ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • ホーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • シンボルマークについて
  • RSSについて
試験・登録情報

令和元年度技術士第一次試験の再試験について(第3報)

 令和元年度技術士第一次試験の再試験につきましては、第2報でお知らせしましたとおり、11月25日に「再試験を受験できる方(受験資格)」に、郵送にて申請書類等を送付し、11月27日〜12月11日までWEB又は郵送での申込み受付を行いました。しかしながら、その結果、対象者のうち約1割の方が未申請であり、また、より多くの方に再試験により受験の機会を提供するとの当初の主旨等から、以下の通り、特別措置を講じることといたしました。
 また、受験申請受理のトラブルを防止するため、現時点において申請されている方の受験番号を下記添付資料「申込み受理者一覧」に記載させて頂きました。(東京都及び神奈川県の再試験申込み受理者一覧は掲載していません。受験手数料返還受理者一覧に受験番号がない方は、再試験申込者とみなしています。) 申請されていて、「申込み受理者一覧」に受験番号の記載がない方は申請が完了していませんのでご確認ください。
*受験票は、2月10日に発送します。2月14日までに届かない場合は、お問い合わせください。

1.東京都及び神奈川県の未申請者(申請にあたっては「参考表1」を参照してください。)
[1]試験準備等の関係上、再試験申込者とみなすことにいたします。
[2]ただし、令和2年1月8日まで下記添付資料「受験手数料返還申請書(東京都・神奈川県)」を送付していただければ受験手数料の返還を受付いたします。
 (受験手数料をお振込いただいた際に発生した、振込手数料は返還いたしません。)
 ご希望する方は、郵送【簡易書留:令和2年1月8日必着】にて提出してください。
[3]なお、対象者には郵送でもお知らせします。

1−1.東京都及び神奈川県の既申請者(申請にあたっては「参考表1」を参照してください。)
[1]再試験の受験又は受験手数料返還の変更を認めます。
[2]変更をご希望する方は、令和2年1月8日15時までに受験番号、氏名(フリガナ)、生年月日、変更内容を明記し、HPの問い合わせ又はメール(b-shiken@engineer.or.jp)にてご連絡ください。

2.宮城県及び新潟県の未申請者(申請にあたっては「参考表2」を参照してください。)
[1]当初の再試験申込受付期間に再試験の申請ができなかった方は、郵送【簡易書留:令和2年1月8日必着】にて、その理由を付して「再試験申込書」を提出してください。
[2]申請書様式は、下記添付資料「再試験申込書(宮城県・新潟県)」の様式を使用してください。
[3]申請期限以降は、再試験受験の申込みは受け付けできません。
[4]なお、対象者には郵送でもお知らせします。

3.その他の未申請者(申請にあたっては「参考表3」を参照してください。)
[1]当初の再試験申込受付期間に再試験の申請ができなかった方は、郵送【簡易書留:令和2年1月8日必着】にて、その理由を付して「再試験申込書」を提出してください。
[2]申請書様式は、下記添付資料「再試験申込書(その他)」の様式を使用してください。
[3]申請期限以降は、台風19号の影響に伴い試験当日又は試験前日に、各人の居所から鉄道、バス等による試験地への移動が客観的に不可能であった者以外の欠席であったものとして取り扱うこととします。
[4]申請期限以降は、再試験受験の申込みは受け付けできません。
[5]なお、対象者には郵送でもお知らせします。

<注意事項>
・今回、新たに手続きをされる方で受験番号がご不明の場合は、HPの問い合わせ又はメール(b-shiken@engineer.or.jp)にて1月6日(月)13時までにお問い合わせください。令和元年12月28日〜令和2年1月5日は休業いたしますので、休業中にいただいたお問い合わせについては、1月6日に回答いたします。
・技術部門/試験科目の一部免除の変更はできません。当初申込みされたとおりです。
・住所は、変更がある場合のみ記入してください。
・再試験の受験申込み案内は、下記添付資料に掲載しております。
・再試験において、地震・雪等による自然災害、その他不可抗力の事情により試験が実施できない場合、再試験の再度の実施はいたしません。
・試験実施に関する情報については、2月29日(試験1週間前)から掲載します。

このページのお問い合わせ先:試験・登録部
電話:03-3461-8827

ページトップへ