一般CPD行事案内 2016/08/28 01:54

以下の行事は、公益社団法人日本技術士会の会員以外の方もご参加いただけます。 「申込」ボタンの付いている行事は、「WEB参加申込」をして下さい。
なお、この申込メニューは会員以外の方専用ですので、当会会員の方は「会員コーナー」の 「会合・CPD行事予定(パスワードの取得が必要)」からお申し込み下さい。
 
               行事検索    
 主催者:
 キーワード1:
 キーワード2:
 (*)が検索対象(AND条件)
2016年08月28日以降の行事を表示しています。 8月 9月 10月 11月 12月 

「WEB参加申込」の説明       
*行事名が下線付きになっているものは、クリックして戴くと詳細情報を表示します。

WEB
申込
開催日 曜日 会合・行事名(*) 場所(*) 時間 内容/連絡先(*)
  8月31日 知財コンサルティングセンター(PCIP)セミナー 葺手第二ビル 18:30

20:00
テーマ:技術者が知っておきたい商標の話
概要:1.商標の3つの側面:「商標」の理解を助ける3つの側面を挙げ、それぞれの勘所をイントロがわりにお話しします。1.1 ビジネスの側面(ブランド形成・育成)、1.2 技術アピールの側面(技術・発明・製品の特徴を端的に表現する手段)、1.3 法律の側面(知財法の中の位置付け、登録要件、不登録事由)
2.いろいろなトピック:講師の実務経験または報道された事件から、4つの事例をピックアップしてご紹介します。2.1 技術・製品のネーミング、2.2 IGZO事件、2.3 自動車用塗料の事例、2.4 大量出願問題
3.おまけ:2015年度施行の新タイプ商標と国際登録の話題を、さわりだけご紹介します。3.1 新タイプ商標、3.2 国際登録制度
講師:PCIP会員 弁理士・技術士 黒田雄一 氏
会費:PCIP会員無料、一般500円(申込時にPCIP会員か否かを明記)
申込み:taka-k58@as.airnet.ne.jp:金井
9月1日 技術士包装物流グループ(関西支部・研究会) 大阪府門真市 パナソニック企業年金基金「松心会館」 18:00

19:30
「包装貨物振動試験の精度向上に向けた取り組み-衝撃的な振動を再現する非ガウス型ランダム振動試験 -」について、細山亮 氏(地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所製品信頼性科主任研究員)
会費:技術士会会員2,000円、研究会会員3,000円
申込:前田一也ninomiya-seitai@fol.hi-ho.ne.jp
9月1日 繊維部会(9月度月例会・JTCC関東支部との共催、染色工場の見学会) (株)川合染工場 14:00

15:30
染色工場の見学会を行います。(株)川合染工場 東京都墨田区向島4-24-6(都営浅草線「押上」から徒歩10分)。
1951年創業の「製品染」の専門工場。主な設備:パドル染色機、ロータリー染色機、ウィンス染色機、グラデーション染色機等。工場稼働時の平日ですが、非会員の方もご自由に参加が可能。
集合場所:都営浅草線「押上」改札。集合時間:13時40分。参加費:無料。終了後の懇親会は行いません。
連絡先:JTCC関東事務所TEL:03-5643-5112、FAX:03-5614-0103 E-mail:jtcc-kt@nifty.com
  9月2日 IT21の会(例会) 葺手第二ビル 18:30

20:30
講演: 南極観測と隊員の生活を支えるICTインフラの紹介
講師: 田村 勝義 氏(KDDI株式会社/第56次南極地域観測隊越冬隊)、他講演1件
会費:無料、終了後懇親会あり(会費別途)
詳細・申し込みはhttp://it21.info/
  9月3日 CP&RMセンター(月例会) 葺手第二ビル 10:00

12:00
1.Expert試験対策セミナー、2.安全保障貿易管理関連トピックス、3.該非判定演習、4.HPについて:参加費 会員1千円、会員外2千円、kytechno@nifty.com(問合せ先)
9月3日 経営工学部会(例会) 葺手第二ビル 13:15

19:00
第1部:技術士会活動報告等。
第2部:ビジネス研究会、テーマ「ドローン活用によるビジネスモデルを考える」。講演1「国家戦力特区、千葉市のドローン宅配等『近未来技術実証・多文化都市』の構築に向けた取り組みについて」講師:千葉市総合政策局総合政策部幕張新都心課 特区推進担当課長 秋庭慎輔様、講演2「ドローンの技術と近未来社会に向けた可能性」講師:(株)自律制御システム研究所取締役CTO 工学博士 三宅徳久様、講演3「ドローンの技術・市場の動向〜3次元大衆化を加速、エンジニアリング革新に大きなインパクト〜」講師:(合)スパーポイントリサーチ代表 河村幸二様。終了後懇親会。
参加費:会員1000円、非会員2000円。懇親会は別途会費2000円、申込は日本技術士会HP行事予定から。
懇親会参加は申込時にその旨追記。詳細は経営工学部会HP参照。問合せはa2298@n-koei.co.jp(福田)迄 。
9月3日 新規開業技術士支援研究会 北トピア808室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:安藤 克己氏(機械)、佐藤一彦氏(情報工学)
参加費:1000円、詳細はHP
(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
9月3日 水産部会(定例会及び講演会) 葺手第二ビル 13:00

17:00
講演会「漁具資材の変遷と最近の動向」ニチモウ株式会社 資材事業本部海洋営業部:桜井広光氏,定例会・会務報告,会費:会員1,000円,会員外2,000円
申し込みは行事予定から,問合せ:上野uenoy@fra.affrc.go.jpまで
9月3日 千葉県支部(第38回CPD防災講演会) 千葉市ビジネス支援センターきぼーる15階多目的室 13:30

16:40
メインテーマ:来るべき(突然の)大災害への備え 〜過去の大災害から学ぶ〜
講演1「大規模広域災害に対する地域の備え〜人の動き、情報の動き、モノの動きを制御する〜」葛西章広氏(一般財団法人AVCC(高度映像情報センター)システム企画部チーフコンサルタント)
講演2「過去の災害広報から学ぶ」石川慶子氏(有限会社 シン 取締役社長 広報コンサルタント)
講演会終了後、参加希望者による交流会
会費:CPD講演会:1000円(交流会参加者は別途1000円)、申込は左欄の「申込」ボタンから、申し込みの際「主催者連絡欄」に交流会に参加、不参加を必ず明記。
9月3日 中国本部(岡山県支部9月例会・5県技術士会) 岡山国際交流センター地下1Fレセプションホール 13:00

