一般行事案内

2018/05/27 02:20
公益社団法人日本技術士会の会員以外の方もご参加いただける行事をご案内します。

2018年05月27日以降の行事を表示しています。 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
*行事名が下線付きになっているものは、クリックして戴くと詳細情報を表示します。

開催日 曜日 会合・行事名 場所 時間 内容/連絡先
5月27日 労働安全衛生コンサルタントグループ(2.特別講演会) サンパール荒川第7集会室(荒川区荒川1-1-1) 14:45

16:50
経営者層が心打たれる安全指導の心得〜コミュニケーションエラーを防ぐ話し方、聴き方〜秋田 義一氏(一般社団法人話力総合研究所理事長)
グループ会員1000円、非会員2000円、終了後懇親会あり(4000円当日徴収)
問合せ:y-ishi1749@nifty.com石田
5月29日 技術士包装物流グループ(研究会) 日本マテリアルフロー研究センター会議室(東京都豊島区南池袋2−47−6 パレス南池袋2階) 18:00

20:30
講演:「段ボール箱の圧縮強度推定計算式の構造」、高山崇氏(キューピー(株)シニア・コーポレート・サイエンティスト)
会費:講演(当会会員外2,000円)、懇親会(1000円)
連絡:坂巻chihiro.sakamaki@yahoo.co.jp
5月31日 東北本部(農業部会年次報告会および研修会) パレスへいあん   ・年次報告会、・研修会 講師:フードプランナー 早坂久美氏 演題:農業の六次産業化、・研修会終了後懇親会
・問合せ:日本技術士会 東北本部 TEL022-723-3755
6月2日 中国本部(建設部会例会・講演会) 合人社ウェンディーひとまちプラザ 13:00

17:00
講演会:「質の高い交通システムに向けて」藤原章正教授(広島大学大学院)、「路面電車の安全性・利便性の向上を目指して」藤元秀樹氏(広島電鉄(株))、「マツダの目指す自動車の未来像」栃岡孝宏氏(マツダ(株))
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
6月2日 茨城県支部(第36回技術士CPD講座) 「ワークプラザ勝田 2F 研修室 3」ひたちなか市東石川1279 (Tel 029-275-8000) 13:30

15:30
1.講演会 (1)演題:『日本のエネルギー事情と現場で役立つ省エネ技術』、 (2)講師:YM技術士事務所 所長  技術士(機械)梁取美智雄氏 、(3)概要: よく採用されている、高効率空調機、インバータ制御式ポンプ・ファン、LED照明などの基本的省エネ技術の紹介のほか、これからの省エネには、新技術の採用も重要であり、発表者が現役時代に基礎的に研究してきた、『潜熱蓄熱材』と『動力低減用界面活生剤』の、業界での新たな応用動向についても紹介する。1点は、潜熱蓄熱材を建築材料へ含浸し余剰熱を蓄熱活用するための動向、もう1点は、大幅なポンプ搬送動力を削減する方法として,特殊な界面活生剤を水に添加し『棒状ミセル』を形成させ、乱流を層流に変える新技術の商用展開の動向を紹介します。 なおより詳細な概要は、茨城県支部HPの最新情報を参照願います。
2.会費:技術士会:会員・一般500円、非会員1,000円
3.申込期限:5月28日(月)迄
4.問合せ:E-Mail:ibaraki@engineer.or.jp、FAX:029-265-5558
6月2日 新規開業技術士支援研究会 北トピア601会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:外館秀一氏(機械)、上野仁氏(情報工学)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
6月2日 中部本部(夏季講演会) ウインクあいち 903号室 13:30

17:00
講演1「これからの斎場計画と管理体系について(仮題)」太陽築炉工業(株)代表取締役社長江口正司氏、講演2「既存下水道処理施設の再生活性化について」辻喜礦会員(上下水道/衛生工学部門、前中部本部長)、講演3「日本の大気環境の現状について〜PM2.5を中心として(仮題)」稲垣隆司会員(環境部門、岐阜薬科大学学長、元愛知県副知事)
会費:会員1,000円/未会員2,000円/学生無料/交流会3,500円、申込は会員コーナーからまたは中部本部g-chubu@asahi-net.email.ne.jp(部門、フルネーム、交流会参加不参加を必ずお知らせください)へ、詳細は中部本部HPに掲載(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/)
6月2日 農業部会(2.講演会) 機械振興会館 13:50

17:00
「植物工場に関する最近の技術開発や普及実態について」高市益行氏(一般社団法人日本施設園芸協会参事)、「生命工学の最前線」富田因則氏(静岡大学グリーン科学技術研究所 グリーンバイオ研究部門 教授)、会費:会員千円、会員外2千円、終了後情報交換会、申込みは行事予定から、懇親会の参加不参加を明記
問合せ:momotaro@js2.so-net.ne.jp担当:湯川
6月2日 CP&RMセンター(月例会) 船堀タワーホール 14:00

16:30
【議題】安全保障貿易管理のための1.Advanced試験対策セミナー開催、2.該非判定受託、3.外為法、4.米国EAR法、5.時事問題: 【参加費】メンバー以外 1千円:【問合せ先】kytechno@nifty.com
6月2日 千葉県支部(第61回CPD講演会) 千葉市ビジネス支援センター きぼーる15階 多目的室 14:00

17:30
1.講演:「家庭部門における二酸化炭素削減の現状とうちエコ診断の果たす役割」
2.講師:佐藤ミヤ子氏(NPO法人環境カウンセラー千葉県協議会理事 うちエコ診断士)
3.講演要旨:世界各地で極端な高温や豪雨などの異常気象に見舞われている昨今。一昨年12月のCOP21(パリ協定)で、産業革命からの平均気温上昇を2℃未満に抑える事を世界共通目標で合意。日本では2030年26%のCO2排出量削減(2013年比)を目標とした。特に、家庭部門からの約40%削減目標にむけ、cool choiceによる無理なく継続出来る省エネなどの工夫が求められる中、うちエコ診断の仕組みとその役割を考える。
4.講演終了後交流会
5.会費:会員1,500円(交流会参加者は別途1,000円徴収)、申込は行事予定から 交流会参加・不参加を明記
問合せ:日本技術士会千葉県支部企画委員会
6月5日 食品技術士センター(2.同講演会) 同上 14:00

17:00
講演1「水産加工業における変化の必要性と連携の意義」中原尚知氏(東京海洋大学海洋政策文化部門 准教授)、2「ビール造りにおける安全・衛生・品質の管理について」 高橋裕二氏(キリンビール株式会社 取手工場 副工場長 技術士:農業部門)
参加費:会員1,000円、会員外2,000円、大学関係者無料(申込不要)アクセス等詳細:http://fpcc.jimdo.com/
6月6日 経営工学部会(6月例会・部会年次総会及び講演会) 機械振興会館B3階研修−1室 18:00

