報工学部会 5月例会 機械振興会館 6F 6-66会議室(非会員は会場参加のみ可) 18:30

20:00
情報工学部会定期総会および新合格者(2022年度)による講演会
◆講演1:上水道施設の維持管理におけるICTの活用事例
◆講師1:谷口 靖博氏(アジア航測株式会社)
◆講演2:サイバーセキュリティからみるこの5年 〜新会社と共に迎えたStay Homeと法改正〜
◆講師2:長谷川 淳一氏(株式会社Works Human Intelligence)
◆プログラム
 (1)定期総会(18:30〜18:50)※報告のみ
 (2)講演1、2(18:50〜20:00)
◆定員:会場参加(50名)
 ※申し込み先着順(定員になり次第締め切ります)
◆参加申込:
・非会員:1,000円(左ボタンより申込、会場参加のみ可)
・会員:無料(こちらより申込)
・2023年度情報工学部門合格者:無料(連絡先メールより申込)
※申込時に参加方法(会場またはオンライン)を明記
※オンライン参加者へ開催2日前にTeamsのリンクを通知
◆連絡先・担当幹事:主)松浦、副)小山 IPEJ16@googlegroups.com
5月25日 上下水道部会 2024年5月度講演会及び第一次・第二次試験合格祝賀会 機械振興会館 6階 6-D1会議室 13:00

17:00
■実施概要
(1)講演会 13:00〜17:00
    講師:山口 岳夫 氏(水道技術経営パートナーズ(株) 代表取締役)
    演題:水道界における官民連携の状況について(仮題)
(2)合格祝賀会 15:10〜16:30
    第一次・第二次試験新合格者の紹介、名刺交換会他
■定員:40名
■参加費:2,000円(会場で徴収します)
■問合せ:water.sewer.works●gmail.com
     (●を@に変更してメール願います)
左ボタンからお申込み願います。

  会員の方はコチラから申込み下さい。誤ってこちらで申込みされた場合は、非会員の額で請求させて頂きます。
また、新合格者は無料となります。申し込み方法が異なりますので、詳細は部会ホームページを参照下さい。