一般行事案内

2018/09/26 12:00
公益社団法人日本技術士会の会員以外の方もご参加いただける行事をご案内します。

2018年09月26日以降の行事を表示しています。 9月 10月 11月 12月 1月 2月 
*行事名が下線付きになっているものは、クリックして戴くと詳細情報を表示します。

開催日 曜日 会合・行事名 場所 時間 内容/連絡先
9月26日 東北本部(宮城県支部防災委員会主催研修会「仙台沿岸運河施設の復旧現場研修会」) 北上〜東名〜貞山運河の主要施設 9:00

17:00
仙台湾沿岸の北上・東名・貞山運河の土木遺産の復旧状況と歴史を学ぶ会です。石井閘門〜野蒜築港跡〜野蒜水門・野蒜駅〜釜閘門〜貞山運河水門〜閖上水門、閖上希望の丘等。会費千円。
問合せ申込みは東北本部HPおよび事務局
9月26日 技術士包装物流グループ(9月度研究会) 日本マテリアルフロー研究センター会議室 18:00

20:00
講演会:「水素の消費増と液化水素」、講師:平技術士事務所、平洋二郎、会費:2,000円、終了後懇親会:1,000円
申込:坂巻千尋chihiro.sakamaki@toppan.co.jp
9月27日 東北本部(農業部会・研修会) 現場研修会 ・小岩井用水路改修試験工法現場(岩手県営) ・梁川ダム(岩手県) 8:30

17:00
1.小岩井用水路改修試験工法現場見学(岩手県営)、2.梁川ダム見学(岩手県)
・会費:未定、・申し込み問い合わせ詳細は東北本部HP又は事務局:TEL022-723-3755
9月27日 環境部会(2018年9月度講演会) 機械振興会館6階6D−4 18:30

20:40
演題:「パナソニックのエネルギー分野における取り組み 〜 点(建物)から面(まちづくり)へ 〜」 講師:パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 情報渉外部 総括 安河内 隆光 様
会費:会員1,000円(入会1年未満は免除)、非会員2,000円
※詳細は部会HPでご案内します。
9月28日 上下水道部会2(9月度講演会) 機械振興会館6F 65号室 18:30

20:00
演題・講師:「水道における水質事故とその原因物質」北澤 弘美氏(公益社団法人 日本水道協会 工務部次長)、会費:講演会1,000円(会員以外2,000円)、終了後同室で懇親会、懇親会費2,000円
詳細は部会HP、申込は行事予定から、懇親会の参加の有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp担当松山
9月29日 化学部会(1.日本技術士会「化学部会」創立60周年記念式典) 星陵会館 ホール(千代田区永田町2-16-2) 13:00

17:00
「化学部会」創立60周年記念式典を、下記のように開催致します。また、式典のあと、パーティーを行います。宜しく、御参加、御願い申し上げます。
1.基調講演(1)「医薬品産業に将来はあるか?」 大日本住友製薬会長 多田 正世氏、 (2)「化学産業による世界に向けた貢献の可能性」 日本化学工業協会専務理事  渡辺 宏氏、 (3)「次世代の機能性マテリアルを作る夢の分子技術」 東京大学大学院工学系研究科教授 加藤 隆史氏
2.パネルディスカッション「化学部会の次の60年に向かって 〜我々技術士は何をすべきか〜」化学部会メンバー(幹事、若手の会)
3.参加費:¥2,000-
4.申込:左欄「申込」ボタン、または「沢木」まで TEL/FAX 03-6433-9696。
5.問合せ:60周年記念事業事務局: chem.ipej60@gmail.com
6.振込先:予め振込される方は以下の口座に振り込みをお願いいたします。みずほ銀行 神谷町支店 普通預金口座1195179 口座名義:日本技術士会化学部門(ニホンギジュツシカイカガクブモン)
9月29日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(連絡会・講演会) 機械振興会館 会議室6-67 14:00

17:00
14:00-14:40部会連絡会(理事会報告・委員会報告等)
14:50-15:20話題提供:「技術士と求められている人材〜営業活動を通じて〜」柴田 智恵氏((株)フォーラムエンジニアリング)
15:30-17:00講演会:「船舶運航からのGHG削減−ウェザールーティングの高度化−」辻本 勝氏(国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所 流体設計系長)
会費(資料代):会員1,000円、非会員2,000円
話題提供・講演については中国本部へのSkype中継あり。講演等概要はHPを参照。終了後懇親会:会費:3,500円前後、会場:神谷町駅近く。申込は行事予定から。
問合せ先:kanda@chofu.jaxa.jp(部会長 神田)
9月29日 化学部会(2.日本技術士会「化学部会」創立60周年記念パーティ) 星陵会館 レストラン「シーボニア」(千代田区永田町2-16-2) 17:30

20:00
化学部会創立60周年記念式典終了後、同会場のレストランで化学部会創立60周年記念パーティを行います。宜しく、御参加、お願い致します。
1.内容:・来賓紹介・挨拶、・招待者、参加者(部会長経験者、部会貢献者、地方からの参加者等)からの挨拶、・バンド演奏、・思い出の写真展示
2.参加費用:¥6,000
3.申し込み方法:左欄「申込」ボタン、または「沢木」まで。TEL/FAX03-6433-9696
4.問い合わせ先:日本技術士会「化学部会」60周年記念事業事務局e-メール:chem.ipej60@gmail.com
5.振込先:予め振込される方は以下の口座に振り込みをお願いいたします。みずほ銀行 神谷町支店 普通預金口座1195179 口座名義:日本技術士会化学部門(ニホンギジュツシカイカガクブモン)
10月5日 建設部会(現場研修会) 東武鉄道スカイツリー線「竹ノ塚」駅(東京都足立区竹ノ塚) 14:00

16:00
定員になりましたので、申込受付を締切りました。
「竹ノ塚駅付近連続立体交差事業」現場見学、説明:東武鉄道(株)鉄道事業本部改良工事部課長小島弘行氏、会費:会員1,000円、一般2,000円、定員30名
集合時間:13時30分、集合場所:竹ノ塚駅改札インフォメーションコーナー、汚れてもよい服装で来てください。スカート、ヒール厳禁
10月5日 IT21の会(例会) 東京ウイメンズプラザ 第二会議室AB 18:30

20:30
「同一人物映像に対する顔画像間欠切出し制御機構を用いたターゲット発見システム」、澤田雅之技術士事務所 所長、会費:無料、終了後懇親会(会費別途)
詳細はhttp://it21.info/
10月6日 新規開業技術士支援研究会 北トピア601会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:顧 静氏(フェロー)、鶴巻 広一氏(建設)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
10月6日 CP&RMセンター(月例会) 船堀タワーホール 第302室 14:00

