ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • ホーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • シンボルマークについて
  • RSSについて
試験・登録情報

「技術士」の新規登録手続き

技術士第二次試験に合格された方(又は技術士の資格に関する特例の認定を受けた方)が「技術士」となるためには、公益社団法人日本技術士会に登録の申請をし、技術士登録簿に必要な事項についての登録を受けなければなりません。
すなわち、技術士第二次試験に合格しただけでは「技術士」となるための有資格者であるということになります。
なお、有資格者が、技術士の登録を受ける前に「技術士」という名称を使用した場合には、罰則が適用されます。
「技術士」の登録手続きには、次の書類等が必要となります。

技術士新規登録
書類等 備考
技術士登録申請書(様式第五) 下記「添付資料」
登記されていないことの証明書 「成年被後見人、被保佐人とする記録がないこと」を証明する書類
※ 下記「関連ページ」登記されていないことの証明書について参照
身分証明書【禁治産・準禁治産,後見に関する証明】
(外国籍の方は、「住民票の写し」の原本)
申請者の本籍地のある市区町村が発行
「禁治産又は準禁治産の宣告の通知を受けていないこと」及び「後見登記の通知を受けていないこと」を証明する書類
技術士事務所に関する証明書(登録用書類No.2)
必要に応じ、同意書(登録用書類No.3/No.5)
下記「添付資料」
登録証発送用宛名ラベル 下記「添付資料」
登録免許税 30,000円 30,000円分の収入印紙
登録手数料 6,500円(非課税) 技術士の新規登録手続き案内(下記「添付資料」)6ページ参照

新規登録手続きのご案内

「技術士」の新規登録申請にあたっては、下記添付資料技術士の新規登録手続き案内をお読みのうえ、申請手続きを行って下さい。(各種様式も添付資料として掲載しています。)

旧姓・通称の使用について

登録手続き完了に伴い発行される技術士登録証については、旧姓・通称(日本名)を併記することも可能です。
詳細は、下記添付資料技術士の新規登録手続き案内の13ページをご参照下さい。

参考 : 技術部門・選択科目の追加

既に技術士として登録されている方が、新たに試験に合格し、技術部門や選択科目を追加する場合は、登録事項変更手続きを行って下さい。(本画面下部の関連ページをご参照下さい。)

このページのお問い合わせ先:試験・登録部
電話:03-3461-8827

ページトップへ