17:00
基調講演「熊本地震を踏まえた地域価値向上に資するBCPのあり方」磯打千雅子氏(香川大学)、研究発表5題「テーマ:持続可能な社会への取り組み」、会費:500円(会員)、1000円(非会員)
問合せ:Tel 086-252-8943(岡山県事務局)担当:松澤
9月6日 資源工学部会(例会) 葺手第二ビル 18:00

20:00
「小規模地熱開発の現状と課題」(仮)エネルギー資源環境事務所 代表 片山賢
会費:1000円、申込はHP行事予定から、問合せ:m-mizuno@jcom.zaq.ne.jp
9月9日 機械部会(例会) 葺手第二ビル 18:30

20:30
「半導体ウェーハにおける切断技術(レーザー加工と砥石加工)」半導体ウェーハにおける切断加工の種類と比較、アブレーション方式におけるレーザー加工機概要と要素技術、トラブル事例等。遠藤智章氏((株)ディスコ、技術開発本部)
会費:会員1000円、非会員2000円、パスポート適用可、申込は行事予定から
問合せ:dmech@engineer.or.jp 白石
9月10日 9月度技術士CPD中央講座(その1) 機械振興会館 地下2階 ホール 13:00

17:00
■テーマ : 「 ドローン活用の最前線とドローンが可能にする新しいトータルソリューションビジネス 」
◆講演1 「 ドローンの現状と将来展望 」
戸澤洋二 氏 〔戸澤洋二技術士事務所 代表、自律制御システム株式会社 技術顧問〕
◆講演2 「 ドローンによる写真測量技術 」
吉田雄一 氏 〔金井度量衡株式会社 執行役員 事業開発部 部長〕
◆講演3 「 ドローンの技術を活用した新たなインフラ点検の提案 」
石田敦則 氏 〔三信建材工業株式会社 代表取締役〕
■参加費 : 正会員 2,000円、準会員 1,000円、非会員 4,000円
■定員 : 先着 200名 (定員になり次第締)
■主催 : CPD支援委員会
9月10日 9月度修習技術者研修会/修習技術者発表研究会 葺手第二ビル 13:00

18:10
■修習技術者研修会 : 「専門技術能力」 資質向上講座3
「技術史」 に関する研修会を予定しております。詳細決まり次第HPに掲載いたします。
■修習技術者発表研究会 : 発表者未定
■参加費 : 準会員・平成27年度一次試験合格者・JABEE 認定課程修了者・学生、大学院生 1,000 円/正会員 2,000円/上記以外(非会員) 3,000 円
※ 18:10〜情報交流会に参加する場合は 1,000円追加
■定員 : 先着40名(定員になり次第締切)
■主催 : 修習技術者支援委員会
9月10日 茨城県支部(第26回技術士CPDミニ講座) 「ワークプラザ勝田2F研修室3」ひたちなか市東石川1279(Tel 029-275-8000) 13:30

15:30
(1)演題;「エンジニアに必要な交渉力」
(2)講演者;株式会社日立産業情報ソリューションズ 総務本部人材開発部 技術士(情報工学) 鈴木但義氏
(3)講演要旨:交渉力は、ビジネスで最も重要なスキルである。多くの人は交渉が苦手だとか、うまく行かないと言われる。特に技術士は日常の業務を進める上で、とても大切なスキルである。講演では、実例を用いて説明し、ワークショップを行い、行動を確認しながら学ぶ。主な内容は、●自分の今の交渉力を知る。●パイを大きくして、双方Win-Winが理想。●交渉の3要素。●簡単なワークで鍛えるなどである。
(4)講演会費;技術士会会員・一般500円、非会員1,000円
(5)詳細:茨城県支部HP、http://www.engineer.or.jp/c_shibu/ibaraki/
(6)問合せ: E-Mail:ibaraki@engineer.or.jp、携帯電話:090-3472-147823(小林)
  9月10日 神奈川県支部(第13回テクノセミナー) シルクセンター地下大会議室 13:30

16:40
「人工衛星システム設計」 岡本 章氏(技術士_航空・宇宙),「中小企業に期待する宇宙品質を備えたものづくりの実際」 小川文輔氏(技術士_経営工学,総合技術監理)
会費:会員 2,000円, 準会員・学生 1,000円, 非会員 2,000円。
詳細:http://www.engineer.or.jp/c_shibu/kanagawa/topics/004/004543.html
定員になりましたので、申込受付を締切りました。
問合せ(県支部):TEL045-210-0337,FAX045-210-0338
9月10日 中部本部(秋季例会) 名古屋工業大学 大学会館 1階 食堂内 13:20

17:00
講演1「巨大水災害克服に向けて」名古屋大学 名誉教授 辻本哲郎 氏、講演2「災害!いざというときどうする?〜合言葉は『命・支え合い・自ら動く』〜」名古屋市港防災センター 防災教育アドバイザー 近藤ひろ子氏
会費:会員2,000円/一般3,000円、交流会あり(会費3,000円)、申込は会員コーナーからまたは中部本部g-chubu@asahi-net.email.ne.jp(部門、お名前、交流会参加不参加を必ずお知らせください)へ、詳細は中部本部HPに掲載(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/
9月10日 長野県支部(CPD講演会) 佐久市佐久平交流センター 14:00

16:00
講演会:「生物多様性の機能を活かしたこれからの社会基盤のありかた」ー新たな人と自然の関わりを考えるー講師:高山光弘氏 (日本ビオトープ管理士会会長)
生物多様性はさまざまな機能を持ち、なかでも生活基盤や減災に関わるグリーンインフラとしての機能が注目されています。また、地域の未利用資源を活かした再生可能エネルギーの利活用や、自然資源を活かした経済活動の活性化等による地域創生にもつながる機能を持っています。そこで、国内外の取組みを紹介しながら、生物多様性の保全・再生手法や、さまざまな機能を活かしたこれからの社会基盤のありかたについて、ビオトープの視点から講演していただきます。
会費:会員 500円、非会員1000円、学生 無料。詳細は案内文書を。申込は「申込」ボタン、mail、fax等で。
問合せ:penagano@penagano.org 、fax: 0263-48-0009
  9月13日 技術者倫理研究会 葺手第二ビル 18:30

20:30
「檻の外の技術者へと導く教育」宮下和也氏・技術士(電気電子)、会費1,000円、申込は9月9日(金)までに橋本宛(yhashimoto@r9.dion.ne.jp
9月14日 9月度技術士CPDミニ講座 葺手第二ビル5階 (※ 中国本部での講演会をWEB中継により聴講いただきます) 18:00