16:30
【議題】安全保障貿易管理に関する1.Expert試験対策セミナーの開催について (セミナー詳細:https://www.cp-rm.jp/archives/2035)、2.該非判定業務の受託、3.外為法、4.米国EAR法、5.時事問題: 【参加費】メンバー以外 1千円:【問合せ先】kytechno@nifty.com
10月9日 資源工学部会(講演会) 機械振興会館(6F会議室6-61) 18:00

20:00
「家電リサイクルの現状と三菱電機グループ内循環の推進」(株)ハイパーサイクルシステムズ 製造技術部長 兼 製造部長 小笠原忍氏
会費:1,000円、申込はHP行事予定から。
問合せ:m-mizuno@violet.plala.or.jp
10月10日 第21回北東3地域本部技術士交流研修会 ホテル札幌ガーデンパレス 14:00

17:30
テーマ:「変わりゆく地球環境と技術士の取り組み」、基調講演1編、研修発表5編、持続可能な社会を目指し、変わりゆく地球環境に適応して、我々技術士が取り組んでいること・取り組むべきこと、について考えてみる。
交流会:17:45〜19:20。
プログラムの詳細、申込等は北海道本部HP(http://www.ipej-hokkaido.jp/)をご覧ください。
問合せ先:北海道本部事務局(TEL 011-801-1617、E-Mail hkd-eng@ipej-hokkaido.jp
10月11日 経営工学部会(10月例会) 機械振興会館B3階研修ー1号室 18:00

21:00
第1部(18:00)部会活動報告。
第2部(18:30)講演会、講演テーマ:多様化する技術士活動の紹介。
講演1「多様化・複雑化する課題解決におけるマネジメント手法の応用事例紹介」講師:坂井剛太郎技術士(経営工学、建設、総監)、(株)竹中土木。
講演2「技術者が知っておきたいサプライチェーンCSR」講師:沼澤朋子技術士(経営工学)、横河電機(株)。
第3部(講演会終了後)ワンドリンク交流会。講演会参加費:会員1000円、非会員2000円。
問合せ:y.wtnb@jcom.home.ne.jp、担当渡辺
10月12日 企業内技術士交流会(シンポジウム2018) 芝浦工業大学 豊洲キャパス 13:00

17:00
テーマ:「加速する自動運転の開発 〜まちやくらしの未来像を考える〜 」、講師は(株)ナカニシ自動車産業リサーチ中西氏、(株)ティアフォー二宮氏、インテル(株)野辺氏
申込みは交流会HPから http://www.ipej-kigyonai.jp/
10月12日 埼玉県支部(産学官連携CPDセミナー・脱脂したアブラヤシのバイオマス利活用等報) 浦和コミュニティセンター第7集会室(さいたま市浦和区東高砂町11−1、JR浦和駅より2分浦和パルコ10F) 18:15

20:00
■演題:「産学官連携による埼玉におけるアグリビジネスの展開」
■講師:高木優氏(埼玉大学環境科学研究センター長・教授、アグリビジネス研究会長)
■内容:埼玉大学アグリビジネス研究会では、平成27年度から3カ年にわたり、都心と良好な位置関係にある埼玉県のメリットを生かしたアグリビジネスについて考察してきた。本研究会の設立の目的・経緯、さらには、特にバイオマスリサイクルシステム形成の観点から、脱脂したアブラヤシの肥料利用等について関連する技術を有する県内参加企業等の間で具体的に検証してきた成果や埼玉県に適したアグリビジネスの今後の展望などに関して講演を行う。
■会費:会員1000円、会員外2000円、詳細は支部HP参照、申込は行事予定から、問合せ:saitama@engineer.or.jp
10月12日 機械部会(例会) 機械振興会館、6D-1・2号室 18:30

20:30
「航空宇宙の振動問題」(航空宇宙機には特有の振動現象が存在する。その主要な振動現象と発生メカニズムを解説するとともに、過去の大型プロジェクトで発生した振動問題について紹介する。)神田 淳氏(国立研究開発法人宇宙研究開発機構 航空技術部門 次世代航空イノベーションハブ ハブマネージャー)、会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp加藤
10月13日 10月度修習技術者研修会/修習技術者発表研究会 機械振興会館 B2階 B2-1会議室 13:00

18:10
■修習技術者研修会 : 「業務遂行能力」 資質向上講座2
◆講演 「IoT時代は日本の世紀―IoT時代の期待される技術士像―」
 講師 : 角忠夫 氏 〔北陸先端科学技術大学院大学 客員教授〕
◆グループワーク
◆総括
■修習技術者発表研究会 : 2名発表予定
■参加費(つり銭無きようお願いします。)
 準会員、一次試験平成29年度合格者、JABEE認定課程平成29年度修了者、学生 1,000 円/正会員 2,000円/上記以外(非会員) 3,000 円
※ 18:20〜情報交流会に参加する場合は 1,000円追加
■定員 : 先着40名(定員になり次第締切)
■主催 : 修習技術者支援委員会
10月13日 中国本部(岡山県支部10月例会講演会) 岡山県立図書館 13:30

16:45
「防災とまちづくり」について話し合う交流会、岡山県建築士会との共催、講演1:「自然災害とまちづくり」講師:中村陽二氏〔(有)リスブ環境・都市建築研究所〕、講演2:「岩手県大槌町の復興整備事業(安渡地区)に参加して」講師:木口誠二氏〔ミツヤ設計(株)〕
会費:会員500円、非会員1,000円、問合せ:086-254-2422 okayama@ipej-chugoku.jp岡山県支部
10月14日 中部本部(10月倫理セミナー) 中部大学 名古屋キャンパス 510講義室(名古屋市中区千代田5-14-22 JR中央本線「鶴舞」駅名大病院出口すぐ) 13:00

17:00
シリーズセミナー「時の課題等の解決を模索する」 第11回『スーパー技術士として「技術者とは何か」を問う』 発表 井上 祥一郎
「スーパー技術士として「技術者とは何か」を問う〜知名度向上のための提言をする〜」
グループワーク&発表 「どうしたら知名度は向上するのか 何が欠けているのか」
会費:日本技術士会会員1,000円・会員外2,000 円、学生無料
本セミナーは、「日本技術士会のCPD」または「建設系CPD協議会」に3時間40分として登録が可能です。
申込み:申込欄の「申込」をワンクリックしてして下さい。
問合せ先:中部本部倫理委員会 鈴木 朗:akira-suzuki@abelia.ocn.ne.jp
10月16日 応用理学部会(講演会) 機械振興会館 6階6-67室 18:30

21:00
1.講演会:レーザとドローンを用いた鉄道橋と岩盤斜面の評価(鉄道総合技術研究所 鉄道力学研究部 部長 上半文昭氏)
2.CPD:2.0
3.参加費:会員1,500円(交流会参加の場合)または1,000円(講演会のみ)、非会員2,000円
4.講演会終了後、20時30分頃より交流会予定
5.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338
(お願い)交流会参加希望の場合、WEB申込「主催者への連絡事項」の欄に「交流会参加」とご記入ください。
10月17日 千葉県支部(第66回CPD講演会:県内4団体合同勉強会) 千葉市文化センター5階 セミナー室(千葉市中央区中央2−5−1) 16:15

