ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • 山梨県支部のホーム
  • 地域本部・県支部・部会・委員会
  • 公益社団法人日本技術士会
  • RSSについて
山梨県支部

支部長挨拶

山梨県支部長秋山高広(拡大画像へのリンク)

山梨県支部長 秋山 高広

(画像クリックで拡大 38KB)

ご挨拶

 公益社団法人日本技術士会(以下本会)は、技術士制度の普及、啓発を図ることを目的とし、技術士法により明示されたわが国で唯一の技術士による社団法人です。2011年4月11日には公益社団法人となり、創立60周年を迎えました。公益社団法人として施行した新定款では、第5条に「本会の全国的な事業実施及び会員の地域的な活動の活性化に対応するため、支部その他の地域組織を設けることができる。」とし、新たに地域組織の意義とその組織的位置づけが明確にされました。

これを受けて、山梨県では、地域活動の更なる活性化を目指して、山梨県所属の本会員二十数名による支部設立発議があり、所定の手続きを経て、公益社団法人日本技術士会山梨県支部(以下山梨県支部)は、平成23年11月の理事会において設置が承認されました。

山梨県支部は、平成24年3月末現在で、正会員45名、準会員22名、合計67名の会員を有する比較的小規模な支部ですが、以上の経緯をふまえ、山梨県における技術士の地域活動を支える組織として大きな存在意義と責任を持っておると考える所存であります。

ちなみに、本会では、2007年1月に技術士の行動原則を示した「技術士プロフェッション宣言」を社会に向けて発信しています。公益社団法人日本技術士会の理念とすべき“技術士のあり方”について、「技術士プロフェッション宣言」は、会員、会員以外の技術士および技術士を目指す技術者を含めた社会に対し広く示すものです。

山梨県支部では、本会定款第5条に明示された地域組織の意義と、技術士の行動原則「技術士プロフェッション宣言」を活動の基本として、地域活動を担う組織として次の方針を宣言します。

  (1)地域密着型の積極的な技術士活動の促進による地域貢献
  (2)社会的ニーズに応え得る技術士のCPD活動
  (3)技術士の更なる知名度向上
  (4)新技術開発や技術支援活動の組織化による技術士の事業領域拡大
  (5)環境・安全・防災・景観等、社会性の高い技術研究・交流活動の促進

 今後の山梨県支部の活動にご期待戴くと共に、皆さま方からのご指導・ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

このページのお問い合わせ:山梨県支部

ページトップへ