ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • ホーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • シンボルマークについて
  • RSSについて
試験・登録情報

令和2年度技術士第二次試験の実施について【延期後】

 令和2年度技術士第二次試験につきましては、7月17日に文部科学省にて科学技術・学術審議会技術士分科会試験部会が開催され、筆記試験日時及び口頭試験等の日程が決定されました。
 なお、合格発表が令和3年度技術士第二次試験の受験申込期間に迫っている場合は、文部科学省において令和2年度技術士第二次試験筆記試験合格者(口頭試験受験者)に対して受験申込期間の延長について特例措置が検討される予定です。
 この審議結果に基づき、指定試験機関である日本技術士会は、以下のとおり試験を実施いたします。
 また、試験実施時期が変更されたことを理由として受験を取りやめる方については、受験手数料を返還いたします。返還手続きに係る詳細は近日中に、本ホームページ及び郵送にてご連絡いたします。
 今後、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、日程及び感染防止対策について変更する場合がありますので、随時当会ホームページをご参照ください。

〇令和2年度技術士第二次試験の実施について【延期後】
試験日時 【総合技術監理部門の必須科目】
令和2年9月21日(月)午前12時〜午後2時、午後2時半〜午後6時
【総合技術監理部門を除く技術部門・総合技術監理部門の選択科目】
令和2年9月22日(火)午前12時〜午後2時、午後2時半〜午後6時
※試験会場内で昼食をとることはできませんので、事前にすませて来場してください。
受験票の発送 令和2年8月下旬
筆記試験合格発表 令和3年1月上旬
口頭試験日 令和3年2月上旬から3月中旬(筆記試験合格者にあらかじめ通知する)
※試験日時の指定・変更は一切できません。
合格発表 令和3年4月下旬
筆記試験合格者(口頭試験受験者)への特例措置 令和2年度技術士第二次試験合格発表が令和3年度技術士第二次試験の受験申込み期間後に迫っている場合は、文部科学省において受験申込期間の延長について特例措置が検討される予定です。
新型コロナウイルス感染症対策 1.受験者の皆様へ
・試験当日に熱、咳などの症状がある場合は受験を控えてください。なお、これを理由とした欠席者に対する再試験は行いません。
・試験当日、各自による検温をお願いします。受験票に検温欄を設けていますので、各自ご記入のうえ、試験会場にお越しください。
・マスクの持参着用をお願いします。試験中の写真照合の際は一時的に外していただきます。
・試験室は換気を行うため、窓やドアを開けますので、室温の高低に対応できるよう服装にはご留意ください。
・試験当日まで手洗い・うがいなど各自での感染防止対策に十分ご留意ください。

2.日本技術士会が行う対策
・入り口付近の密集を緩和するため、試験室入室時間を前倒し及び時間帯を延長しますので、余裕のある入場をしてください。
・試験室等に消毒液を設置及び試験室における机、椅子の背もたれ、ドアノブ及び電気スイッチの消毒を実施します。
・試験監督員等は常時マスクを着用します。
・試験室の密集を緩和するため、収容人数の半分以下程度に座席を設定しています。
・その他、今後も感染防止対策等について当会ホームページで公表しますので、更新情報にご注意ください。
受験手数料の返還 試験実施時期が変更されたことを理由として受験を取りやめる方については、受験手数料を返還いたします。申請期間は(7月21日〜8月14日)です。これ以後は、受験手数料の返還には応じません。期日までに申請がない方については、受験を希望する者とみなします。
なお、受験手数料返還希望の方には、後日、受験票に代わる令和2年度技術士第二次試験申請受付書を発行しますので、既にご提出いただいた申込書類は返却いたしません。

電話による本件に関する問い合わせは、次にお願いいたします。
公益社団法人日本技術士会 技術士試験センター 03-6432-4585
受付時間は、月曜日〜金曜日(祝日を除く)の9:30〜12:00、13:30〜17:00までとしますので、ご了承願います。

このページのお問い合わせ先:試験・登録部
電話:03-6432-4585

ページトップへ