19:55
1.講演:「ダムのはなし」
2.講師:(一財)ダム技術センター 藤澤侃彦顧問
3.講演要旨:ダム技術の研究に長年携わってこられた藤澤顧問から「ダムの現状、環境に配慮したダム技術、ダムの役割、変遷、技術者の取り組みなど、『ダムのはなし』」を伺います。
4.会費:会員1,500円 申込は行事予定から
5.定員30名 定員に達し次第締め切ります。
問合せ:日本技術士会千葉県支部企画委員会
10月17日 金属部会(講演会) 機械振興会館  6階65号室 18:00

20:30
「金属に適用する表面分析技術の紹介」勝見百合氏 YKK(株)工機技術本部、会費2000円夕食付、食事無1000円、締切10月10日、申込は会HP行事案内(食事無しは備考欄に明記)
問合せ:yamazaki@seishin-ip.com山崎
10月17日 中国本部(青年技術士交流会・10月例会) 中国本部事務局会議室 18:30

20:00
例会(情報交換)、勉強会、会費:無料
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
10月18日 神奈川県支部(第20回テクノセミナー) 神奈川県立かながわ労働プラザ 13:30

16:40
◆たゆまぬ改善で現場力向上を図るヒント 創意工夫し改善するための知識、管理の基本と技術伝承
◆講演1:「創意工夫し現場を改善するためのヒント」、栗島 建治氏(技術士(機械))
◆「現場力を向上するためのヒント」、若月 保氏:技術士(化学)
◆会社の発展や事業の成功には継続的な改善活動が必須です。現場の改善を実践したい人々のために上記2講演を行います。
◆参加費:正会員2000円、準会員・学生1000円、未入会技術士3000円
◆申込み;左欄の「申込ボタン」、FAX045-210-0338、E-mail:kanagawa@engineer.or.jp
◆受付開始13:15〜。その他詳細は県支部HP
◆問合せ;支部事務局 TEL045-210-0337
10月19日 建設部会(現場研修会) 山梨県立リニア見学センター(山梨県都留市小形山2381) 9:00

18:30
定員になりましたので、申込受付を締切りました。
「山梨県立リニア見学センター」見学、説明:リニア見学センター、会費:会員1,000円、一般2,000円、定員40名、集合時間:8時30分、集合場所:新宿センタービル前
当日はバスでの移動、行程は当日配布、リニア走行の様子が見学できる保証はなし
詳細は以下のURLから http://www.engineer.or.jp/c_dpt/civil/categories/index730740.html
10月19日 生体・環境、保全交流会(30年10月例会) 機械振興会館会議室6-64 18:00

21:00
演題:「糖尿病と糖質」講師:公社)糖業協会理事 農学博士橋本 仁 先生
詳細http://www.fws2015.sakura.ne.jp
申し込み行事予定左欄の「申込」ボタンからまたはmail:fwshirose@leaf.ocn.ne.jp T/F 03-3399-3993 参加費:2.000円
10月20日 環境マネジメントセンター1(EMC)講演会(第19回) 機械振興会館(B3−6会議室) 13:00

16:30
テーマ:激変する気象環境を防ぐには〜主にエネルギーの視点から〜
講演:(1)ヨーロッパの再生可能エネルギ-の現状[小森 愼次] (2)エコチューニング事業について[伊藤 寛] (3)欧米・中国で研究が進む全く新しいサステナビリティーの指標「エメルギー」[武田 彰夫] (4)日本の製造業における国際競争力低下[荒野 てつや]
受付:12時30分から
懇親会は16時30から18時00分を予定
費用:講演会1,000円、懇親会2,000円
定員:40名、先着順
申込締切:10月5日(金)
問合せ・申し込先:komshin37@gmail.com小森
申込は行事予定から可能です。懇親会参加の方は、以下の懇親会申込みもお願いいたします。
10月20日 金属部会(YES-Metals! 会合) 機械振興会館B3 研修1 13:00

17:00
第100回記念会合です。会員による講演と、これまでの”軌跡”を振り返り、会員其々の”奇跡”や”輝石”を共有する分科会を行います。そして、この先も会員一人ひとりが発展し続ける10年を語り合います。
参加費:会員1,000円、非会員1,500円、学生 無料、懇親会3,000円。申し込みは、yesmetals@gmail.comまで、懇親会参加可否を明記して下さい。
10月20日 情報工学部会(CPDコラボワークショップ) 機械振興会館 6D-4 13:00

17:00
◆講演・ワークショップ:最近のプログラム言語の動向と課題
◆講師:電気通信大学 大学院情報理工学研究科 情報・ネットワーク工学専攻 准教授 小宮 常康氏
◆プログラム:13:00〜14:30講義、14:30〜16:00グループ討議、 16:00〜17:00発表とコメント
◆参加費:会員2,000円(技術士会会員、情報処理学会会員)、非会員:3,000円(懇親会参加者は2,000円)。当日、受付にて徴収します。
◆申込先:左欄の「申込」ボタンよりお申込みください。その際、懇親会の出欠を連絡事項欄に必ずご記入願います。
◆定員:30名(申込順、定員になり次第締切ます)
◆申込締切:10月15日(月)なお、定員になり次第、申込受付を締切ります。
◆連絡先:(正)黒澤、(副)春原IPEJ16@googlegroups.com(部会幹事ML)
10月20日 中部本部(建設部会講演会) 中部大学 名古屋キャンパス(鶴舞) 13:00

17:00
【土木分野の防災と維持管理に関する特別講演会】演題1「安全な河川堤防とは?―土からなる遮水構造物の現状と課題―」、講師:杉井俊夫氏(中部大学工学部教授)、演題2「市町村における橋梁モニタリングの現状と将来展望」、講師:国枝稔氏(岐阜大学工学部教授)
会費:会員1,000円、一般2,000円、学生500円、交流会(3,500円)有り、定員100名、先着順受付:申込締切:10月17日
申込は会員コーナーからまたは中部本部g-chubu@asahi-net.email.ne.jp(部門、フルネーム、交流会参加不参加を必ずお知らせ下さい)へ、詳細は中部本部HPに掲載(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/)
10月20日 経営管理チーム(10月例会) イテレイティブ(東京都千代田区神田神保町1丁目7) 14:00