20:00
■講演 「 石炭灰造粒物を用いた河口域干潟および浅海域の底質環境改善手法 」
藤原哲宏 氏 〔中国地下工業株式会社 代表取締役〕
■参加費 : 無料(下記※参照)
■定員 : 先着 50名 (定員になり次第締)
■主催 : CPD支援委員会
※ この案内は、中国本部での講演会を、WEB中継により東京で受講する場合の申込みになります。
※ 中国本部会議室にて受講される場合は、中国本部HP(http://www.ipej-chugoku.jp/)をご覧頂き、お申し込みください。
  9月16日 経営管理チーム(9月例会) 葺手第二ビル 13:00

16:30
講演:「企業における安全衛生推進教育活動への取り組み」。
講師:山岸 優 氏(山岸技術士・労働安全コンサルタント事務所代表、技術士(建設)、KKT会員)
講演要旨:「企業の安全衛生推進の立場で私が取り組んできた活動について、事例を交えご紹介させて頂きます。イベント事業に関わる企業の安全衛生推進計画に組み込まれたPDCAサイクルを回すなかで、私が注力してきたのは、現場で働くベテラン(職長)から、これから現場に入ろうという若手を対象にした「安全勉強会」です。どうすれば災害・事故を無くし、身を守れるのかといった観点から、これまで取り組んできたこと、今、取り組んでいることについてお話させて頂きたいと思います。」
講演後例会実施。
会費:会員千円、会員外:2千円。
問合せ・申し込み:rxi00246@eastcom.ne.jp熊田
9月16日 原子力・放射線部会 葺手第二ビル 18:00

20:00
「放射線で見る植物の世界」
講演者:中西友子氏(原子力委員会 委員、東京大学大学院農学生命科学研究科特任教授)
詳細:原子力・放射線部会 ホームページhttp://www.engineer.or.jp/c_dpt/nucrad/topics/001/001452.html
会員:500円、会員外1000円
問合せ先: 井口(iguchi.yukihiro@jaea.go.jp
9月16日 森林部会(研究例会/森林環境・森林土木合同部会) 日林協会館3F大会議室 14:30

17:30
講演「林野庁インフラ長寿命化対策(仮)」
林道施設:林野庁整備課担当官 林茂
治山施設:林野庁治山課担当官 川口大二
申し込みは行事予定から。事務局メールアドレスshin-gi@forest-pro.jp、詳細は部会HP
  9月16日 東北本部(応用理学部会平成28年度現地見学会) 栗駒山麓ジオパーク(栗原市) 9:00

16:00
「栗駒山麓のジオサイトをジオガイドの案内で訪ね直下型地震による自然災害と防災・減災を考えるジオツアー」、集合・解散:地下鉄泉中央駅付近(参加者に後日詳細通知)、募集20名、栗駒山麓ジオサイト(荒砥沢ダム地すべり→冷水沢斜面崩壊跡地→駒の湯土石流跡地→行者の滝岩盤崩壊跡地他)を見学。
参加費:7,000円(交通費・ジオガイド料・昼食耕英開拓地名物イワナ丼含む)。
申込み問い合わせ:東北本部事務局022-723-3755
9月17日 9月度技術士CPD中央講座(その2) 機械振興会館 地下2階 ホール 13:00

17:00
■テーマ : 「 サイバーセキュリティの最新動向、人材育成、IoT等の対策 」
◆講演1 「 サイバー攻撃の最新動向と対応の概要(仮) 」
佐々木良一 氏 〔東京電機大学 教授〕
◆講演2 「 サイバー対策のヒト・モノ・カネ・演習(仮) 」
林紘一郎 氏 〔情報セキュリティ大学院大学 教授〕
◆講演3 「 IoTのセキュリティ 〜BBルータ脆弱性対応から考える〜 」
西部喜康 氏 〔NTTコミュニケーションズ 情報セキュリティ部 セキュリティマネジメント室〕
■参加費 : 正会員 2,000円、準会員 1,000円、非会員 4,000円
■定員 : 先着 200名 (定員になり次第締)
■主催 : CPD支援委員会
9月17日 環境マネジメントセンター HUBcafe TOKYO(3Fお座敷(大)) 東京都中央区八重洲1-5-9 八重洲アメレックスビル 11:00

13:00
例会(情報交換)、ミニ講演:「CO2削減ポテンシャル診断ガイドライン」 講師:田脇 康広氏(環境・総合技術管理部門)
申込は行事予定から。会員でない方は、申込み時に連絡用メールアドレスを記入してください。
会場:http://hubcafe.jp/access.php
問合せ:peto_tsuka@yahoo.co.jp (塚原)
  9月17日 九州本部(北九州地区CPD) 北九州市八幡東区:北九州イノベーションギャラリー 13:00

17:00
「有限要素法の原理と応用(仮)」納富 信(機械)、「宇佐八幡と国東六郷山の歴史的構造物(仮)」高宮なつ美氏(大分県立歴史博物館学芸員)、「空気圧を用いた工作機械の制御とエネルギー消費量の見える化」加藤友規氏(福工大/機械)他、会務報告等。
問合せ:寺師TEL:093-383-5502
  9月17日 四国本部(防災見学会・香川地区) サンイレブン高松及びその周辺 13:00

20:00
講演内容・講師等は現在調整中
会費:会員1,000円、非会員2,000円、一般・学生無料、懇親会費は別途(調整中)
申し込みは行事予定から、連絡先:(公社)日本技術士会四国本部事務局TEL:087-887-5557FAX:087-887-5558,ipej-shikoku@me.pikara.ne.jp
9月17日 神奈川県支部(第5回神奈川県支部サイエンスカフェ 魚と日本人の深いかかわり) 神奈川県立青少年センター(横浜市西区紅葉ケ丘9-1JR「桜木町駅」北改札西口から徒歩8分) 13:30

15:00
魚と日本人の深いかかわり―魚食文化を支える冷却技術―
周囲を海に囲まれ、好漁場に恵まれたわが国では、昔から魚は四季折々の大切な食材でした。しかしその歴史は鮮度維持との戦いでもありました。例えばマグロ。わが国が世界に誇る「さしみ文化」の主要素材ですが、その脂肪は傷みやすいため脂身(トロ)は敬遠され、永らく赤身が上等とされてきました。やがて−60℃冷凍保管の技術が登場して、あの鮮紅色とともに脂肪をも変質させず、数年間は保管が可能となり、今では日本中どこへ行っても「大トロ」が賞味できる時代になりました。また、日本を東西に二分した「サケ」と「ブリ」の地域食文化は今どのように変化したのでしょうか。日本人と魚との深いかかわりをシーフードをおいしく食べるための冷却・冷凍技術の発達とともに考えます。
主 催:神奈川県支部、参加費:無料、定員:50名
参加申込:神奈川県支部 E-mail:kanagawa@engineer.or.jp  TEL:045-210-0337
9月17日 男女共同参画推進委員会(第31回技術サロン) 葺手第二ビル 13:30