21:00
第1部:技術士会・部会活動報告・行事案内、部会年次総会(総会議案書、議決権委任については別途案内)。
第2部(18:45〜):講演会「ネットワークが真のコンピュータになりゆく時代」大学での情報基盤構築経験から、CMSによるWEBホスティング、電子出版システム、インテリジェンスマイニングによる文章診断なども紹介予定、講師:静岡大学情報基盤センター、副センター長、准教授長谷川孝博氏。
第3部:ワンドリンク交流会。会費:会員1000円、非会員2000円。申込はHP行事予定から。詳細は経営工学部会HP参照。
6月7日 技術士包装物流グループ(第140回関西支部研究会・国内見学会)) (株)ダイフク滋賀事業所「日に新た館」滋賀県蒲生郡日野町 12:50

17:00
見学内容:展示場・太陽光発電システム見学(見学会後に交流会)
集合場所:JR近江八幡駅
会費:見学会のみ1,000円、交流会参加者3,500円
連絡:森川morikawaryou@fujikikai.co.jp
6月8日

6月9日


第37回技術士業務開業研修会(実践コース) 機械振興会館 地下3階 研修2 10:30

18:30
●内容:(6月8日10:30〜18:30)(6月9日10:30〜17:00)
技術士コンサルタント心得・業務開拓・海外業務等、具体的な体験談、法人化・事務所運営の紹介等、具体的な営業体験談/情報交換会(8日のみ) ※都合により、内容等を変更する場合がありますのでご承知おき下さい。
●定員(申込み先着順):50名
●参加費(資料代・昼食費・情報交換会(懇親会)費含む):会員30,000円,非会員60,000円,参加費は次の口座にお振込みください。「郵便振替 00170-4-63781 参加費口(社)日本技術士会」※実践コース参加費と明記
●備考:5/16の入門コースにて参加費を支払済みの場合、会員27,000円、会員外54,000円
●申込先:受講申込みは必ず技術士会HP−WEB行事予定から申込んで下さい。
●照会先:技術士活性化委員会 委員会事務局 LCL-IND@engineer.or.jp(担当:滑川・松井・濱田・平田)
6月8日 IT21の会(例会) 東京ウィメンズプラザ 第二会議室 18:30

20:30
「無線LANセキュリティの嘘と真実」亀高正徳氏(技術士 電気電子/情報工学部門)及び他 諸田敦洋氏(技術士 情報工学部門)講演
会費:無料、懇親会(会費別途)
詳細は http://it21.info/
6月8日 機械部会(例会) 機械振興会館、6-67号室 18:30

20:30
◎「エンジンは現代の恐竜か?」(地球温暖化という気候変動によってエンジンは滅亡する運命にあるのか?代替機関の動向と、エンジンの生き残りをかけた戦いについて概説する。)伊東明美氏(東京都市大学 工学部 准教授)、会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp加藤
6月9日 成功・失敗体験教育研究会(ワークショップセミナー) 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター東京 5階501室 10:00

17:00
第20回リーダーを目指す技術者倫理セミナー「品質の逸脱はなぜ防げないのか:データ改ざん・ねつ造のパターンを知る」中村昌允氏(東京工業大学特任教授、技術士(化学部門))他
詳細:https://www.jsme.or.jp/tsd/kouen/2017/No18-52.pdf
会費:会員3000円、会員外5000円、5月28日までに,お申し込み下さい。事前に(6月1日ごろ)E-mailで資料を送信いたします。定員に余裕がある場合、当日受付いたします。資料配布後のキャンセルはできません。
申込・問合せ:日本機械学会 技術と社会部門(担当職員 篠原 江利奈)/ E-mail:shinohara@jsme.or.jp/FAX(03)5360-3508
6月9日 九州本部(北九州地区支部一次試験説明会・CPD・年次大会祝賀会) 北九州市八幡東区:北九州イノベーションギャラリー(KIGS) 13:00

17:00
「1次試験説明会と合格体験談」北九州地区支部、技術報告1「西日本大会での発表内容」村上恵美子(環境)。2「マーケチングと研究開発について」小柳嗣雄(化学・総監)。問合:小柳TEL:093-612-0191
6月9日 中国本部(岡山県支部6月例会・講演会) 岡山商工会議所 13:30

17:00
講演1「語らい座大原本邸〜変革の時代の人材育成ということ〜」山下陽子氏 岡山大学特任教授、講演2「技術者倫理とエンジニアリング・デザイン」鈴川竜司氏 (有)スズカワ設備事務所
会費:会員500円、非会員1,000円、問合せ:Tel 086-254-2422 okayama@ipej-chugoku.jp岡山県支部
6月9日 長野県支部(平成30年度年次大会及び 記念CPD講演会) ホテルモンターニュ松本 14:00

18:20
・受付 13:30〜14:00、・年次大会 14:00〜14:30、・CPD講演会 14:50〜16:20「応用理学がひもとく“信州の自然”」ー限られた予算や条件の中で、自然の仕組みをひもとき、その結果をどのように社会に役立てるか具体例とその舞台裏の出来事をまじえてー、講師:富樫均氏(長野県環境保全研究所 自然環境部 専門研究員)、・交流会 16:30〜18:20、・問合せ:penagano@penagano.org
6月9日 繊維部会(H30年6月度月例会・共催JTCC) 機械振興会館6-64会議室 15:00

17:00
講演:題目「ナノファイバー技術と将来展望」 JTCC副理事長 八木健吉氏
講演終了後、懇談会(技術士活動の情報交換)
会費:会員1,000円、非会員2,000円。
連絡先:JTCC関東事務所TEL:03-5643-5112、FAX:03-5614-0103 E-mail:jtcc-kt@nifty.com
6月12日 資源工学部会(講演会) 機械振興会館(6F会議室6-61) 18:00

20:00
「大型銅鉱山選鉱プラント建設〜操業立上げの実例」JX金属探開(株)代表取締役社長 村上健一氏
会費:1,000円、申込はHP行事予定から。
問合せ:m-mizuno@violet.plala.or.jp
6月12日 知財コンサルティングセンター(PCIP)セミナー 機械振興会館 B3-6号室 18:30

20:00
【テーマ】「欧米特許情報調査の基礎知識と留意点」
【講師】株式会社イーパテント代表取締役社長 野崎篤志氏
【申込先】企画担当幹事 安藤(pcip.seminar@gmail.com
【講演概要】本セミナーでは欧米の特許出願構造などを踏まえつつ、特許調査における基本的なポイントやテクニックを解説する。欧米特許特有の検索手法の考え方と検索スキルの習得、並びに、外資系特許調査・分析企業において、日本特許調査だけではなく欧米特許調査・分析について豊富な実務経験を有する講師が担当する。
6月15日 東北本部(2.衛生工学・環境・上下水道部会・研修会) (株)ユアテック本社3階 14:00