17:00
講演:「産業分野における高精度時刻同期の動向」、講師:浅野 篤哉 氏 (ネットワークアディションズ株式会社 代表取締役社長)
講演要旨:「多くの産業分野で必要な同期処理は、2000年初頭までは1/1,000程度の精度でした。しかし、近年では1/1,000,000秒やそれ以上の高精度が必要になっています。これは 一部の専用システムだけの傾向ではありません。既に、我々の身近にも高精度同期が入り込んでいて、意識せずに使用しています。 本講演では、同期処理とは何か、何故高精度が必要なのか、そして、どのような技術革新が起きているのかをお話します。」
場所:イテレイティブ会議室 定員20名(東京都千代田区神田神保町1丁目7 ビル6階)(https://www.iterative.co.jp/company/access/)
会費:KKT会員千円、KKT会員外:2千円。(KKT=経営管理チーム)
問合せ・申し込み:技術士会ホームページから。又はrxi00246@eastcom.ne.jp 熊田 まで
10月20日 食品技術士センター(2.講演会) 機械振興会館B3会議室1 14:00

16:50
講演1 「辛味革命「香辛子」 関 哲也氏(味の素株式会社 ) (技術士生物工学部門)講演2 「食品工場のアレルゲン管理における検査技術」 加藤重城氏(プリマハム株式会社)
参加費:会員千円、会員外2千円(申込不要)
10月20日 環境マネジメントセンター2(EMC)講演会(第19回)懇親会 機械振興会館(B3−お食事処「うすい」) 16:00

18:00
環境マネジメントセンター(EMC)講演会(第19回)懇親会
講演会終了後、機械振興会館 B3 お食事処「うすい」にて開催を予定しています。ご希望の方は必ず行事予定からの申込みをお願いいたします。
費用:懇親会2,000円
10月20日 技術士包装物流グループ(関西支部30周年記念式典) 大阪府門真市 パナソニック企業年金基金「松心会館」 16:00

18:30
第一部記念講演会:「過去・現在は未来のためにある」講師:有田 俊雄様(有田技術士事務所所長)、第二部祝賀会、会費:会員5,000円、会員外6,000円
申込:前田一也kazumaeda@hi-ho.ne.jp
10月21日

10月22日


原子力・放射線部会(見学会) 大飯発電所/原子力発電訓練センター 9:00 「3.11事故を風化させることなく、原子力安全の基盤となる安全文化醸成に資する活動を行うこと」の一つとして、事故後に順次、主なBWR発電所を視察してきた。PWR発電所とBWR発電所との類似点と相違点について理解を深めるとともに、再稼働に向けた新規制基準対応の現状(どこまでが対応済みで、今後対応するものは何か、何時までに行うのか)を可能な限り現場に接近して肌で感じる。また、PWRプラントの全電源喪失事故の状況を運転訓練センターのシミュレータを通じて学ぶ。
名古屋駅集合解散。10/21PM 大飯発電所、10/22AM 原子力発電訓練センター詳細は部会HP
問合せhttps://www.engineer.or.jp/dept/nucrad/d2000.html
10月21日 労働安全衛生コンサルタントグループ(安全セミナー) 足立区勤労福祉会館第2洋室(足立区綾瀬1-34-7) 13:30

16:50
「ISO45001について」中村健一氏(電気電子)、「労働安全衛生マネジメントシステム監査員に必要な力量とは」中井知章氏 (機械、総監)
グループ会員1000円、非会員2000円、終了後懇親会あり(4000円当日徴収)、問合せ:y-ishi1749@nifty.com石田
10月25日 環境部会(2018年10月度見学会) パナソニック(株)汐留本社ビルほか 13:00

17:30
パナソニック展示施設(下記)の見学
(1)汐留本社ビル 2階技術ショールームおよび社内環境設備、(2)有明 パナソニックセンター東京 BtoBソリューションおよび2030年のハウス見学
会費:500円(入会1年未満は免除)、集合場所までの交通費は自己負担
※詳細が決まり次第、部会HPでご案内します。
10月25日 機械部会(見学会) 京葉ベンド株式会社 (千葉県市川市) 14:00

16:30
パイプの曲げ加工機の専業メーカー。国内初の両曲げパイプベンダーの開発からNC加工機を市場に送り出し、現在ではその前後工程まで自動化を進める、パイプの曲げ加工の中堅メーカーを見学する。特殊加工技術の分野を知る絶好の機会。1.「会社説明、技術・製品説明」、2.「工場見学」、3.「質疑」、◎参加人員:15名(定員になり次第締切り)。終了後懇親会・会費3000円当日払い(自由参加)
◆同業者の方はご遠慮下さい。◎13時45分、市川駅集合。会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp加藤
10月25日 衛生工学部会(部会・講演会) 機械振興会館 6階 6-65号室 18:00

20:00
部会:18:00〜18:30。講演会:18:30〜20:00。
テーマ:最近の廃棄物・リサイクル行政の動向について(仮題)。講師:名倉良雄氏(環境省環境再生・資源循環局 廃棄物適正処理推進課長)。
参加費:会員1,000円,非会員2,000円,H29年度合格者無料。終了後機械振興会館周辺にてにて懇親会を開催(懇親会の参加・不参加を明記,参加費別途)。
連絡先(石田佳子):y.ishida@kankyogiken.co.jp
10月26日

10月27日


第24回西日本技術士研究・業績発表年次大会(九州本部) メルパルク熊本(レセプション・大会式典・基調講演)、くまもと県民交流会館パレア(分科会)   大会テーマ「自然災害と創造的復興」
10月26日(金)テクニカルツアー:阿蘇長陽大橋、益城町、熊本城等、熊本地震復興状況見学(参加費3,000円)、18時〜レセプション(参加費6,000円)
10月27日(土)大会式典、基調講演「自然災害と創造的復興」熊本県(無料、一般聴講可)、分科会1「自然災害と創造的復興 技術士の取り組み」、分科会2「被災者支援・その他 技術動向」(参加費3,000円),弁当代1,000円
問合せ:kyushu@pekyushu.com九州本部西日本大会事務局、詳細:九州本部HP(近く公開)
10月26日 農業部会(現地見学会) 茨城県下 8:30

17:00
集合場所・時間:08時30分守谷駅西口駅前広場三井住友銀行前集合、09時00分バスで移動、見学施設:鯉淵学園農業栄養専門学校、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター、有限会社ソメノグリーンファーム
参加費会員2,500円、非会員3,500円、申込は行事予定から、情報交換会(守谷駅付近)への参加不参加を明記
問合せ:katsuo_iwata@nishimatsu.co.jp担当岩田
10月26日 神奈川県支部1(第8回オープンテクノフォーラム・第72回CPD講座) 神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)講堂(海老名市下今泉705-1) 13:10

