ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • 森林部会のホーム
  • 地域本部・県支部・部会・委員会
  • 公益社団法人日本技術士会
  • RSSについて
森林部会

森林部会講演会「森林地帯における流木対策」

平成30年度森林土木セミナー
森林地帯における流木対策

国内の森林の4割を占める人工林は、戦後に植林されたものが多く、大半が大径木からなる林となっています。そのために、森林流域において、豪雨や地震により崩壊、土石流が発生して森林が破壊された場合には、土砂とともに、大径かつ長大な流木が流出しやすい現状にあります。したがって、下流の流木災害を防止するために、森林流域において、流木の発生、流下を制御することが重要な課題となっています。
今回は、流木災害、流木対策に造詣の深い方を講師としてお招きして、流木に関する研究・対策の歴史や現状について学ぶととともに、今後の課題について、意見交換を行います。

森林部門技術士会(担当:森林土木部会)

主 催:公益社団法人日本技術士会森林部会
期 日:平成30年6月22日(金)14時半〜17時
場 所:日林協会館3階大会議室(東京都千代田区六番町7)
    JR四ツ谷駅から徒歩5分
    http://www.jafta.or.jp/contents/gaiyo_chizu/1_list_detail.html
プログラム:
1.開会       14:30
2.講演       14:35〜16:35
  「流木災害と対策」
東京農工大学名誉教授  石川芳治(いしかわ よしはる)
3.質疑応答・討議  16:35〜17:05
4.閉会      17:05
  CPD:森林分野CPDプログラム認定、参加票発行

このページのお問い合わせ:森林部会

ページトップへ