17:00
女性技術士のしなやかな感性から『再エネ・環境アセスと駅トイレ整備』 講師:田中菜摘氏(田中菜摘技術士事務所)・仲川ゆり氏(JR東日本ビルテック(株))、会費:無料、募集人員:80名(先着順)
申込・問合せは日本技術士会東北本部事務局FAX:022-723-3812、E-mail:tohokugijutushi@nifty.com
6月15日 原子力・放射線部会(特別講演) 機械振興会館6階6−66室 15:00

17:00
講演「日本の原子力利用の課題と人材育成」 講師:岡芳明 氏(原子力委員会 委員長)詳細は決まり次第部会HPに掲載します。会費:無料
問合せ先:https://www.engineer.or.jp/dept/nucrad/d2000.html
6月16日 環境マネジメントセンター 新富区民館(7号室洋室) 東京都中央区新富1丁目13番24号 10:00

12:00
例会(情報交換)、ミニ講演:「欧米・中国で研究が進む全く新しいサステナビリティーの指標「エメルギー」の概要」 講師:武田彰夫氏、申込は行事予定から。
会場:http://chuo7kuminkan.com/about/shintomi.html
6月16日 男女共同参画推進委員会(第38回技術サロン) 機械振興会館2階211会議室 13:00

16:00
「技術士」資格に関する説明及び懇話会、対象:技術者及び技術士を目指す女子学生・女性、※技術士の方はご遠慮ください、定員15名、参加費:無料
申込・問合せ:wpetf@engineer.or.jp平塚
6月16日 中国本部(1.鳥取県支部年次大会・講演会) 日本海新聞中部本社ホール 13:00

16:00
講演会:「民間航空機機体保全のORモデルと土木構造物への応用」伊藤弘道教授(鳥取大学)
問合せ:0857-31-3537(鳥取県支部事務局)、E-mail:tottori@ipej-chugoku.jp
6月16日 平成30年6月度修習技術者研修会/修習技術者発表研究会 機械振興会館 6階 6D-4会議室 13:00

17:20
■コミュニケーション研修会: 講師3名
■修習技術者発表研究会 : 1名発表予定
※詳細決まり次第HPに掲載します。
■参加費 : 準会員、一次試験平成29年度合格者、JABEE認定課程平成29年度修了者、学生 1,000 円/正会員 2,000円/上記以外(非会員) 3,000 円
※ 17:30〜情報交流会に参加する場合は 1,000円追加
■定員 : 先着40名(定員になり次第締切)
■主催 : 修習技術者支援委員会
6月16日 神奈川県支部(第68回CPD講座) 波止場会館4階大会議室(横浜市中区海岸通1-1) 13:30

16:40
◆テーマ「豊かな海へ(ハマの海での挑戦)」
◆下水道の整備できれいになった東京湾で、今豊かな海への挑戦が始まっています。本企画では、港湾都市横浜で始まった「海洋都市としての取組」や「きれいな海づくり」から「豊かな海づくり」への実践例をわかりやすく話題提供いただき、海をベースにした今後のまちづくりの課題を共有することを目的に開催いたします。
・講演(1)「海洋都市横浜への胎動」、講師 株式会社 エックス都市研究所理事 信時 正人 氏
・講演(2)「海を想い、人と語らい、地球に感謝を!」、講師 一般社団法人 里海イニシアティブ 代表理事 小笠原 伸一 氏
◆受付開始:13:00
◆会費:会員2,000円、準会員1,000円、非会員3,000円
◆申込み:左欄の「申込ボタン」、FAX045-210-0338、E-mail:kanagawa@engineer.or.jp
◆期限:6月11日 ★問合せ:県支部事務局 TEL045-210-0337
6月16日 中部本部(愛知県支部平成30年度年次大会・特別講演会) 中部大学 名古屋キャンパス 6階大ホール 13:30

17:00
年次大会、特別講演「日本の航空宇宙政策について」新妻秀規会員(参議院議員、文部科学大臣政務官)、会費:日本技術士会会員1,000円・会員外2,000 円、学生無料、交流会:3,000円
詳細は中部本部HP(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/index.html
申込み:申込欄の「申込」をワンクリックして下さい。交流会参加不参加をご記入下さい。問合せ先:愛知県支部企画研修委員会 鈴木 朗:akira-suzuki@abelia.ocn.ne.jp
6月16日 中国本部(2.鳥取県支部年次大会・交流会) ホテルセントパレス倉吉 18:00

20:00
交流会、交流会費5400円、問合せ:0857-31-3537(鳥取県支部事務局)
6月17日 中部本部(専門職技術者初期高等教育促進セミナー) 名古屋学院大学 日比野学舎 13:00

17:00
テーマ「専門職技術者教育〜JABEEの目標と現状、技術士への期待」、講演1「専門職技術者高等教育とPE協会〜いくつかの問題提起」比屋根均会員(衛生工学/総合技術監理部門)、講演2「JABEEの目標と課題、技術士への期待」日本技術者教育認定機構認定会議議長三木哲也氏、パネルディスカッション&全体議論「専門職技術者教育の実質化に向けて、何ができるか、何をすべきか」
参加費:会員1,000円/非会員2,000円/学生無料、懇親会有
詳細は中部本部HP(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/)、お申込みの際にはお名前、登録部門、交流会への出欠を必ずお書きください。
6月19日

6月23日


東北本部(再エネ・地域フロンテア人材養成事業計画/地中熱・未利用熱活用Aコース) 郡山市民交流プラザ第3会議室(郡山駅徒歩1分・ビッグアイ7階) 10:10

17:30
【東北本部ふくしま未来委員会後援行事】地中熱・未利用熱活用事業人材養成コース/Aコース(地中熱・未利用熱採放熱技術習得コース)、90分×4コマ×5日間、定員:40名(先着順)、CPD:1時間当たり1ポイント(6ポイント/日)、受講料:無料(別途、各自テキストをお求めください)
申込・問合せ先:アカデミア・コンソーシアムふくしま事務局〔福島市金谷川1番地 福島大学 地域連携課内(担当:長谷川)〕TEL024-548-8358 FAX 024-548-5244 E-mail f-core@adb.fukushima-u.ac.jp、詳しくは、アカデミア・コンソーシアムふくしまのホームページhttp://acfukushima.net/News/index.html
6月19日 応用理学部会(講演会) 機械振興会館 6階6-67室 18:30