16:00
「技術士」資格に関する説明及び懇話会、対象:技術者及び技術士を目指す女子学生・女性
※技術士の方はご遠慮ください.
定員15名、参加費:無料
申込・問合せ:wpetf@engineer.or.jp平塚
9月17日 中国本部(応用理学部会・例会) 第3ウエノヤビル 6Fコンファレンススクエア 14:00

16:15
講演1「熊本地震の地震断層と中国地方の活断層」後藤秀昭准教授(広島大学大学院文学研究科)、講演2「広島市安佐南区・安佐北区の土石流の発生履歴」松木宏彰氏(復建調査設計株式会社)
会費:会員500円、非会員1,000円
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
  9月18日 中部本部(中部倫理委員会9月セミナー) 名古屋学院大学日比野学舎 13:00

17:00
発表:「大学で学んだ「技術者倫理」と実務の「技術者倫理」とのギャップ」大町勇己 (修習技術者 機械部門)
小講演:「「本来のコンプライアンス」を世の中に知らしめるのは技術士」中部本部 倫理委員 鈴木 朗 (技術士 建設部門)
グループワーク:「誠実性・正直性原則・規範順守義務とコンプライアンス」
参加費 日本技術士会会員:1,000円・会員外:2,000 円、学生:無料(懇親会:無)
イベント詳細:http://chubu-ipej-notice.sblo.jp/category/4222314-1.html
申込み:申込フォームから→https://goo.gl/forms/aip8qwzekS1VNfvC2
問合せ:cet-seminar@googlegroups.com 中部本部倫理委員会セミナーGrp.
9月20日 応用理学部会(講演会) 葺手第二ビル 18:30

21:00
1.講演会:『下町ロケット』に学ぶ中小企業の知財戦略・経営戦略 (東工大大学院 講師 弁護士)鮫島 正洋 氏
※鮫島先生は、「下町ロケット」のモデルになった弁護士の先生です。
2.CPD:2.0時間
3.参加費:会員1,500円、会員外2,000円
4.20時30分より交流会
5.申込・問合せ:(坪井)h.tsuboi.ce@mopera.net、FAX:045-210-0338 (お願い)交流会参加希望の場合、WEB申込「主催者への連絡事項」の欄へ、「交流会参加」とご記入ください。
9月21日 金属部会 葺手第二ビル 18:00

20:30
「通信設備・装置における腐食事例と対策(仮題)」渡辺正満氏(NTT ソーシャルデバイス基礎研究部)会費2000円夕食付、締切9/14
yamazaki@seishin-ip.com山崎宛
9月21日 建設部会(講演会) パシフィックコンサルタンツ(株)東京オフィス16F会議室 18:00

19:30
出前講座:「ICT施工技術の取り組み」
国土交通省が提唱する「i-Construction(施工段階での建 設生産性向上対策)」における、「ICT技術の全面的な活用」の取り組みのうち、土木工事に関する3次元出来形管理技術やICT建設機械による施工について、ご紹介します。また、質疑を通じた交流を実施します。
講師:国土交通省関東地方整備局企画部施工企画課 課長補佐 一本秀樹氏
会費 会員1,000円、一般2,000円、定員40名
申込はHP行事予定の左欄申込ボタンから
申込締切 9月15日(木) 詳しくは建設部会ホームページ「行事案内」を参照ください。
  9月21日 第457回情報化研究会 電気技術開発(株)会議室 千代田区神田駿河台4-2-5 トライエッジお茶の水 9F 18:00

20:00
[講演会] 「ワイヤレス電力伝送の国際的な制度化の動向」
概要http://jyohouka.skr.jp/IPplan.htm
講師:久保田文人 氏((財)テレコムエンジニアリングセンター IEEE-SSIT Japan Chapter Chair)
会費:メンバ外 1,000円、申込み,問い合わせ:後藤 agotoh0806Σgmail.com Σを半角@ に替えて使用下さい。申込締切:前日 懇談会:会後近くで予定。2000円程度。申込時参加可否通知下さい。
9月21日 中国本部(青年技術士交流会・例会) 中国本部事務局会議室 18:30

20:00
例会(情報交換)、講演会、会費:無料
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
9月23日 情報工学部会(9月講演会) 機械振興会館 18:30

21:00
◆テーマ:ディジタルビジネス最前線とIoTプラットフォーム戦略について
◆講師:伊藤忠テクノソリューションズ(株)野村 典文氏。
◆プログラム:18:30〜18:45 部会連絡、18:45〜19:45 講演会、20:00〜21:00 情報交換会
◆概要:ディジタル・ビジネス最前線である米国のビジネス状況とディジタルビジネスに経営の舵をきったGE(General Electric)のIndustrial Internet Platform(Predix)戦略について紹介させていただきます。その上で、ディジタル・ビジネス時代のシステム開発プロセスやアーキテクチャはどうあるべきかの一例を提示させていただき課題について議論させていただければと思います。
◆参加費: 会員 1,000円、非会員 2,000円
◆申込期限:2016年9月22日
◆申込先:左欄の「申込」ボタンよりお申込みください。懇親会の出欠を連絡事項欄にご記入願います。詳細は、http://www.ipej.net/ をご参照下さい。
◆連絡先:(正)小牛田、(副)諸田、IPEJ16@googlegroups.com(部会幹事ML)
9月23日 生体・環境、保全交流会(9月例会) 葺手第二ビル 18:00

21:00
演題「我が国の大陸棚について」講師海上保安庁海洋調査課大陸棚調査室主任狭間 徹先生
詳細: http;//www.fws2015.sakura.ne.jp
申し込み:行事予定左欄の「申込」ボタンからまたは
mail:kmhirose@trad.ocn.ne.jp 
T/F 03-3399-3993
参加費:2.000円(含懇親会費)
  9月23日 知財コンサルティングセンター(PCIP)セミナー 葺手第二ビル 18:30

20:00
テーマ:中国専利侵害事件に関する最高裁の司法解釈(二)
概要:今年の4月1日より新しく施行された中国専利権侵害案件に関する司法解釈(二)には、訴訟の迅速化、クレームの権利解釈、意匠権侵害の認定、補償金請求権、間接侵害、差し止め請求権の例外及び賠償金請求時における立証責任の軽減などの条文が定められている。本講義は、代表的な判例を幾つか紹介しながら司法解釈(二)のポイントを分かりやすく解説することによって、専利権を行使する又は行使される際、或いは専利の権利化を図る際に注意すべき事項を理解していただくことを目的とする。
講師:PCIP会員 中国弁理士 譚粟元氏(日本語)
会費:PCIP会員無料、技術士会員1,000円、一般1,500円、懇親会:20〜21時500円(参加可否を併せてご連絡ください)
申込み:sakayori@muse.ocn.ne.jp酒寄
9月24日 技術士ライフプラン研究会(講演会) 学びピア21研修室4(足立区生涯学習センター、足立区千住5-13-5) 13:30