16:55
EVシフトの現状と課題〜変化をチャンスに〜
■講演1.Nissan Intelligent Mobility〜日産が考える今後のクルマづくりの方向性〜(日産自動車(株)渉外部担当部長 永澤実氏)
■講演2.EV化の真実〜変化へのチャレンジ〜((株)東洋経済新報社編集局企業情報部記者 冨岡耕氏)
■講演3.EVの現状と課題((株)ピューズ厚木事業所CTO 吉川正明氏)
■講演4.次世代パワーデバイスの実装信頼性評価技術の紹介((地独)神奈川県立産業技術総合研究所電子技術部 主任研究員 八坂慎一氏)
参加費:会員1000円、未加入技術士2000円、一般無料 申込:本部HP、FAX045-210-0338、E-mail(下記)
問合:支部事務局045-210-0337、kanagawa@engineer.or.jp
※同時開催:KISTEC Innovation Hub 2018 in Ebina(10/24〜10/26、参加費無料)
10月26日 神奈川県支部2(第8回オープンテクノフォーラム懇親会) 神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)食堂(海老名市下今泉705-1) 17:20

19:00
講演会終了後、様々な立場の方が親睦を深め交流を図っていただきたく、懇親会を開催致します。立食パーティ形式で、食事と飲み物をご用意致します。
ぜひ多くの皆様にご参加いただきますよう、お願い致します。 参加費:3,000円
10月26日 近畿本部(兵庫県支部主催第15回CPD講座プレフラ・アカデミーVol.5) 姫路じばさんびる502会議室 18:30

20:00
兵庫県立大学大学院・梅園教授をお招きし生物学の研究動向に関する話をお聞きします。講演内容等の詳細は決定次第、お知らせします。会員1000円、会員外2000円、講演終了後、懇親会を開催します。(別途、有料)
問合・申込先cpd@ipejk-hyogo.net(CPD委員会)
10月27日 TQM経営支援研究会(10月例会) 未定 10:00

12:00
農業におけるTQM事例、その他 会費:1,000円
問合せ:hidekisiraisi@yahoo.co.jp
10月27日 技術士ライフプラン研究会(講演会、懇親会) サンパール荒川第二集会室(荒川区荒川1-1-1) 13:30

17:00
講演1「作業環境測定士のすすめ」菅澤彦一(建設・総監)、講演2「エコアクション21審査員のすすめ」中井知章(機械・総監)、終了後同会場で懇親会あり
会費:一律1000円、懇親会2000円、10moaki.nakai1@jcom.home.ne.jp中井
10月27日 神奈川県支部(平成30年度技術士開業及び業務開拓のための研修会〜入門コース) 横浜市中区山下町1番地シルクセンター地下大会議室 13:30

18:00
神奈川県支部における業務紹介の仕組みを説明、当日配付の「技術コンサルタント開業の手引き」を基に開業や業務開拓の方法について具体的に解説します。5人の先輩技術士から、初めての仕事をどうやって獲得したか、将来の独立を念頭に積極的に仕事の幅を広げた例、技術士開業に際し、自分の強みを整理しマーケット戦略を作成等の経験談を話して頂きます。また参加者からの質問にパネリストが答える時間も取ってあります。 質問を希望される方はCPD行事参加申し込みの時に、連絡事項の欄に記載してください。研修会後、簡単な懇親の場を設けます。
研修会:(1) 業務紹介の仕組みと開業の手引ポイント解説(60分) (2)経験談と開業、開拓のパネル討議(140分)
会費:正会員・準会員 2,000円、未入会技術士 3,000円、手引書500円、懇親会参加者会費 1,000円
申込先:左欄の「申込」ボタンから または氏名、部門、所属、住所、E-Mailを記入の上、神奈川県支部事務局にFAX(045-210-0338)で申込。
申込締切り: 10月17日(水)、定員:40名
問合せ:支部事務局(TEL:045-210-0337)
10月28日 中国本部(ぺあせろべ2018 (国際交流フェスティバル2018)ブース参加) 中央公園芝生広場(中区基町) 10:00

16:00
ぺあせろべ2018 (国際交流フェスティバル 2018)ブース参加、会費:無料
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
10月30日 科学技術鑑定センター(10月例鑑定事例研究会) 新橋:生涯学習センター「ばるーん」304研修室 JR新橋駅烏森口より徒歩3分 18:00

19:15
鑑定事例講演「乗用車のオイルパン破損原因調査」 演者:松浦年宏会員 ■会員外参加希望者は事前連絡要。
■連絡先:メール:pon-4s@za3.so-net.ne.jp総務幹事 柴田格 
10月31日

11月6日


近畿本部(中国研究会主催2018訪中団) 上海ー成都ー重慶ー上海   蜀漢の旧都成都市史跡、内陸部唯一直轄市重慶市(自動車製造とIoT拠点として重工業から離陸)視察、重慶大学環境学院と交流。上海市科技協会訪問、上海第一回中国国際輸入博覧会視察。中国国内費用22万円、3食、4星ホテル2人部屋。最小募集8名。申込締切:7月31日(火)、第2次:9月18日(火)。
申込は掛田健二kakeyan.ken@gmail.com。詳細情報は近畿本部HP・同中国研究会HP参照。
11月3日 新規開業技術士支援研究会 北トピア806会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議、講師:黒沼精一氏(経営工学)、大島正氏(機械)、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
11月5日 経営工学部会(見学会) 1(株)SUBARU矢島工場(群馬県太田市)、2.渋沢栄一記念館(埼玉県深谷市) 8:30

18:00
1.株式会社SUBARU(旧富士重工)は「隼」などを送りだした中島飛行機をルーツとし、戦後発売された軽自動車「スバル360」は自動車大衆化の先駆けとなりました。同社完成車工場の矢島工場現場を見学し、最新の状況の知見を得ます。
2.渋沢栄一記念館 渋沢栄一翁は第一国立銀行、王子製紙、理研など、約500企業を設立し、我国経済と産業の基盤を築き、また、教育機関・社会公共事業の支援並びに民間外交にも尽力しました。これら翁の事績を学びます。
*定員35名を予定。参加費会員4,000円・非会員5,000円(昼食弁当代含む)。8時20分東京駅丸の内口集合・8時30分バス出発。詳細は部会HP等参照。申込は10月14日までにHP行事予定から。
11月9日 機械部会(例会) 機械振興会館、6-67号室 18:30

20:30
「森林資源の有効活用〜その活動を支援する機械及び機械要素」(日本の森林は利用できるまでに成長しており,現在森林資源のマテリアル利用を拡大する傾向にある。今回の講演では,どのようなマテリアル利用が行われているのか,どのような機械が利用されているのかについて解説する。)田中賢治氏(国土防災技術(株)執行役員緑環境事業部長)、会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp加藤
11月10日 成功・失敗体験教育研究会(ワークショップセミナー) 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター東京 5階501室 10:00