21:00
1.講演会:においの不思議−最新のにおいの科学について−(埼玉大学准教授 長谷川登志夫氏)
2.CPD:2.0
3.参加費:会員1,500円(交流会参加の場合)または1,000円(講演会のみ)、非会員2,000円
4.講演会終了後、20時30分頃より交流会予定
5.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338 (お願い)交流会参加希望の場合、WEB申込「主催者への連絡事項」の欄に「交流会参加」とご記入ください。
6月20日 金属部会(講演会) 機械振興会館  6階65号室 18:00

20:30
「高耐食性めっき鋼板エスジ−エル(Mg添加Al-Zn系溶融めっき鋼板)の開発」藤井史朗氏 日鉄住金鋼板株式会社 鋼板開発技術部,会費2000円夕食付、食事無1000円、締切6月13日、申込は会HP行事案内(食事無しは備考欄に明記)
問合せ:yamazaki@seishin-ip.com山崎
6月20日 建設部会(講演会) 機械振興会館  6階-67号室 18:00

19:30
「土砂災害と砂防技術」大野宏之氏((一財)砂防・地すべり技術センター専務理事)
会費:会員1,000円、一般2,000円、申し込みは行事予定から、定員40名(先着順)、〆切6月13日
(内容)我が国における土砂災害の特徴とその発生原因を理解し、近年の主な土砂災害の被害状況を検証する。また、砂防技術の歴史的変遷と砂防事業の効果事例を紹介し、ハード・ソフト両面から日本の土砂災害対策の現状と将来の砂防技術の展開と方向性について明らかにする。
6月21日 環境部会(2018年6月度講演会) 機械振興会館  6階6−65 18:30

20:40
演題:「(仮)東京オリンピック・パラリンピックの環境配慮について」講師:梅原 由美子 氏(Value Frontier(株)取締役)
会費:会員1,000円、非会員2,000円
※詳細は決まり次第、部会HPでご案内します。
6月22日 森林部会(講演会・森林土木部会) 日林協会館3F大会議室 14:30

17:00
講演:「森林地帯における流木対策」
国内の森林の4割を占める人工林は、戦後に植林されたものが多く、大半が大径木からなる林となっています。そのために、森林流域において、豪雨や地震により崩壊、土石流が発生して森林が破壊された場合には、土砂とともに、大径かつ長大な流木が流出しやすい現状にあります。したがって、下流の流木災害を防止するために、森林流域において、流木の発生、流下を制御することが重要な課題となっています。 今回は、流木災害、流木対策に造詣の深い方を講師としてお招きして、流木に関する研究・対策の歴史や現状について学ぶととともに、今後の課題について、意見交換を行います。
講師:東京農工大学名誉教授石川芳治 参加費無料 申込HPから
問合:shin-gi@forest-pro.jp
6月23日 TQM経営支援研究会(6月例会) 未定 10:00

12:00
農業におけるTQM事例、その他
会費:1,000円、 問合せ:hidekisiraisi@yahoo.co.jp(白石)
6月23日 平成30年度(第36回)技術士CPD・技術士業績・研究発表年次大会 機械振興会館 地下2階 ホール 13:00

17:00
■業績・研究論文発表 9編発表予定
* 小川文輔 【 技術セミナー講師を通じた技術士の広報活動のあり方とステップアップに関する考察 】
* 山口隆正 【 科学技術週間サイエンスカフェ「ものづくりのサイエンス」での技術者教育 】
* 神田淳 【 滑走路の雪氷状態モニタリング技術の開発 】
* 森茂雄 【 総合エネルギー使用計画作成支援ツールの開発について 】
* 濱崎彰弘 【 バイオマスによる地球温暖化問題、エネルギー問題、貧困飢餓問題の解決策提案 】
* 田中好雄 【 フードサプライチェーンにおける“フードロス削減”と利害関係者の役割 】
* 鐘廣喜 【 技術者としての本質的な考え方 】
* 菱沼一夫 【 公的規格の再点検と合理的な≪De facto standard≫による製造の保証確立 】
* 野村晃平 【 IPD (初期専門能力開発) に関する研究と提案 】
■参加費 : 正会員 2,000円、準会員 1,000円、非会員 4,000円
■定員 : 先着 150名 (定員になり次第締)
■主催 : CPD支援委員会
6月23日 茨城県支部(平成30年度年次大会・講演会・交流会) 「ワークプラザ勝田 2F 大会議室、研修室2」ひたちなか市東石川1279(TEL029-275-8000) 13:30

18:30
●年次大会:13:30〜14:10(大会議室)
1.挨拶(支部長、来賓)、2.県支部の活動・決算報告と計画・予算 ・平成29年度 活動報告及び決算報告・平成30年度 活動計画及び予算、3.その他
●講演会:14:20〜17:00(大会議室)
1.テーマ:『イノベーションの多様化』、2.講演1・演題;「若手技術者の育成の取組みを考える」・講師;日本技術士会副会長 技術士(応用理学)岩熊まき氏、3.講演2・演題;「脳科学の産業応用、新たなイノベーションの創出」・講師;株式会社NeU 代表取締役CEO 長谷川 清氏
●交流会:17:00〜18:30(研修室2)
●参加費;1.講演会:会員・一般1,000円、非会員2,000円、2.交流会:3,000円
●申込み期限:6月15日(金)
●申込時の注意事項;・日本技術士会HPから申込みの際は、主催者への連絡事項欄に、『交流会参加または不参加』を記入願います。
●詳細な内容・:・茨城県支部HPを参照ください
6月23日 機械部会(土曜例会) 機械振興会館、B3F第2会議室 14:00

18:30
「会議で活きるファシリテーション基礎体験」【講演とワークショップ】(最近さまざまな立場の方の意見を聴いて合意形成を進めていくシーンも多くなりました。会議運営のツールとして注目を集めているファシリテーション。今回は,4つのシーン別基礎的体験を行うことによってファシリテーションとは何かを実感してもらうことをめざします。)井上信治氏((株)島津製作所 基礎技術研究所、)
◆募集:先着60名(定員になり次第締切)
◆会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可
◆申込は行事予定から、問合せ:dmech@engineer.or.jp加藤
6月23日 経営管理チーム(6月例会) 機械振興会館B3-2号室 14:00

17:00
講演題目:「品質工学を開発業務に活かす方法」
講師:庄司尚史氏(庄司技術士事務所・代表)
講演要旨:「品質工学の目的は直交表を使って実験を効率化することではなく、広い意味で生産性の改革を考えることである。その進め方には一種の原則があるものの、現実の技術や製品の開発はストーリーに当てはめれば答えが出てくるような簡単なものではない。 本講演ではまず品質工学の思想や全体像を解説し、開発業務(技術開発〜設計)に活用する場合の実際的な課題とその対応方法について紹介する。」講演後ワンドリンク意見交換会、その後例会を実施。
会費:KKT会員千円、KKT会員外:2千円。(KKT=経営管理チーム)
問合せ・申し込み:rxi00246@eastcom.ne.jp 熊田 又は技術士会ホームページから
6月23日 中国本部(2.機械/船舶・海洋/航空・宇宙部会 講演会) 第3ウエノヤビル6階コンファレンススクエアM+ 14:00

