ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • 国際委員会のホーム
  • 地域本部・県支部・部会・委員会
  • 公益社団法人日本技術士会
  • RSSについて
国際委員会

委員長挨拶

国際委員長坂井剛太郎(拡大画像へのリンク)

 国際委員長 坂井剛太郎

(画像クリックで拡大 47KB)

 第2期目に引き続き第3期目の国際委員会の委員長を仰せつかりました、坂井剛太郎です。

 前期、第2期目の活動としましては、以下の実績を残すことができました。

(1) 海外の仕組みとの整合にむけた取り組みとして、日本技術士会が属するIEA(International Engineering Alliance)により2018年度に行われた日本の更新審査にワーキンググループを設置して対応し、本年6月の総会で6年間の更新を承認されました。なお、毎年行われる加盟他国の審査では主査/副査を担って対応しています。

(2) FEIAP(The Federation of Engineering Institutions of Asia and the Pacific)への継続的参加等による個別エコノミーとの活動交流の推進や、日韓技術士交流委員会による50年近くにわたる交流の維持発展、海外活動支援委員会による中国や台湾を始めとして広がる各国の個別団体との実効ある交流の推進を図っています。

(3) 技術士会会員の皆様との情報共有としては、各種関連規定の制定・改定の他、国際委員会のHPのコンテンツのアップデート、日本技術士会HPの英語版の更新作業を行っています。

 しかしながら「海外」・「国際」の範囲・範疇は大変大きなものであり、常設委員会としての規定内での活動には限界があります。前期では関係各組織への理解を求めてまいりましたが、今期は常設委員長会議・理事会を通して、所掌事項の見直しも含めた委員会活動の整合性に取り組んでまいりたいと考えております。その中で特に推進する活動は以下の通りです。

(1) IEA等の国際機関で日本技術士会の意見の主張・説明を行うことのできるレベルの人材の育成とストック方法の検討。

(2) 国際交流活動を通した日本の技術士制度の優位性や強化すべき面の抽出と(交流対象国選定を含めた)根拠ある取り組み優先順位の設定。

(3) 日本技術士会としての安全保障貿易管理の仕組みなど、海外におけるコンサル活動時の国内環境と異なるリスク評価支援方法の検討と構築。

(4) 各種関連規定の制定・改定の他、国際委員会のHPのコンテンツのアップデート、日本技術士会HPの英語版の更新を通した技術士会会員の皆様とのコミュニケーションの促進。

(5) 世代交代を見据えた日韓技術士国際会議の方向性の検討。

(6) 海外活動支援委員会に蓄積された人材・ノウハウの活用・展開。

 技術士制度の改訂につきましては、日本技術士会でも最終報告が取り纏められ、技術士制度検討委員会は更新制度に特化して活動を継続すると共に、技術士資格活用委員会が新たに設置されて技術士の活用促進や国際通用性について取り組んでいかれると聞いております。これらの活動では国際委員会も海外活動の視点で連携していく必要があります。日本の技術士としての海外への展開では、名称占有活動にない業務占有活動に求められる責任問題や展開対象国との部門の整合など、国内の制度にも大きくかかわる課題があります。これらの課題の解決には、各委員会や各部会、各地域本部等、皆様との連携を密にしながら活動していかなければなりません。引き続き国際委員会をご支援、ご指導いただきます様、よろしくお願いいたします。

以 上

2019年8月
国際委員長 坂井剛太郎

このページのお問い合わせ:国際委員会

ページトップへ