17:00
「独立1年目の想定外。何が起き・何を想うか 〜独立講師の体験談〜」梶岡浩一氏(ビジネス思考力研究所)、「後藤流技術士ライフプラン―MRJ、リニアとともに歩む」後藤真吾氏(航空・宇宙部門)
会費:一律1500円、終了後北千住駅近辺で懇親会(会費:実費徴集)10moaki.nakai1@jcom.home.ne.jp中井
9月24日 神奈川県支部(CPD講座) シルクセンター地下 大会議室・中会議室 13:30

18:00
技術士など経営支援者には必須のスキルである「コーチング」の体験講座です。通常3日間で行うところ、エッセンスを捉えて、短時間(4.5時間)で体験できます。
◆講師:1.中小企業診断士、社会保険労務士、PHP研究所認定ビジネスコーチ 小野武明氏、2.中小企業診断士、PMP、技術士(情報工学) 浅田昌紀氏
◆参加費:正会員(A):2,000円、準会員(B):1,000円、非会員(C):3,000円、賛助団体会員(D):無料(1社2名):講演終了後ワンドリンク交流会を開会予定
◆申し込み:平成28年9月15日まで
◆募集人数:48名
◆参加の方法:本部HP会員コーナー「CPD等行事予定」から、もしくはFAX:045-210-0338、またはE-mail:kanagawa@engineer.or.jpでお申し込みください。
★お問合せ先:日本技術士会 神奈川県支部 事務局 TEL:045-210-0337
9月24日 青年技術士交流委員会(9月イベント) 葺手第二ビル 13:00

17:00
「ディベートを体験しよう」
ディベートを通じ論理的思考を身につけましょう。議論するテーマは後日発表。懇親会を終了後予定。懇親会参加・不参加もお願いします。
申込み・問合:event09@peyec.jp
9月24日 船舶・海洋/航空・宇宙部会(定例部会・講演会) 葺手第二ビル 14:00

17:00
14:00-14:50 部会連絡会
14:50-15:20 話題提供「宇宙環境と人工衛星について」 島袋翼氏
15:30-17:00 講演会:「航空事故と安全基準の関わり」 講師:内山航氏(株式会社第一システムエンジニアリング)
会費:1,000円(資料代)、終了後懇親会:会費:3,000円前後、会場:神谷町駅近く。
申込は行事予定から、問合せ先:kanda@chofu.jaxa.jp神田
  9月24日 中部本部(愛知県支部 平成28年度 9月講演会) 中部大学名古屋キャンパス610教室 13:25

16:45
講演1「人工知能は電気羊の夢を見るか?」坂東国際技術士事務所 坂東大輔 氏(情報工学部門)、講演2「人間を超えられるか、人工知能技術」情報技術コンサルタント/IIBA登録講師 近藤史一 氏、パネルディスカッション
会費:会員1,000円/非会員2,000円/学生500円、交流会あり(3,000円)
申込は中部本部(g-chubu@asahi-net.email.ne.jp)へ(部門、お名前、交流会出欠を必ずお知らせください)、詳細は中部本部HPに掲載(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/
9月24日 長野県支部(第2回長野県支部CPD講演会) 岐阜県奥飛騨温泉郷中尾高原 13:30

15:30
講演会及び現場見学『岐阜県奥飛騨温泉郷中尾高原における地熱開発事業の取り組み』--- 特に、地熱開発の技術的側面について ---
講師:内野政光氏(有)中尾温泉 代表取締役社長、小松茂美氏 (株)イノベーション・テクノロジー 代表取締役
会費:会員 500円、非会員1000円、学生 無料。
申し込み締め切り:9月10日 先着30名まで、詳細は案内文書を。申込は「申込」ボタン、mail、fax等で。
問合せ:penagano@penagano.org、fax: 0263-48-0009
<注意点>1.交通手段は、自家用車のみです。駐車場完備。2.所要時間、長野自動車道松本I.C.から1時間50分を見込んでください。3.昼食は松本市内の食堂でお取りいただくか、弁当を持参してください。
9月26日 上下水道部会(講演会) 葺手第二ビル 18:30

21:00
演題・講師:千葉県水道局の東ティモール民主共和国への技術協力の取組み-ブロック給水を活用した漏水検知と修理による24時間給水の実現-、千葉県水道局水道部給水課 配水施設室配水工務班長 小林保雄氏
会費:講演会 1,000円(会員以外2,000円)、懇親会2,000円、詳細は部会HP、申込は行事予定から、20:00からの懇親会参加の有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp
9月29日 化学部会(講演会) 葺手第二ビル 13:30

17:00
講演1.「リチウムイオン二次電池、はや四半世紀」西美緒氏(元ソニー常務執行役員)
講演2.「液晶デバイスの封止材料技術」今泉雅裕氏(日本化薬、技術士化学)
参加費:会員・関連学協会会員1,000円、会員外2,000円。
申込:左欄の「申込」ボタン、または「沢木」まで。TEL/FAX 03-6433-9696、問合せ:cycle.sawaki@nifty.com
9月29日 技術士包装物流グループ(研究会) 葺手第二ビル 18:00

20:00
講演:技術士に期待される「総論」から「各論」への合理的な展開、講師:菱沼技術士事務所 菱沼一夫氏
内容:「各論」開発の事例としてヒートシール技法の"デファクト・スタンダード"を提示する。
会費:講演〔当グループ会員以外の方は2,000円〕、懇親会〔1,000円〕
申込先:住本、sumi1901@jcom.home.ne.jp
9月30日 中国本部(建設部会・応用理学部会合同見学会) 平成26年8月広島土砂災害地(安佐南区緑井・八木地区)および佐東公民館 13:00

17:30
13:00佐東公民館集合。1.国交省広島豪雨土砂対策推進室による講演。2.現場バス移動、「地形地質」、「砂防設備」、「ワイヤーネット工法」、の解説。17:30広島駅解散。
定員:40名、会費:会員2,000円、非会員2,500円
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
  10月1日 CP&RMセンター(月例会) 葺手第二ビル 13:00