17:20
講演1「国のイノベーション政策〜Society5.0とConnected Industries」松下幸之助氏 島根大学教授。他、航空機産業関係についての講演 佐々木孝治氏 三菱重工業(株)及び自動運転関係についての講演 坂上 正氏 マツダエース(株)。広島/岡山/山口をSkypeで繋ぐ。会員500円、非会員1,000円
問合せ:(中国本部事務局)担当:勝田
6月26日

6月30日


東北本部(再エネ・地域フロンテア人材養成事業計画/地中熱・未利用熱活用Bコース) 郡山市民交流プラザ第3会議室(郡山駅徒歩1分・ビッグアイ7階) 10:10

17:30
【東北本部ふくしま未来委員会後援行事】地中熱・未利用熱活用事業人材養成コース/Bコース(建築・環境・システム技術習得コース)、90分×4コマ×5日間、定員:40名(先着順)、CPD:1時間当たり1ポイント(6ポイント/日)、受講料:無料(別途、各自テキストをお求めください)
申込・問合せ先:アカデミア・コンソーシアムふくしま事務局〔福島市金谷川1番地 福島大学 地域連携課内(担当:長谷川)〕TEL024-548-8358 FAX024-548-5244  E-mail f-core@adb.fukushima-u.ac.jp、詳しくは、アカデミア・コンソーシアムふくしまのホームページ http://acfukushima.net/News/index.html
6月28日 化学部会(講演会) 機械振興会館B3-1号室 18:00

19:30
「昆虫に学ぶ匂いセンサの開発」神崎亮平氏(東京大学先端科学技術研究センター教授)
参加費:会員・関連学協会会員1,000円、会員外2,000円。
申込:左欄の「申込」ボタン、または「沢木」まで。TEL/FAX03-6433-9696、問合せ:cycle.sawaki@nifty.com
7月1日 近畿本部(H30年度兵庫県支部年次大会・講演会・親睦会) 神戸市産業振興センター10Fレセプションルーム&レストラン 14:00

18:30
(1)年次大会(14:00〜15:15):県支部会員対象(無料)、(2)講演会:第12回CPD講座(15:30〜16:40):「気象よもやま話」(仮称)、講師:元岡山地方気象台(調査官)・林 昭仁氏、岡山地方気象台における地上気象観測だけでなく、気象庁観測船における海上気象観測や関空における航空気象観測の経験を踏まえた気象観測全般にわたる話をお聞きします。会員1000円、会員外2000円、(3)親睦会(17:00〜18:30):4000円、個別に申込可能、いずれも先着80名、申込メールに、氏名、会員/会員外、技術士部門、連絡先、参加を希望する項目を(1)〜(3)にて明記のうえ、下記、申込先まで。
問合・申込先:県支部役員 info@ipejk-hyogo.net
7月2日 製品安全技術士センター(2.特別講演会) スクエア荏原中会議室(品川区荏原4-5-28) 18:00

19:45
特別講演「製品安全の事例紹介と解説」田村直義氏(MS&ADインターリスク総研株式会社主席コンサルタント)、「化学コンビナート事故の鑑定例と一考察」最上和生氏(機械)、終了後、情報交換会(懇親会)あり、会費:一律2000円、問合先10moaki.nakai1@jcom.home.ne.jp中井
7月2日 近畿本部(環境研究会・講演) 大阪市中央区アーバネックス備後町ビル3階ホール 18:30

20:30
「人工知能の概要を学び共に考える」大阪府立大学工業高等専門学校地域連携テクノセンター長土井智晴氏による講演を行います。参加費は、会員無料、会員外1,500円。終了後懇親会(参加費3,000円)。
詳細は、http://pe-eco.jp/uploads/call/1437.pdf参照。申込・問い合わせは、m.fujihashi@niftyu.com藤橋まで。
7月4日 経営工学部会(見学会) 東京都産業技術研究センター本部(東京都江東区) 13:15

16:00
東京都立産業技術研究センター(都産技研)
平成23年10月に臨海副都心青海地区に新たな本部拠点として開設された、当センターを見学。3Dものづくりセクター、実証試験セクター、環境技術グループ、ロボット開発セクターなどを見学し、評価・試験設備などの知見を広めるとともに、依頼試験、機器利用、技術相談、海外輸出技術支援などの都産技研の支援事業を知ることを通して、技術コンサルタントや企業内技術士の今後の活動に役立てる。
*定員40名程度、参加費1,000円(非会員2,000円)。13時15分ゆりかもめテレコムセンター駅改札口集合。詳細は部会HP参照。申込は行事予定から。
7月7日 埼玉県支部(平成30年度年次大会及びCPD講演) 埼玉県新都心ビジネス交流プラザ(JR埼京線北与野駅西口前) 13:30

19:00
◆CPD講演「技術者の将来像」、埼玉大学副学長 重原孝臣氏
◆年次大会「チャレンジする技術士」、支部活動方針、県支部委員会活動報告と計画、質疑応答
◆懇親・交流会(大会後、別室にて)
※参加申込は左欄のWEB申込ボタンから、備考欄に懇親会参加の有無をご記入の上、お申込みください。
※会費:技術士1,000円、修習技術者500円、懇親会2,000円
※詳しくは、埼玉県支部HPをご覧ください。(問合せ先:saitama@engineer.or.jp
7月7日 新規開業技術士支援研究会 北トピア803会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:今澤伸次氏(建設)、佐々木久美氏(化学)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
7月10日 衛生工学部会(見学会) パナソニック東京汐留ビル 14:00

17:30
見学先:パナソニック東京汐留ビル。概要:施設及びビジネスショールームの見学・エネルギーコントロール(仮題)に関する講演(先着順30名,競合メーカーの方は参加ご遠慮願います)。
参加費:会員1,000円(平成29年度合格者無料),非会員2,000円。集合時間:13:45,集合場所:JR新橋駅改札口(銀座口)。終了後新橋駅周辺にて懇親会を開催(会費別途,懇親会の参加・不参加を明記)。
連絡先(五十嵐正史):igarashi@e-eplan.com
7月10日 技術者倫理研究会 機械振興会館6階64号室 18:30

20:30
「大学の技術者倫理とPublic Discussion of IEEE Ethically Aligned Design version2」掛川昌俊氏・技術士(機械)
会費1,000円、申込7月6日(金)までに橋本宛(yhashimoto@r9.dion.ne.jp
7月12日 近畿本部(化学部会・見学会) 理化学研究所(吹田市) 14:00

