ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • ホーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • シンボルマークについて
  • RSSについて
APECエンジニア

APECエンジニアの新規審査申請手続き

2017年度(平成29年度)APECエンジニア新規審査申請受付

APECエンジニアの基本的枠組みを定めた文書(APECエンジニア・マニュアル)が、2013年1月をもって「IEA Competence Agreements」の中の「APEC Engineer Agreement:APECEA」として再編成され、登録要件の一部が変更されました。
これに伴い日本技術士会では、国際委員会IEAワーキング・グループにて対応策を検討してまいりました。その結果、2014年3月28日に開催されたAPECエンジニア・モニタリング委員会にてAPECEAの登録要件に対応した新しい審査説明書(Assessment Statement)が提案され、承認されました。これにともない2015年度(平成27年度)より、変更後の登録要件(概略下記)による審査を実施しています。

(1)「自己の判断で業務を遂行できる能力」
従来は、技術士として登録されていることを以って「自己の判断で業務を遂行できる能力」を満足していると判断していましたが、2015年度の審査からはAPECエンジニア登録のための審査で補足的な審査を行うこととなりました。
具体的には、APECエンジニア申請書の様式4(2年間以上の責任ある立場での重要なエンジニアリング業務経験)を拡充し、
[1]どのようなマネジメントを行い、[2]どのような判断に基づき問題解決を行い、[3]その解決結果を現時点でどう評価するか、についての記述を求めています。

(2) 大学等のエンジニアリング課程修了
従来のAPECエンジニア・マニュアルから特段の変更はありません。しかし、IEAではエンジニアリング課程修了の判定において、厳格な運用がなされる傾向があります。そこで2015年度の第26回新規申請審査からは、エンジニアリング課程修了要件につきましては、これまでの「技術士第1次試験合格」または「大学等のエンジニアリング課程修了」という要件から、「技術士第1次試験合格」かつ「大学等のエンジニアリング課程修了」に変更します。
なお、この要件に該当しない場合でも、モニタリング委員会が別に定める方法にて追加資料をご提出いただき、それを基に判定しています(事務局より個別にご案内します)。

(3) 倫理に関するCPDの必須化
新規審査においては申請前過去2年度100CPD時間のうち少なくとも1CPD時間、倫理に関するCPDを計上することを要件としています。

APECエンジニア新規申請の関連文書ダウンロード

第28回新規審査申請受付期間

2017年(平成29年)5月1日(月)〜10月31日(火)(締切日の消印有効) 受付中

【第28回APECエンジニア新規審査申請書受領書の発送について】 (2017.6.22)
2017年5月1日以降6月21日までに(事務局到着分)第28回APECエンジニア新規審査申請をされた方には、6月22日に郵送にて審査申請書の受領書(受付番号の通知書)を発送いたしました。1週間過ぎても受領書が届かない場合は、事務局宛ご連絡下さい。なお、6月22日以降到着分は、後日発送いたします。

このページの下部にある「添付資料」欄に掲載したファィルをダウンロードしてください。

「APECエンジニア第28回新規審査申請書作成の手引き」(以下「手引き」)を熟読後、「APECエンジニア第28回新規審査申請書書式」を作成の上、手引きで求められている必要書類と共に、2017年(平成29年) 5月1日(月)〜10月31日(火) (締切日の消印有効)の期間内に簡易書留(原則)で事務局あて郵送して下さい。

手引きには、申請書式の記入例、手数料、手数料振込先、申請書の送付先等が説明されています。

CPDに関する注意事項

(1) 新規申請にあたっては申請時点前の過去2年度で100CPD時間(時間重み係数を考慮した時間、以下同じ)が、日本技術士会が定めるCPDガイドラインに基づき計上されている事が必要です。

CPDガイドラインでは、
・企業内研修の受講は、研修プログラム及びOJTプログラムが明示されており、それに基づいて実施され成果が明確なこと
・コンサルタント業務、ISO審査、内部監査は計上しない
・技術士等の資格受験指導は計上しない
・大学の非常勤講師等は計上しない(単発の特別講義を除く)
・業務上のJICA技術協力等は計上しない
・学協会誌の購読、放送大学・TVの視聴、e-ラーニング、大学、大学院、職業訓練等は6-5自己学習とし、自己学習全体で1年度あたり10時間の計上が上限
等の留意点が示されています。

また上述通り、APECエンジニアの新規審査申請においては、2017年度の受付では、新規審査は2015年度(2015/4-2016/3)、2016年度(2016/4-2017/3)の2年度のCPDのうち、少なくとも倫理に関するCPD(課題区分A-1、形態区分は履修形態により異なる)を1時間は計上することが必要です。

CPD記録(2015年度,2016年度)

2015年(平成27年)4月〜2017年(平成29年)3月に実施したCPDの記録は、 CPDガイドライン第2版にもとづいて計上してください。
なお、APECエンジニアの新規申請においては「技術士CPD登録証明書」は必ずしも必要ありませんが、「技術士CPD 登録証明書」発行等の申請にあたっての留意事項(平成26年3月19日修正版)もあわせて参照してください。

(2) CPD記録について、エクセル書式にて提出される場合は、このページの下部にある「添付資料」欄に掲載したエクセル・ファィルをダウンロードして記入してください。

(3)CPDに関するご質問は、こちら(CPD担当窓口)にご照会をお願いします。

関連ページ

このページのお問い合わせ先:事業部
電話:03-3459-1331

ページトップへ