17:00
1.Expert試験対策セミナー、2.安全保障貿易管理関連トピックス、3.該非判定演習、4.HPについて:参加費 会員1千円、会員外2千円、kytechno@nifty.com(問合せ先)
10月1日 環境部会(H28年度見学会) 山梨県北杜市 8:00

18:30
見学先:サントリー白州工場(ウイスキー蒸留所、水工場)のほか、周辺1〜2か所を予定
集合・解散は新宿、新宿からは貸切バス乗車、定員:20名、会費:会員1,000円、非会員2,000円(別途、昼食代:実費、蒸留所見学:1,000円が必要)
※詳細が決まり次第,部会ホームページ(下記)でご案内します。http://www.engineer.or.jp/c_dpt/kankyo/
10月1日 新規開業技術士支援研究会 北トピア802A室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:斎藤孝史氏(電気電子)、平野輝美氏(化学)
参加費:1000円、詳細はHP
(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
10月6日 地域産学官と技術士との合同セミナー コラッセふくしま 13:00

17:00
基調講演 演題「福島の復興と創生」中井 勝己 氏(福島大学学長)
パネルディスカッション「未来・創生」コーディネーター:中井 勝己 氏(福島大学学長)パネリスト:産業界 唐橋裕幸氏(ほまれ酒造社長)、学会 中村隆行氏(福島工業高等専門学校校長)、官界 御代典文氏(福島県相双地方振興局局長)、長澤利枝氏(NPO法人福島環境カウンセラー協会特別顧問)、長尾 晃 氏(技術士会東北本部福島県支部支部長)
会費:技術士 資料代 1,000円/名、他は無料、終了後意見交換会(会場:コラッセふくしま12階ki-ichigo(きいちご)、会費:4500円、事前申込み 当日徴収)。
申込は行事予定から。問合せは東北本部事務局まで(tohokugijutushi@nifty.com)。022-723-3755
  10月7日 IT21の会(例会) 葺手第二ビル 18:30

20:30
講演: 医療機器の電磁環境適合性(EMC)規格動向と対策技術
講師: 倉西 英明 氏(倉西技術士事務所・技術士(電気電子部門))、他講演1件
会費:無料、終了後懇親会あり(会費別途)
詳細・申し込みはhttp://it21.info/
10月7日 経営工学部会 葺手第二ビル 18:00

21:00
第1部:技術士会活動報告
第2部:ビジネス研究会 テーマ「OR研究の概要とビジネスへの応用事例」
講演1.テーマ:数値最適化技術を用いた日程計画・設備配置計画・・・講師:(株)構造計画研究所技師 山田裕通氏(経営工学)
講演2.テーマ:シミュレーション研究の現状と課題・・・講師:中央大学教授 高桑宗右ヱ門氏(経営工学、総合技術監理)
第3部:ワンドリンク交流会。参加費:会員1000円、非会員2000円。申込は行事予定から(部門明記)。
問合せはy.wtnb@jcom.home.ne.jp(渡辺)まで。
10月7日 中国本部(3部会(電気情報・機械・金属化学)合同見学会) 三菱レイヨン(広島県大竹市)中国電力柳井LNG発電所(山口県柳井市) 8:30

17:30
8:30広島駅出発(バス)、1.三菱レイヨン工場見学、柳井白壁の町並み(昼食)、2.柳井LNG発電所見学、17:30広島駅解散予定
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
  10月8日 四国本部(第44回CPDセミナー等) サンピアセリーズ(高知県高知市) 13:30

20:00
第44回CPDセミナー・公開講座,終了後懇親祝賀会
※)高知県技術士会30周年記念式典と併催
講演内容・講師等は,現在調整中
会費:会員1,000円,非会員2,000円,一般・学生無料, 懇親・祝賀会費は別途(調整中)
申し込みは行事予定から、連絡先:(公社)日本技術士会四国本部事務局TEL:087-887-5557FAX:087-887-5558,ipej-shikoku@me.pikara.ne.jp
  10月8日 中部本部(中部航空部会10月例会) 岐阜大学サテライト・キャンパス 10:00

12:00
講演「航空機装部品への適用技術士について」、講師:米田治史会員(航空・宇宙部門/川崎重工業(株))
連絡先:田島terrybee@nifty.com
10月11日 資源工学部会(例会) 葺手第二ビル 18:00

20:00
「現場から見た石炭開発・利用技術の変遷」(仮)元石炭エネルギーセンター、古川博文
会費:1000円、申込はHP行事予定から、問合せ:m-mizuno@jcom.zaq.ne.jp
  10月14日 企業内技術士交流会(シンポジウム2016) 芝浦工業大学豊洲キャパス 13:00

17:00
テーマ:『新たなサービスの創造術「デザインシンキング」〜顧客は自分たちの欲しいものを知らない〜』
http://www.ipej-kigyonai.jp/
  10月14日 東北本部(応用理学部会第3回技術サロン) 日立システムズホール仙台会議室 18:00

21:00
話題と講師:1.「トンネル施工時の対応について〜調査技術者としての反省と今後の展望〜」伊藤靖雄氏((株)ダイヤコンサルタント)、2.「津波による洗掘のメカニズム〜巻上げと液状化〜」真野明氏(東北大学名誉教授)。
参加費;1,000円。問合せ申込み先:022-348-6923(応用理学部会代表幹事今野)
10月14日 農業部会(現地見学会) 神奈川県下 9:30

17:00
新横浜駅09:30集合、1.横浜市北部農政事務所(横浜市)、2.泉橋酒造株式会社(海老名市)、3.農業生産法人株式会社井出トマト農園(藤沢市)、戸塚駅17:00解散予定
参加費:会員 3,000円、非会員 4,000円、申込は行事予定から、懇親会の参加・不参加を明記
問合せ:gyukaw0@kaiyodai.ac.jp担当:湯川
10月15日 環境マネジメントセンター 葺手第二ビル 13:00

18:00
環境マネジメントセンター(EMC)講演会(第17回)
テーマ:環境についての新しい視点、講演:(1)経営改善につながる環境経営 −省エネルギー相談地域プラットフォーム活動−[塚原 忠一]、(2)これからの省エネルギーの決め手−エクセルギーの活用法−[武田 彰夫]、(3)アカミミガメ被害の実態と捕獲[高堂 彰二]、(4)ワイヤレス給電の大展開[荒野 てつ也]
受付:12時30分から、懇親会は16時40分から18時を予定
費用:講演会1,000円、懇親会1,000円
問合せ:ookih@k7.dion.ne.jp(大木)
技術士会HP-WEB申込みから申込みの場合、懇親会に参加されない場合、「主催者への連絡事項」欄に、その旨記入をお願いいたします。(記入無き場合は、懇親会参加としての申込みとなりますのでご注意ください。)、技術士会会員以外の方は連絡用メールアドレスを必ず「主催者への連絡事項」欄にご記入ください。
  10月15日 九州本部(北九州地区CPDと施設見学) 北九州市八幡西区:北九州市上下水道局穴生浄水場 13:00