16:30
7月度の化学部会は、下記の要項で理化学研究所生命システム研究センター(吹田)の技術講演を拝聴し、且つ関連施設を見学することになりましたので、ご案内申し上げます。当研究センターでは、「物理」「生物」「化学」の融合を掲げて、生体分子のライブ見える化などの分析技術を深めておられます。将来的には、国連SDGs2030目標の一つに取り上げられている「有害化学物質等による疾病件数の大幅減少」に寄与する可能性のある研究分野になると思われます。 理化学研究所生命システム研究センターにて講義(ラマン分光分析の基礎と(化学物質と細胞分子との相互作用の様子や病理への)応用)と見学(細胞分子の見える化関連施設)
申し込み:近畿本部HP掲載参照
問合せ先:yujiito@skyblue.ocn.ne.jp
7月13日 東北本部(応用理学部会平成30年度研修会) 日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)研修室2 15:00

17:00
「Study Nature,not Books〜書を抱いて、野に出でよ ! 〜」永広昌之氏(東北大学名誉教授 東北大学自然史標本館協力研究員)
会費;1,000円。終了後、意見交換会(レストランけやきの杜。会費;5,000円)。申し込みは行事予定から。意見交換会の参加・不参加を明記。詳細は東北本部HPより。問合せは東北本部事務局へ
7月13日 機械部会(例会) 機械振興会館、6-67号室 18:30

20:30
1「安全を左右する作業者のミス・エラーと行動特性」(製造業での非定常作業による災害は、各人の行動特性の顕在化が原因とされる。そこで予め作業者の行動特性をいくつかの型として把握しておき、ミスの起こし易い型の作業者に適切な教育・訓練を施す。)堀田源治氏(有明工業高等専門学校 創造工学科教授)、2「機械部品などの構造物を評価する」(機械部品の設計するときに重要になる引張強度や伸び、靭性などの機械的性質を金属組織や合金状態図に関連させ評価する。それを、日常業務での製品不具合発生時の対策などに展開し考えてみよう。)福崎昌宏氏(日立建機(株)生産技術センタ)
会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp加藤
7月14日 茨城県支部(第37回技術士CPD講座) 「ワークプラザ勝田 2F 研修室 2」ひたちなか市東石川1279 (Tel 029-275-8000) 13:00

17:30
●講演1(13:00〜15:00)
・演題:『最近の水災害の特徴と気象情報の利用』・講師:国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門 主幹研究員 技術士(建設、応用理学、総合技術監理) APECエンジニア(Civil) IPEA国際エンジニア 博士(工学)中谷剛氏
●講演2(15:00〜17:00)・演題:『やさしい街づくりに向けた障害者支援技術の動向』・講師:国立大学法人筑波技術大学 教授 技術士(電気電子) 須田裕之氏 、なお詳細な講演要旨は、茨城県支部HPの『最新情報』を参照願います。https://www.engineer.or.jp/c_shibu/ibaraki/
2.会費:技術士会:会員・一般1000円、非会員2,000円
3.申込期限:6月30日(土)迄
4.問合せ:E-Mail:ibaraki@engineer.or.jp, FAX:029-265-5558
7月14日 水産部会(定例会・講演会) 機械振興会館 13:00

17:00
講演会:「技術の背景にあるものの理解と反映〜漁業地域の風土と生業と暮らしの構造と風景の発見〜(仮題)」株式会社漁村計画代表取締役 富田 宏氏,定例会
参加費:会員1,000円,会員外2,000円,申込みは行事予定から
問合せ:網田amita-k@muse.ocn.ne.jpまで
7月16日 千葉県支部(第62回CPD 年次大会・特別講演会) ホテルプラザ 菜の花 3階菜の花 15:40

16:40
1.講演:「『リスクコミュニケーション』技術士との関わりをめぐって」
2.講師:寿楽浩太氏(東京電機大学)
3.講演終了後交流会
4.会費:講演会員1,500円(年次大会交流会参加者は別途5,500円徴収)
申込は行事予定から 交流会参加・不参加を明記、問合せ:日本技術士会千葉県支部企画委員会
7月17日 応用理学部会(講演会) 機械振興会館 6階6-67室 18:30

21:00
1.講演会:世界の先端を走ってきた中国の地図測量技術(元アジア航測株式会社名誉フェロー 今村遼平氏)
2.CPD:2.0
3.参加費:会員1,500円(交流会参加の場合)または1,000円(講演会のみ)、非会員2,000円
4.講演会終了後、20時30分頃より交流会予定
5.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338、(お願い)交流会参加希望の場合、WEB申込「主催者への連絡事項」の欄に「交流会参加」とご記入ください。
7月18日 金属部会(講演会) 機械振興会館 6階65号室 18:00

20:30
「軽量材料(アルミ合金)の自動車車体への適用例」後藤明氏 後藤技術士事務所(6月まで(株)本田技術研究所)
会費2000円夕食付、食事無1000円、締切7月11日、申込は会HP行事案内(食事無しは備考欄に明記)
問合せ:yamazaki@seishin-ip.com山崎
7月18日 建設部会(講演会) 機械振興会館(6−27号室) 18:00

19:30
「インフラ施設の維持管理(トンネル編)」山岳トンネルの維持管理に必要な 地形・地質の素養 講師:大島洋志氏 国際航業(株)技術サービス本部最高技術顧問
会費:会員1,000円、一般2,000円、定員60名
申込は行事予定の左欄「申込ボタン」から、先着受付順 申込〆切 7月11日 
7月19日 衛生工学部会(見学会) 鹿島建設(株) 技術研究所 本館研究棟 13:30

16:30
定員になりましたので、申込受付を締切りました。
見学先:鹿島建設(株)技術研究所 本館研究棟。概要:最先端技術の研究開発拠点、国内過去最高の環境性能評価を獲得(竣工時)(先着順35名,ゼネコンの方は参加ご遠慮願います)。
参加費:会員1,000円(平成29年度合格者無料),非会員2,000円。集合時間:13:10,集合場所:京王線飛田給駅改札。終了後飛田給駅周辺にて懇親会を開催(会費別途,懇親会の参加・不参加を明記)。締切:7/2(月)。
連絡先(小出巧):y06459@yurtec.co.jp
7月21日 環境マネジメントセンター 未定 10:00

12:00
例会(情報交換)、ミニ講演:「日本の製造業における栄枯盛衰」 講師:荒野てつ也氏、申込は行事予定から。
7月21日 九州本部(北九州地区支部) 北九州市八幡東区:北九州イノベーションギャラリー(KIGS) 13:00

