ナビゲーションを飛ばしてコンテンツへ
  • ホーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • シンボルマークについて
  • RSSについて
試験・登録情報

登記されていないことの証明書について

成年被後見人又は被保佐人は、技術士又は技術士補になることができません。〔技術士法第3条第1号〕
したがって、成年被後見人又は被保佐人でないことを証明しなくてはなりません。
この証明には、成年後見登記制度における「登記されていないことの証明書」及び「身分証明書」の2種類の書類が必要になります。

「登記されていないことの証明書」と「身分証明書」について
平成12年3月31日以前は、禁治産者(改正後は成年被後見人とみなされる者)・準禁治産者(改正後は被保佐人とみなされる者)については、その内容は本人の戸籍への記載という方法で公示されていましたが、平成12年4月1日以降は,新しい成年後見制度の施行により,その公示方法が戸籍への記載から後見登記等ファイルへの登記に変更されました。
その結果、いずれの時点においても欠格事項に該当していないことを証明するために、制度の改正前について禁治産者・準禁治産者でないことを証明する「身分証明書(本籍地の市区町村が発行)」、改正後について成年被後見人・被保佐人等に該当してないことを証明する「登記されていないことの証明書(法務局が発行)」の両方が必要となります。

後見登記等に関する法律による登記事項証明書の交付申請書の提出先

 〒102-8226
 東京都千代田区九段南1−1−15 九段第2合同庁舎
 東京法務局民事行政部後見登録課
 電話 03−5213−1360
 案内及び交付申請書はこちら → 東京法務局ホームページ中の成年後見登録に関する業務案内
 ※ 証明事項は、「成年被後見人,被保佐人とする記録がない」です。

このページのお問い合わせ先:試験・登録部
電話:03-3461-8827

ページトップへ