ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • 社会委員会のホーム
  • 地域本部・県支部・部会・委員会
  • 公益社団法人日本技術士会
  • RSSについて
社会委員会

工事監査支援体制について

グループ紹介

 工事監査支援体制のご紹介
名 称 工事監査支援ワーキンググループ
ワーキンググループ員 石塚章弘、小林陸海、渋谷勝太郎、鈴木安男、園部隆夫、殿村丈二、松田洋紀、三好 修、和久昭正
工事監査支援登録会員 13名(2022年4月1日現在)
工事監査支援業務実施件数 11件(2021年度実績)
工事監査支援業務実施対象 道路、橋梁、上下水道、河川、公園、区画整理、農業土木、建築、機械・電気設備、防災無線、清掃工場、浄水場、下水処理場、砂防、管渠、ポンプ場、し尿処理場
技術士部門 電気電子部門、建設部門、衛生工学部門、総合技術監理部門
他に保有する資格等 APECエンジニア、一級建築士、構造設計一級建築士、建築構造士、1級建築施工管理技士、1級電気工事施工管理技士、1級管工事施工管理技士、第一種電気主任技術者、第一種電気工事士、1級土木施工管理技士、労働安全コンサルタント、建設業経理事務士、公害防止管理者、環境カウンセラー、VEリーダー

このページのお問い合わせ:社会委員会

ページトップへ