17:00
技術報告1「AI関連(仮)」平塚誠一郎氏(情報) 2「空間デザイン、照明デザイン(仮)」安齋哲氏(外部講師、博士) 。3「知財総合支援(仮)」金谷利憲氏(上下水道)。問合:小柳TEL:093-612-0191
7月21日 中部本部(第7回年次大会) 名鉄グランドホテル 11階 柏の間 13:00

17:00
年次大会、基調講演「トヨタグループ源流企業からみたイノベーションの現状と今後」トヨタ産業技術記念館副館長成田年秀氏、同テーマパネルディスカッション、終了後交流会あり
会費:年次大会無料/交流会5,000円
申込は会員コーナーからまたは中部本部g-chubu@asahi-net.email.ne.jpへ(部門、お名前(フルネーム)、交流会参加不参加を必ずお知らせください)、詳細は中部本部HPに掲載(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/)
7月21日 経営管理チーム(7月例会) 機械振興会館B3-1号室 14:00

17:00
講演題目:「生産シミュレーションの展開 サービス分野の効率向上を図る!」
講師:杉山尚美氏((株)東芝 生産技術センター グローバルモノづくり変革推進部 研究主幹、技術士(経営工学))
講演要旨:「日本のモノづくり力強化では現場力を支える「人財育成」と人・モノ・設備の最大効率を図る「生産性向上」を常に進めていかなければなりません。特に生産ラインでは自動化や多能工化に加えてAIの適用、またIoTを導入した高度な生産管理の構築が検討されています。この様な流れの中で、施策検証に生産シミュレーションが活用されています。一方、日本のサービス業の生産性は製造業と比べて低いと言われています。そこでライン構築や現場改善に活用している生産シミュレーションを健診施設の待ち時間というサービス分野の課題解決に展開した取組みを紹介します。」
講演後ワンドリンク意見交換会、その後例会を実施。会費:KKT会員千円、KKT会員外:2千円。(KKT=経営管理チーム)
問合せ・申し込み:rxi00246@eastcom.ne.jp 熊田 又は技術士会ホームページから
7月21日 食品技術士センター(2.講演会) 同上 14:00

16:50
講演1「フードサプライチエーンにおける「食品ロス」削減と利害関係者の役割-食料・資源・エネルギー・廃棄物への挑戦-」田中好雄会員(田中技術士事務所)、2「失敗しない食品工場建設の進め方」田中健氏(創元設計企画営業部)
参加費:会員1,000円、会員外2,000円(申込不要)
アクセス等詳細:http://fpcc.jimdo.com/
7月21日 中国本部(2.岡山県支部年次大会・講演会) 岡山プラザホテル 15:30

17:00
講演会「(仮)ミャンマーの医療の現状」講師:NPO法人日本・ミャンマー医療人育成支援協会理事長 岡田 茂氏、正会員500円、非会員1000円、岡山県支部事務局 TEL:086-254-2422, FAX:086-254-2490、E-mail:okayama@ipej-chugoku.jp
7月21日 中国本部(3.岡山県支部年次大会・交流会) 岡山プラザホテル 17:00

19:00
交流会、交流会費6000円、問合せ、岡山県支部事務局 TEL:086-254-2422, FAX:086-254-2490、E-mail:okayama@ipej-chugoku.jp
7月26日 化学部会(講演会) 機械振興会館B3-1号室 13:30

17:00
1)「全固体リチウム電池の研究開発」(仮題)菅野了次氏(東工大総合理工学研究科教授)、2)「色素増感太陽電池の開発とそのIoTへの応用」(仮題)山口岳志氏(技術士、フジクラ先端研・主席研究員)
参加費:会員・関連学協会会員1,000円、会員外2,000円。
申込:左欄の「申込」ボタン、または「沢木」まで。TEL/FAX03-6433-9696、問合せ:cycle.sawaki@nifty.com
7月26日 神奈川県支部2(第7回年次大会第2部特別講演(第47回CPD講座)) 波止場会館4F 大会議室 15:00

17:00
上記年次大会終了後、引き続き開催。
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のインフラ維持管理・更新開発プロジェクトの現状と開発事例の紹介。「講演1:NEDOが推進するインフラ維持管理・更新開発プロジェクト」、「講演2:橋梁点検用近接目視代替えロボットシステム」、「講演3:7水中点検用フロートロボットの開発」、講師:NEDOプロジェクトマネジャー 安川裕介氏他
参加費:会員千円、非会員2千円
申込:左欄「申込ボタン」、mail:kanagawa@engineer.or.jp、FAX045-210-0338、詳細支部HP、問合:支部事務局045-210-0337
7月26日 神奈川県支部3(第7回年次大会第3部交流会) 波止場会館5F 多目的ホール 17:15

19:00
特別講演終了後、交流会開催。参加費3千円。
申込:左欄「申込ボタン」、mail:kanagawa@engineer.or.jp、FAX045-210-0338、詳細支部HP、問合:支部事務局045-210-0337
7月26日 環境部会(2018年7月度講演会) 機械振興会館 18:30

20:40
演題・講師は調整中
会費:会員1,000円、非会員2,000円
※詳細は決まり次第、部会ホームページ(下記)でご案内します。
http://www.engineer.or.jp/c_dpt/kankyo/
7月27日 上下水道部会2(7月度講演会) 機械振興会館6F 65号室 18:30

20:00
演題・講師:「学び続ける技術者倫理〜倫理委員会倫理教育検討WGの活動を通じて〜」桑江良明氏(日本技術士会倫理委員会委員長)、会費:講演会1,000円(会員以外2,000円)、終了後同室で懇親会、懇親会費2,000円
詳細は部会HP、申込は行事予定から、懇親会の参加の有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp担当松山
7月28日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(連絡会・講演会) 機械振興会館 会議室6-67 14:00

17:00
14:00-14:40 部会連絡会(理事会報告・委員会報告等)
14:50-15:20 話題提供:「海の環境規制概説」渋谷 高広氏(エントラストエンジニアリング、機械部会幹事)
15:30-17:00 講演会:「宇宙のゴミ(スペース・デブリ)」加藤 明氏 (元JAXA、加藤技術士事務所)
会費:会員1,000円(資料代)、非会員2,000円(予定)
話題提供・講演については中国本部へのSkype中継あり。講演等概要はHPを参照。終了後懇親会:会費:3,500円前後、会場:神谷町駅近く。申込は行事予定から。
問合せ先:kanda@chofu.jaxa.jp(部会長 神田)
8月4日 新規開業技術士支援研究会 北トピア808会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:力武 健次氏(情報工学)、坂本 文夫氏(建設)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
8月4日 農業部会(2.講演会) 機械振興会館 13:50

17:00
講師選定中、申込は行事予定から
問合せ:momotaro@js2.so-net.ne.jp担当:湯川
8月7日 埼玉県支部(CPDセミナー「極地からの地球観測」) さいたま市浦和コミュニティセンター第13集会室(さいたま市浦和区東高砂町11番1号、JR浦和駅下車、パルコ10F) 18:15

