ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • 技術士活性化委員会のホーム
  • 地域本部・県支部・部会・委員会
  • 公益社団法人日本技術士会
  • RSSについて
技術士活性化委員会

知的資産経営WEEK2017セミナー −知的資産経営における技術士への期待−

公益社団法人日本技術士会 技術士活性化委員会

目的・要旨

 企業などの競争力の源泉としての,人材,技術,技能,知的財産(特許・ブランド等),組織力,顧客とのネットワークなど,財務諸表には現れてこない資産を総称して“知的資産”といいます。また“強み(知的資産)”をしっかりと把握し,それを“見える化”することで業績の向上に結びつけることを“知的資産経営”といいます。
ローカルベンチマークは,企業の経営状態の把握,いわゆる“健康診断”を行うツール(道具)として,企業の経営者などや金融機関,支援機関などが,企業の状態を把握し,双方が同じ目線で対話を行うための基本的な枠組みであり,事業性評価の“入口”として活用されることが期待されるものです。
今回のセミナーは,技術士が得意とする“技術上の問題を発見し,それを解決する業務”を遂行し,知的資産経営に関する基礎知識を習得することによって,支援する企業・経営者への更なる貢献を目指し企画しました。
コンサルタントを生業とした独立技術士だけでなく,将来独立を考えている企業内技術士にも役立つ研修ですので,是非,多くの方に受講していただきたいと考えています。

開催要領

1.日時:

2018年 2月21日(水曜日)13:00〜16:20

2.場所:

機械振興会館 地下3階 研修2(〒105-0011東京都港区芝公園3-5-8) 【地図】

3.主催:

公益社団法人日本技術士会 技術士活性化委員会

4.後援:

経済産業省・一般財団法人 知的資産活用センター

5.テーマ:

知的資産経営における技術士への期待

6.プログラム概要:

(1) 「知的資産経営について」

講師:後藤 慎平 氏(経済産業省 経済産業政策局 知的財産政策室 室長補佐)
時間:13時05分〜13時35分(30分:質疑含む)

(2) 「ローカルベンチマークについて」

講師:飯田 祐大 氏(経済産業省 経済産業政策局 産業資金課)
時間:13時45分〜14時35分(50分:質疑含む)

(3) 「ノウハウ秘匿のメリットとデメリット」

講師:高橋 政治 氏(Kyoshin技術戦略研究所 代表/ソナーレ特許事務所 パートナー 弁理士・技術士(金属部門))
時間:14時50分〜15時40分(50分:質疑含む)

(4) 「技術士の活動をサポートする特許情報及び検索サイトJ-PlatPatの紹介」

講師:長部 喜幸 氏(特許庁 総務部総務課特許情報室 特許情報企画調査班長)
時間:15時50分〜16時15分(25分:質疑含む)

7.定員(申込み先着順):

110名(定員になり次第締切り)

8.参加費(資料代含む):

会員1,000円,参加費は当日支払い。つり銭無きようお願いします。

9.参加対象者:

一般,会員

10.申込先:

・一般の方は,こちらからお申込み下さい。

・技術士会会員の方(会員ID・PWをお持ちの方)は,こちらからお申込み下さい。
(※会員ID・PWの取得は,こちらからお申し込み下さい。)

11.照会先:

公益社団法人日本技術士会 技術士活性化委員会
委員会事務局 LCL-IND@engineer.or.jp (担当:濱田)

このページのお問い合わせ:技術士活性化委員会

ページトップへ