17:00
第21回リーダーを目指す技術者倫理セミナー「組織は危機意識を共有できないか:なぜ同じ間違いを繰り返すのか」中村昌允氏(東京工業大学特任教授、技術士(化学部門))他、詳細:https://www.jsme.or.jp/tsd/kouen/2018/No18-137.pdf
会費:会員3000円、会員外5000円、10月26日(金)までに,お申し込み下さい。事前に(11月2日ごろ)E-mailで資料を送信いたします。定員に余裕がある場合、当日受付いたします。資料配布後のキャンセルはできません。
申込・問合せ:日本機械学会 技術と社会部門(担当職員 大橋 江利奈)/ E-mail:ohashi@jsme.or.jp/FAX(03)5360-3508
11月10日 科学技術振興支援委員会(シンポジウム) テレコムセンタービル20階会議室2(ゆりかもめ「テレコムセンター」駅直結)   10:30

12:00
JST主催の「サイエンスアゴラ2018」に参加し、シンポジウムを開催します。サイエンスアゴラのテーマ「越境する」に対応し”世代と専門分野の異なる技術士と専攻分野の異なる理工系の学生が科学技術の未来について”語り合う場を設けパネルディスカッションを実施します。
●演題「世代を越えて共に学びつながる科学技術のあり方」。
●登壇者:技術士3名、学生3名(内1名は2017サイエンスインカレで日本技術士会会長賞受賞者)
●主催:科学技術振興支援委員会
●参加費:無料
●申込:当日先着順50名●詳細:https://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/
●問合せ先:kagimem@engineer.or.jp
11月10日 栃木県支部 栃木県国際交流協会(予定) 14:00

16:00
「微細化に伴うものづくりの対応」絹田精鎮氏((株)オプト二クス精密社長 ・工博)、会費:会員1,000円、会員以外:無料、公開講演会
申込はe-mail:hirono-miyashita@ace.ocn.ne.jpまで、問合せ:携帯(090-5546-9809)又はe-mail、担当:宮下治
11月11日 情報工学部会(特別部会(全国大会併設)) ビッグアイ 7階 第2会議室(JR郡山駅西口駅前) 10:00

12:00
◆内容:講演および意見交換
◆講演:地域の情報通信技術の展開〜主にクルマの情報通信を指向して〜
◆講師:福島県ハイテクプラザ 浜尾和秀氏(技術士(情報工学部門))
◆参加費:会員 無料、非会員 1,000円
◆申込方法:左欄の「申込」ボタン、または「全国大会申込案内」経由でお申込みください。
◆定員:50名(申込順、定員になり次第締切)
◆連絡先:(正)嶋田IPEJ16@googlegroups.com(部会幹事ML)
◆詳細は、部会HPhttp://www.ipej.net/参照
11月11日 応用理学部会(全国大会に合わせた講演会) 郡山駅西口複合ビル「ビッグアイ」第3会議室 13:30

16:30
1.講演1:近年の地震災害と東北地方の活断層(仮)(福島大学人間発達文化学類 中村洋介准教授)、講演2:深成岩分布地域での広域地下水調査と井戸掘削の経験−原発被災地福島県葛尾村の住民帰還のための飲料水確保(東北本部応用理学部会顧問・新協地水株式会社 谷藤允彦氏)
2.CPD:3.0予定
3.参加費:未定
4.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338
11月13日 金属部会(見学会) 1)産総研 福島(FREA)、2)コミュタン福島 9:00

15:30
技術士全国大会(郡山市)に合わせて、金属部会で見学会を行います。JR郡山駅に集合、バスにて産総研 福島再生可能エネルギー研究所(FREA)と福島県環境創造センタ(コミュタン福島)を回り、JR郡山駅で解散します。下記金属部会HPの「お知らせ」を参照ください。https://www.engineer.or.jp/c_dpt/metal/categories/index725755.html
問合せ先、kaztecjp1@gmail.com田中和明
11月14日 11月度技術士CPDミニ講座 機械振興会館 B3 研修2 18:00

20:00
■講演 「 遺伝子組換え大西洋サケの販売許可 −その背景と展望− 」
 名古屋博之 氏〔国立研究開発法人水産研究・教育機構 増養殖研究所 主幹研究員〕
■参加費(つり銭無きようお願いします。)
 正会員 1,500円、準会員 1,000円、非会員 3,000円
■定員 : 先着 80名 (定員になり次第締)
■主催 : CPD支援委員会
11月16日 中国本部(岡山県支部11月例会・現地見学会/中国本部建設部会共催) 岡山環状南道路、倉敷立体 12:15

17:00
12:15JR岡山駅西口集合、13:00〜14:00現地見学(岡山環状南道路工事現場)、15:00〜16:00(倉敷立体工事現場)、17:00JR岡山駅西口着解散
定員:30名、会費:会員1,000円、非会員2,000円
問合せ:086-254-2422 okayama@ipej-chugoku.jp岡山県支部
11月16日 原子力・放射線部会(第62回技術士の夕べ) 機械振興会館6-67号室 18:00

20:00
原子力発電所オフサイト関連(廃棄物中間貯蔵等)(仮題)講師:大迫政浩氏(国立環境研究所)詳細は部会HP
問合せhttps://www.engineer.or.jp/dept/nucrad/d2000.html
11月16日 生体・環境、保全交流会(30年11月例会) 機械振興会館会議室 18:00

21:00
演題:「オンライン研究・教育」がもたらす技術開発・研究・教育の大変革 講師:静岡大学工学部教授情報基盤センター長博士井上春樹先生
詳細http://www.fws2015.sakura.ne.jp
申し込み行事予定左欄の「申込」ボタンからまたはmail:fwshirose@leaf.ocn.ne.jp T/F 03-3399-3993 参加費:2.000円
11月17日 環境マネジメントセンター 未定 10:00

12:00
例会(情報交換)、ミニ講演:「外来生物(アカミミガメ)の防除」講師:大木久光 氏、申込は行事予定から。
11月17日 九州本部(北九州地区支部CPD・KIGS共催イベント) 北九州市八幡東区:北九州イノベーションギャラリー(KIGS) 13:00

17:00
KGS調査研究報告会「嗅覚センサーと匂い応用研究の歴史と発展」林教授(九州大学)、北九州地区支部技術報告「無線設備の維持・管理について」河野公志氏(情報)
問合:小柳TEL:093-612-0191
11月17日 長野県支部(東信ブロックCPD講演会) 長野大学 4-302教室(4号館3F) 13:00

15:00
「音声認識システムを活用した聴覚障害学生支援の取組」−聴覚に障害(難聴も含む)のある学生に対する情報保障技術(「情報弱者」にならないために健常者と同じように、見・聞きを保障する技術)の実践事例の報告です。スマートフォン等の情報サービスを活用し、情報システム(音声認識)によって聴覚障害者(学生)を支援する取組みです。−講師:伊藤英一氏 (長野大学社会福祉学部教授)
会費:会員500円、一般1,000円、学生・高校生無料。
会場:長野大学4号館(上田市下之郷658-1、上田電鉄別所線「大学前」駅下車 徒歩 10分)
問合せ:penagano@penagano.org、fax:0263-48-0009
11月17日 神奈川県支部(技術士セミナーあなたも「プロのエンジニア」を目指しませんか) 東京都市大学世田谷キャンパス新6号館1階61A教室 東急大井町線「尾山台」下車、徒歩12分 13:30