16:30
「北九州市の水道(仮)」南雲伸司氏(穴生浄水所長/上下水道部門)、「水道施設における改善事例について」村田 健司(上下水道・総監部門)。問合せ:寺師093-383-5502
10月15日 中国本部(2.農林水産部会講演会) 第3ウエノヤビル 6Fコンファレンススクエア 14:00

17:00
講演会(3題、人/1時間、3時間)、会費:未定(会員)、未定(非会員)
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
10月15日 中国本部(3.農林水産部会懇親会) 第3ウエノヤビル 6F会議室 17:00

18:30
懇親会、懇親会費:未定
問合せ:Tel 082-511-0305、E-mail:ipej-hiro@rapid.ocn.ne.jp(中国本部事務局)担当:勝田
10月18日 建設部会(講演会) 葺手第二ビル 18:00

19:30
演題「(仮)地球温暖化対策技術について」、講師:峯岸律子氏(環境省地球環境局地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室 室長補佐)
会費:会員1,000円、一般2,000円、定員60名、先着受付順:申込締切:10月11日、WEB会議システム利用、申込はHP左欄の「申込」ボタンから。
10月19日 金属部会 葺手第二ビル 18:00

20:30
「演題未定」後藤稔氏(福井鋲螺(株)細呂木工場)会費2000円夕食付、締切10/12
yamazaki@seishin-ip.com山崎宛
10月19日 繊維部会(10月度月例会・JTCC関東支部との共催講演会・見学会) JUKI株式会社 14:30

16:45
(1)演題「(仮)世界のアパレルの現状と最新の工業用ミシンについて」臺 秀一氏(JUKI株式会社 縫製機器ユニット グループリーダー)
(2)見学 ソーイングセンター
定員:20名 14時00分に小田急多摩センター駅西口改札口前に集合。申込期限は、10月7日(金)としますが、定員になり次第締め切ります。尚、同業他社の方の参加はご遠慮下さい。
会費:会員1,000円、非会員2,000円、連絡先:JTCC関東事務所TEL:03-5643-5112、FAX:03-5614-0103 E-mail:jtcc-kt@nifty.com
  10月19日 中部本部(中部建設部会秋季講演会) 愛知県産業労働センター(ウインク愛知) 13:30

17:00
「南海トラフ巨大地震に対する建設技術者の防災・減災技術の備え」講演会、第一部「南海トラフ地震に対する防災減災の取組」国土交通省中部地方整備局 総括防災調査官 可児 裕 氏、第二部「地震津波シミュレーションによる被害予測と防災・減災対策」(株)ハイドロソフト技術研究所 開発センター長 川崎浩司 氏
参加費:正会員1,000円/準会員・学生500円/一般2,000円/懇親会3,500円、詳細は中部本部HP(http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/index.html
お申込みは、お名前、会員・一般の別、部門、懇親会参加不参加を明記の上、中部本部(g-chubu@asahi-net.email.ne.jp)へ
10月20日 応用理学部会(見学会) 川崎鋼管株式会社 14:00

17:00
1.講演と製造工場見学(詳細は追ってお知らせします)
2.募集人員:15名(先着順、同業者はご遠慮ください)
3.募集方法(追ってお知らせします)
10月21日 経営管理チーム(10月例会) 葺手第二ビル 13:00

16:30
講演:「地震リスクマネジメントと戦略経営に役立つBCM」。 講師:辰巳 安良 氏 (ジャーク(株)代表取締役、技術士(建設)、一級建築士、KKT会員)
講演要旨:企業のリスクマネジメントの観点で阪神大震災、東日本大震災、熊本大地震からの教訓を実データと実例に基づき、どなたにも役立つ基礎知識として解説します。次に、東日本大震災以降の様々な企業の事業継続の分析に基づき、個々の企業の特性に適合する「実効性のあるBCM(事業継続マネジメント)構築・改善とそれを戦略経営に生かす効率的な手法」を開発しましましたので、その具体的内容と実企業への適用事例を紹介します。」
講演後例会実施。
会費:会員千円、会員外:2千円。
問合せ・申し込み:rxi00246@eastcom.ne.jp熊田、又は技術士会ホームページから
10月21日 生体・環境、保全交流会(10月例会) 川崎市内 13:00

16:30
工場見学「花王川崎工場」「川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター」
詳細:http;//www.fws2015.sakura.ne.jp
申し込み:行事予定左欄の「申込」ボタンからまたはmail:kmhirose@trad.ocn.ne.jp T/F 03-3399-3993、参加費:500円(懇親会別途設営)
10月22日 神奈川県支部(第6回オープンテクノフォーラム) 神奈川県民ホール 大会議室 13:00

17:00
(講演1)【来年度の省エネ関連の施策と補助金について】平成29年度省エネ関連予算概算要求、省エネ相談地域プラットホームの紹介、講師:経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 省エネルギー対策課南須原 美恵 氏
(講演2)【関東経済産業局が進める「経営改善につながる環境経営」の事例紹介】金をかけず、すぐできる環境経営手法・改善事例紹介 講師:MFCA研究所代表 安城 泰雄 氏
(講演3)【神奈川県よろず支援拠点の支援体制について】講師:神奈川県よろず支援拠点チーフコーディネーター 山崎 隆由 氏
(講演4)【横浜市の環境関連施策について】講師:横浜市環境創造局 政策調整部長  高橋 俊和 氏
(講演5)【横浜国立大学の産学官連携推進体制について】講師:横浜国立大学 産学官連携推進部門 産学官連携支援室 客員教授、産学官連携コーディネター 山本 亮一 氏
◆会費:会員1,000円詳細HP参考、終了後懇親会:会場「英一番館」(神奈川県民ホール6階)、懇親会会費:4,000円
★問合せ;TEL045−210−0337
10月22日 神奈川県支部(第6回オープンテクノフォーラム懇親会) 神奈川県民ホール6階 英一番館 17:00

18:30
第6回オープンテクノフォーラム講演会終了後の懇親会。
★問合せ;TEL045-210-0337詳細HP参考
  10月22日 平成28年度・地域産学官と技術士との合同セミナー 福岡商工会議所 13:00