20:00
豊富な極域観測経験を基に講演「極地から地球の過去、現在を測る」を行う、講師:山岸久雄氏(国立極地研究所名誉教授)
会費:会員1000円、会員外2000円、詳細は支部HP参照、申込は行事予定から
問合せ:saitama@engineer.or.jp
8月10日 機械部会(例会) 機械振興会館、6-67号室 18:30

20:30
「人間共存ロボットに求められる技術」(超高齢社会に入り、生活支援や介護そして製造現場への人間共存ロボット導入が試みられているが、その技術は未だ成熟していない。本講演では人間共存ロボットの現状を概観し技術課題を紹介する。)菅野重樹氏(早稲田大学 創造理工学部 学部長、工学博士)
会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可
申込は行事予定から、問合せ:dmech@engineer.or.jp加藤
8月21日 応用理学部会(講演会) 機械振興会館 6階6-67室 18:30

21:00
1.講演会:産業分野で用いられる分析技術とその効果(仮)(コニカミノルタ株式会社 岩丸俊一氏)
2.CPD:2.0
3.参加費:会員1,500円(交流会参加の場合)または1,000円(講演会のみ)、非会員2,000円
4.講演会終了後、20時30分頃より交流会予定
5.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338 (お願い)交流会参加希望の場合、WEB申込「主催者への連絡事項」の欄に「交流会参加」とご記入ください。
8月23日 環境部会(2018年度技術情報交流会) 機械振興会館 18:30

20:40
第1部 出席者からの話題提供
第2部 懇親会(フリートーキングによる出席者相互の情報交換)
会費:会員1,000円、非会員2,000円
※詳細は決まり次第、部会ホームページ(下記)でご案内します。
http://www.engineer.or.jp/c_dpt/kankyo/
8月25日 上下水道部会(中国本部WEB中継) 機械振興会館2F 日本技術士会会議室 13:50

17:00
講師:堤行彦氏(福山市立大学都市経営学部長)、演題:未定、他2名
会費 無料、詳細は部会HP参照、申込は行事予定から
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp担当松山
9月1日 新規開業技術士支援研究会 北トピア808会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:新井達夫氏(建設)、大岩敏男氏(環境 )、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
9月4日 資源工学部会(講演会) 機械振興会館(6F会議室6-61) 18:00

20:00
「金属資源産出国への技術紹介活動−日本の異分野技術で鉱山操業を効率化する試みー」JOGMEC金属資源技術部 担当審議役 目次英哉氏
会費:1,000円、申込はHP行事予定から。
問合せ:m-mizuno@violet.plala.or.jp
9月19日 金属部会(講演会) 機械振興会館 6階65号室 18:00

20:30
「電気製品と金属技術」渡邉喜夫氏 渡邉喜夫技術士コンサルタントオフィス
会費2000円夕食付、食事無1000円、締切9月12日、申込は会HP行事案内(食事無しは備考欄に明記)
問合せ:yamazaki@seishin-ip.com山崎
9月28日 上下水道部会2(9月度講演会) 機械振興会館6F 65号室 18:30

20:00
演題・講師:「水道における水質事故とその原因物質」北澤 弘美氏(公益社団法人 日本水道協会 工務部次長)、会費:講演会1,000円(会員以外2,000円)、終了後同室で懇親会、懇親会費2,000円
詳細は部会HP、申込は行事予定から、懇親会の参加の有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp担当松山
9月29日 化学部会(1.日本技術士会「化学部会」創立60周年記念式典) 星陵会館 ホール(千代田区永田町2-16-2) 13:00

17:00
「化学部会」創立60周年記念式典を、下記のように開催致します。また、式典のあと、パーティーを行います。宜しく、御参加、御願い申し上げます。
1.基調講演(1)「日本の製薬工業の国際戦略と今後の課題」(仮)大日本住友製薬社長 多田 正世氏、 (2)「化学産業による世界に向けた貢献の可能性」(仮)日本化学工業協会専務理事 渡辺 宏氏、 (3)「液晶・超分子構造体の構築・融合化と機能開拓」(仮)東京大学大学院工学系研究科教授 加藤 隆史氏
2.パネルディスカッション 「化学部会のバトン受け渡し〜変化の21世紀、先頭を走れ〜」(仮)化学部会メンバー(幹事、若手の会)
3.参加費用:¥2,000
4.申込:左欄「申込」ボタン、または「沢木」まで  TEL/FAX03-6433-9696。
5.問合せ:60周年記念事業事務局: chem.ipej60@gmail.com
6.振込先:予め振込される方は以下の口座に振り込みをお願いいたします。 みずほ銀行 神谷町支店 普通預金口座1195179 口座名義:日本技術士会化学部門(ニホンギジュツシカイカガクブモン)
9月29日 化学部会(2.日本技術士会「化学部会」創立60周年記念パーティ) 星陵会館 レストラン「シーボニア」(千代田区永田町2-16-2) 17:30

20:00
化学部会創立60周年記念式典終了後、同会場のレストランで化学部会創立60周年記念パーティを行います。宜しく、御参加、お願い致します。
1.内容:・来賓紹介・挨拶、・招待者、参加者(部会長経験者、部会貢献者、地方からの参加者等)からの挨拶、・バンド演奏、・思い出の写真展示
2.参加費用:¥6,000
3.申し込み方法:左欄「申込」ボタン、または「沢木」まで。TEL/FAX03-6433-9696
4.問い合わせ先:日本技術士会「化学部会」60周年記念事業事務局e-メール:chem.ipej60@gmail.com
5.振込先:予め振込される方は以下の口座に振り込みをお願いいたします。みずほ銀行 神谷町支店 普通預金口座1195179 口座名義:日本技術士会化学部門(ニホンギジュツシカイカガクブモン)
10月6日 新規開業技術士支援研究会 北トピア601会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:顧 静氏(フェロー)、鶴巻 広一氏(建設)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
10月26日 近畿本部(兵庫県支部主催第13回CPD講座プレフラ・アカデミーVol.5) 姫路開催予定 18:30

20:00
兵庫県立大学教授をお招きし最新の研究動向に関する話をお聞きします。詳細は決定次第、お知らせします。会員1000円、会員外2000円
問合・申込先 cpd@ipejk-hyogo.net(西村)
11月30日 近畿本部(兵庫県支部主催第14回CPD講座プレフラ・アカデミーVol.6) 神戸開催予定 18:30

20:00
神戸大学工学部・阪上教授をお招きし最新の研究動向(機械)に関する話をお聞きします。詳細は決定次第、お知らせします。会員1000円、会員外2000円
問合・申込先 cpd@ipejk-hyogo.net(西村)