17:30
◆技術者の国家資格「技術士」〜あなたも「プロのエンジニア」を目指しませんか〜
◆技術者の国家資格として、「技術士」があります。 グローバル化の進展に伴い、各国で技術者資格の相互認証への動きも進み、「技術士」は国境を越えて活動できる資格になりつつあります。そこで、本セミナーでは、この「技術士」の資格についての説明と技術士の活動事例について紹介します。
◆1.セミナーの目的、技術士制度に関する説明 日本技術士会 神奈川県支部 修習技術者支援小委員会委員、2.活躍事例の紹介 (1)事例1 講師:小原丈二氏((株)小田急エンジニアリング)、(2)事例2 講師:原眞一氏((株)巡る技 代表取締役社長)
◆受付開始:13:00
◆参加費:学生・院生無料、社会人・技術士2千円
◆申込み;左欄の「申込ボタン」、FAX045-210-0338、E-mail:kanagawa@engineer.or.jp
◆定員:60名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
★問合せ;支部事務局 TEL045-210-0337
11月17日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(連絡会・話題提供・講演会) 機械振興会館 会議室6-67 14:00

17:00
14:00-14:40部会連絡会
14:50-15:20話題提供:「金属部門 若手技術者の会 YES-Metals!の活動紹介」講師:松下 滋氏(金属部会/YES-Metals!幹事)
15:30-17:00講演会:「民間航空機の開発について」講師:山中 清氏(ダイヤモンドオフィスサービス株式会社)
会費(資料代):会員1,000円、非会員2,000円、終了後懇親会:会費:3,500円前後、会場:神谷町駅近く。
申込は行事予定から、問合せ先:kanda@chofu.jaxa.jp神田
11月19日 技術士包装物流グループ(11月度研究会) 日本マテリアルフロー研究センター会議室 18:00

20:00
講演:食品鮮度保持関連技術の動向について
講師:三井化学株式会社 吉田存方氏 技術士(当会会員)
内容:近年、フードロスが重要な社会課題の一つとなっており、国連が定めた「持続的な開発目標(SDGs)」においてもその削減がターゲットとして明確化されています。フードロス削減に対して包装技術が果たす役割は大きいと考えられ、他の貯蔵技術と併せ、様々な開発がなされています。本講演では、食品、特に青果物を中心に鮮度保持関連技術の動向について解説するとともに、三井化学グループで事業化、開発を進めている鮮度保持包材製品についても御紹介頂きます。
会費:2,000円(当会会員以外の方)
申込:坂巻千尋chihiro.sakamaki@toppan.co.jp
11月19日 近畿本部(環境研究会・講演) 大阪市中央区アーバネックス備後町ビル3階ホール 18:45

20:30
「水を汲むだけの環境調査〜環境DNA技術の紹介」神戸大学大学院人間発達環境学研究科源利文准教授による講演、終了後懇親会、会費等詳細は部会HP、申込は行事予定を参照。
問合せ:m.fujihashi@niftyu.com藤橋。
11月21日 建設部会・埼玉県支部共催(講演会) 大宮ソニックシティ 905会議室(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル) 18:00

19:30
「(仮題)土木・建築構造物補修補強工事における炭素繊維の活用」講演会、講師:東レACE(株)環境資材部複合材料課(調整中)
会費:会員1,000円、一般2,000円、定員60名、申込は行事予定の左欄「申込ボタン」から、先着受付順 申込〆切 11月14日
11月22日 上下水道部会2(11月度講演会) 機械振興会館2F技術士会会議室 18:30

20:00
「(仮称)放射能を含む汚泥処理事業への日本下水道事業団の取り組み」高村和典氏(JS日本下水道事業団福島再生プロジェクト推進室長)、会費:講演会1,000円(会員以外2,000円)、終了後同室で懇親会、懇親会費2,000円、詳細は部会HP、申込は行事予定から、懇親会の参加の有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp 担当松山
11月24日 TQM経営支援研究会(11月例会) 未定 10:00

12:00
農業におけるTQM事例、その他 会費:1,000円
問合せ:hidekisiraisi@yahoo.co.jp
11月24日 経営管理チーム(11月例会) 機械振興会館B3-2会議室 14:00

17:00
講演題目:「日本企業にイノベーションは起こせるのか?」
講師:川中 雅史 氏 (川中技術経営研究所・代表、技術士(電気電子部門、総合技術監理部門) )
講演要旨:「約3/4のビジネスパーソンが勤務先でイノベーションを起こせていない」との調査結果が明らかとなっています。本講演にてまず技術経営(MOT)の観点からの全体像や考え方を紹介し、次に参加者全員にて「イノベーションを起こす本質に関して議論する」場を設けたいと考えております。皆様の積極的なご発言を期待しております。」
講演後ワンドリンク意見交換会、その後例会を実施。
会費:KKT会員千円、KKT会員外:2千円。(KKT=経営管理チーム)
問合せ・申し込み:技術士会ホームページから。又はrxi00246@eastcom.ne.jp 熊田 まで
11月29日 環境部会(2018年11月度講演会) 機械振興会館 18:30

20:40
「第五次環境基本計画」をテーマに演題・講師を調整中。
会費:会員1,000円(入会1年未満は免除)、非会員2,000円
※詳細が決まり次第部会HPでご案内します。
11月30日 近畿本部(兵庫県支部主催第16回CPD講座プレフラ・アカデミーVol.6) 神戸市勤労会館4F406会議室 18:30

20:00
神戸大学工学部・阪上教授をお招きし、「赤外線計測による目視を超えた長大橋梁の非破壊検査・維持管理技術」についてお聞きします。申込受付は10月以降、開始します。会員1000円、会員外2000円、、講演終了後、懇親会を開催します。(別途、有料)
問合・申込先cpd@ipejk-hyogo.net(CPD委員会)
12月1日 新規開業技術士支援研究会 一般社団法人日本技術者連盟5階会議室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議、講師:福本和佐男氏(機械)他、参加費:1000円
詳細はHP(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
12月1日 埼玉県支部(地域活性化委員会北部地域小委員会CPD講演会(環境管理・土壌汚染)) 熊谷市立コミュニティセンター2階第1集会室(JR高崎線熊谷駅北口徒歩15分) 14:00