17:15
九州本部会員技術士が、九州の地方創生に関わる活動への参加に向け、「基調講演」として、九州経済調査会による九州の産業経済の状況と課題について、「政府による活動報告」として、九州農政局・九州経済産業局・九州地方整備局による指導方針について、「地方行政及び産業界の取り組み報告」として、福岡県・九州大学・みやま市の企業による報告を聴講し学習する。
会費:会員2000円、詳細は九州本部事務局まで
10月27日 環境部会(H28年度10月講演会) 葺手第二ビル 18:30

20:40
演題:「精度管理としての技能試験 −ISO/IEC 17043−」
講師:津越 敬寿氏(産業技術総合研究所 計量標準総合センター 物質計測標準研究部門、理学博士)
会費:会員1,000円、非会員2,000円
※詳細が決まり次第,部会ホームページ(下記)でご案内します。
http://www.engineer.or.jp/c_dpt/kankyo/
  10月27日 食品技術士センター(施設見学会) 集合:12時20分 TXつくば駅・改札口 13:00

16:30
1)農業・食品産業技術総合研究機構 植物工場実証施設、2)同食品研究部門 食品加工流通研究領域他
申込:横山勉(foodpcc@yahoo.co.jp)、締切8/31日、会員優先、参加無料・要交通費
10月28日 埼玉県支部(講演会) 浦和コミュニティセンター第6集会室 18:30

20:30
「産学官連携による地域農産物の加工・販売面での付加価値向上(6次産業化)支援」講師:埼玉県産業技術総合センター北部研究所 技術・事業化支援室長 小島登貴子 氏。
地域農産物を具体例として、6次産業化の研究開発支援、事業化支援について講演。定員30名、申込はHP行事予定から。
問合せ:saitama@engineer.or.jp
10月28日 情報工学部会(10月講演会) 葺手第二ビル 18:30

21:00
【日本ITストラテジスト協会(JISTA)とのコラボ】
◆テーマ:SABOK(Strategy and Analysis Body Of Knowledge)へのお誘い
◆講師:楠美 幸生氏(JISTA会員)
◆プログラム:18:30〜18:45 部会連絡、18:45〜19:45 講演会、20:00〜21:00 情報交換会
◆概要:情報戦略を行う方や、そのような人と関わってお仕事をされる方に、情報戦略の知識体系「SABOK」をご活用いただくことを目的に、以下をお話しいたします。
1.SABOKから見た、「情報戦略」、「ITストラテジスト」とは何か
2.IPAが公開するiコンピテンシディクショナリにおけるSABOKの位置づけ
◆参加費: 会員 1,000円、非会員 2,000円
◆申込期限:2016年10月27日
◆申込先:左欄の「申込」ボタンよりお申込みください。懇親会の出欠を連絡事項欄にご記入願います。詳細は、http://www.ipej.net/ をご参照下さい。
◆連絡先:(正)加納、(副)吉川、IPEJ16@googlegroups.com(部会幹事ML)
  11月5日 CP&RMセンター(月例会) 未定   1.Expert試験対策セミナー、2.安全保障貿易管理関連トピックス、3.該非判定演習、4.HPについて:参加費 会員1千円、会員外2千円、kytechno@nifty.com(問合せ先)
11月5日 新規開業技術士支援研究会 北トピア701室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:青木規明氏(経営工学)、星野結子氏(環境)
参加費:1000円、詳細はHP
(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
11月13日 応用理学部会(応用理学部会創立15 周年記念シンポジウム) 神奈川県民ホール6階大会議室(横浜市中区山下町3-1) 13:30

17:00
1.講演会:1)箱根火山のめぐみ〜箱根温泉〜(神奈川県温泉地学研究所)主任研究員 菊川城司氏、2)首都直下地震・南海トラフ地震の最新情報(東京大学地震研究所)助教 田中愛幸氏、3)身近にあるプラズマの応用例(プラズマ理工学研究所)進藤春雄氏
2.CPD:3.0時間
3.参加費:会員1,000円、非会員2,000円
4.申込み先:
・会員の方:https://www.engineer.or.jp/kaiin/dmsw0200.php
・一般の方:https://www.engineer.or.jp/kaiin/dmsw0200.php
11月13日 環境部会(技術士全国大会視察&セミナー) 横浜市八景島   下記の内容で調整中
・ブルーカーボン事業に関する取組の視察
・同事業に関するセミナー(講師:東京海洋大学に依頼予定)
・横浜市地球温暖化対策統括本部の取組紹介
※詳細が決まり次第,部会ホームページ(下記)でご案内します。
http://www.engineer.or.jp/c_dpt/kankyo/
11月13日 上下水道部会(技術士全国大会(横浜)に併せた講演会) 横浜市情報文化センター大会議室 13:30

16:30
「これまでの横浜水道今後の横浜水道のあり方」横浜市水道局施設部計画課課長川崎敬生氏、「これからの横浜下水道について」横浜市環境創造局下水道計画調整部下水道マネジメント課課長遠藤賢也氏、講演会費無料、終了後懇親会:会費:五千円、申込は行事予定から、懇親会の参加有無を明記
問合せ:m-matsuyama@ndsinc.co.jp担当 松山
11月17日 埼玉県支部(「CPD倫理セミナー」) 浦和(パルコ)コミセン10階、第14集会室(予定) 18:25

20:00
「経営者・技能者から見た企業倫理と技術者倫理」小柳拓央氏(技術士、小柳塗装所代表取締役)
会費:会員1,000円、会員外2,000円、定員50名、定員になり次第締切り、申込は左欄「申込」ボタンから、 詳細は県HP参照
問合せ:saitama@engineer.or.jp担当:村山
  11月19日 九州本部(北九州地区CPD) 北九州市八幡東区:北九州イノベーションギャラリー 13:00

17:00
KIGS調査研究報告会「北九州における鋳造技術の歴史と発展」(2時間)、「環境経営と経営診断」井本浩嗣氏(外部講師・ワライト)、会務報告。
問合せ:寺師093-383-5502
11月25日 環境部会(H28年度11月講演会) 葺手第二ビル 18:30

20:40
演題:「(仮)電子メディアと紙メディアの書籍の環境影響」
講師:中村 洋之氏(大日本印刷(株)、技術士(環境))
会費:会員1,000円、非会員2,000円
※詳細が決まり次第,部会ホームページ(下記)でご案内します。
http://www.engineer.or.jp/c_dpt/kankyo/
12月3日 新規開業技術士支援研究会 北トピア801室 13:30

15:00
内容:事例の紹介と討議
講師:大園剣吾氏(金属)他
参加費:1000円、詳細はHP
(http://www.cea.jp/kaigyou/)
連絡先:cea@cea.jp
12月3日 農業部会(講演会) 葺手第二ビル 14:00

17:30
テーマ、講師選定中