16:30
地質、環境に関するテーマで、2人の技術士が「路面沈下現象の究明と土壌汚染状況調査」、「環境・化学物質管理の動向」について講演、定員:30名、会費:会員1,000円、非会員2,000円
申込:左のHP行事申込ボタンより、詳細は支部HPより、問合せ先:saitama@engineer.or.jp
12月4日 上下水道部会(12月度見学会) 東京都下水道局森ケ崎浄化センター 15:00

16:30
東京都下水道局森ケ崎浄化センター再生エネルギー施設見学、14:45モノレール昭和島東口集合、終了後浜松町付近で忘年会、忘年会費5,000円、詳細は部会HP、申込は行事予定から、懇親会の参加の有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp 担当松山
12月7日 経営工学部会(仲間を増やそう交流会) 機械振興会館6階会議室6-65 18:15

20:15
12月恒例の経営工学部会忘年懇親会「仲間を増やそう交流会」を、今年度は機械振興会館にて開催致します。
会費:会員、非会員とも5,000円(飲食費含む)。
場所:機械振興会館 6階(東京都港区芝公園3−5−8)
東京メトロ日比谷線神谷町駅より無料送迎バスがご利用になれます http://www.jspmi.or.jp/material/file/office/bus/bus.pdf
12月8日 農業部会(2.講演会) 機械振興会館 13:50

17:00
「日本ワインの魅力と今後の展開方向」(仮題)恩田匠氏(山梨県産業技術センター)、「農産物輸出の現状と課題」(仮題)西経子氏(農林水産省食料産業局食文化・市場開拓課長)、申込みは行事予定から、情報交換会への参加不参加を明記
問合せ:momotaro@js2.so-net.ne.jp担当:湯川
12月14日 機械部会(例会) 機械振興会館、6ー67会議室 18:30

20:30
1「仮)設計・製造技術の向上に向けた高精度CAEのめの先端実験技術」西田政弘氏(名工大 電気・機械工学専攻機械分野 准教授)、2「仮)産業機械のIE導入による工程改善」(IEの導入に要改善とは長期に言われ続けているが、その概念は今でも製造の場では新鮮に躍動しています)高橋正人氏(株式会社ニコン 半導体装置事業部)、会費:会員1000円、非会員2000円、年内3回パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp加藤
12月14日 近畿本部(農林水産部会・環境研究会合同講演会)) 大阪市中央区アーバネックス備後町ビル3階ホール 18:30

20:30
「新・緑の革命:ゲノム情報解析に基づく気候変動に強いスーパーコシヒカリの開発」静岡大学グリーン科学研究所グリーンバイオ研究部門育種生物工学グループ富田因則教授による講演、終了後懇親会。
参加費(当日会場で支払い);農林水産部会員1,500円、環境研究会会員無料、一般参加2,000円。懇親会費;3,500円。
問合せ:m.fujihashi@niftyu.com藤橋。
12月15日 情報工学部会(CPDコラボワークショップ) 機械振興会館 6-67 13:00

17:00
定員になりましたので申込を締め切ります。
◆講演・ワークショップ:ロボットへのAIの適用について
◆講師::慶応義塾大学理工学部教授 山口高平氏、専任講師 森田武史氏
◆プログラム:講義、グループ討議、まとめ、発表・講評(終了後、懇親会)
◆参加費:会員2,000円(技術士会会員、情報処理学会会員)、非会員:3,000円(懇親会参加者は2,000円)。当日、受付にて徴収します。
◆申込先:定員になりましたので申込を締め切ります。
◆定員:定員になりましたので申込を締め切ります。
◆申込締切:定員になりましたので申込を締め切ります。
◆連絡先:(正)黒澤、(副)平田IPEJ16@googlegroups.com(部会幹事ML)
12月15日 男女共同参画推進委員会(第40回技術サロン) 機械振興会館2階211会議室 13:00

16:00
「技術士」資格に関する説明及び懇話会、対象:技術者及び技術士を目指す女子学生・女性、※技術士の方はご遠慮ください.
定員15名、参加費:無料
申込・問合せ:wpetf@engineer.or.jp平塚
12月15日 応用理学部会(資源工学部会と合同開催) 機械振興会館 地下3階研修1号室 15:00

19:00
1.講演会:鉱業の歴史と事業の多角化(仮)(資源経済戦略研究所 澤田賢治氏)
2.CPD:2.0
3.参加費:会員1,000円、非会員2,000円、忘年会は別途2,000円(予定)
4.講演会終了後、17時頃より機会振興会館内で忘年会を開催
5.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338
(お願い)忘年会参加希望の場合、WEB申込「主催者への連絡事項」の欄に「忘年会参加」とご記入ください。
12月15日 資源工学部会(応用理学部会との合同例会・講演会、懇親会) 機械振興会館(地下3階研修1号室) 15:00

19:00
「鉱業の歴史と事業の多角化」(仮題) 資源経済戦略研究所 代表澤田賢治氏
会費:講演会のみ千円、懇親会とも3千円 申込はHP行事予定から。
問合せ:m-mizuno@violet.plala.or.jp
12月20日 環境部会(2018年度忘年会) 機械振興会館 18:30

20:40
会費:会員1,000円、非会員2,000円
※詳細は部会HPでご案内いたします。
12月22日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(特別講演会) 機械振興会館 会議室6-66(中部本部および中国本部にWEB中継) 13:30

17:00
13:30-13:35ご挨拶
13:40-15:10講演「国産航空機の開発について」、講師:久保 正幸氏(元川崎重工業)
15:30-17:00講演「宇宙のゴミ(スペース・デブリ)」、講師:加藤 明氏(元JAXA、加藤技術士事務所)
会費(資料代):会員1,000円、非会員2,000円、終了後懇親会:会費:3,500円前後、会場:神谷町駅近く。
申込は行事予定から、問合せ先:kanda@chofu.jaxa.jp神田
1月11日 IT21の会(例会) 東京ウイメンズプラザ 第二会議室(予定) 18:30

20:30
「ヘルスケア分野におけるAIの活用や医療ICTの取組み」、NTTデータ経営研究所 岸本純子マネージャー、会費:無料、終了後懇親会(会費別途)
詳細はhttp://it21.info/
1月24日 環境部会(2018年度1月講演会) 機械振興会館 18:30

20:40
演題:「(仮)遥かな尾瀬の水環境史ー湿原環境モニタリングと将来について」、講師:国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター生態系機能評価研究室長 野原精一様
会費:会員1,000円(入会1年未満は免除)、非会員2,000円
※詳細は部会HPでご案内します。
2月5日 資源工学部会(講演会) 機械振興会館(6F会議室6-61) 18:00

20:00
「再生可能エネルギー(地熱・地中熱)及び未利用エネルギー(廃熱)を活用した、融雪システムの開発普及の取り組みについて」(株)アールアンドイー 米田直司氏 技術士(資源工学)
会費:1,000円、申込はHP行事予定から。
問合せ:m-mizuno@violet.plala.or.jp